ブログ

『ルミコ』シリーズ誕生から30年、 幅広い世代に愛されるブランドを目指して
2018年、パッケージをリニューアルいたします。

 株式会社ルミカは、発売から30年、各地の釣り人に愛用されている「ルミコ」シリーズのパッケージデザインを一新し、2018年1月から順次切り替え、2018年3月で全カラー(6種)のリニューアル移行が完了致しました。

すでに全国の釣具店で店頭に並んでおります。

■リニューアルの目的■

 近年の若手ユーザーのエサ釣り離れを受け、ルミコを使った「光釣法」を幅広い世代に普及することを目的に、再ブランディングを行いました。

キャッチコピー「小さな光の大きな釣果」を新たに掲げ、より長く愛されるようなパッケージデザインとイラストを採用。特徴を分かりやすく表示し、時代に合わせて魚種の見直し調査も実施致しました。

ゴミの削減のためパッケージから不要な資材を省き簡略化。また、自社のソルトルアー製品など、若手ユーザーに人気のジャンルに合わせた新商品にも、ルミコを組み合わせて使えるようなスペックを設けて開発しています。

これらの取り組みを通して、エサ釣り市場の活性化と認知拡大をさらなる目的としております。

■ルミコの特徴■

 製品特徴として、化学反応で発光する小さなスティック状の本製品をエサ釣りの仕掛けにセットすることで様々な魚種に対して集魚効果が得られます。元来明かりに寄ってくる性質の魚種は多数いますが、ルミコはそれら魚種ごとの視認できる色の違い(色彩感覚)※に着目し、自社独自の研究や地域ごとの聞き取り調査に基づき対象魚と対応色を選定。

現在6色(ブルー・アクアブルー・グリーン・イエロー・オレンジ・レッド)を展開しております。それぞれメインの魚種(スズキ・クロダイ(チヌ)・マダイ・メバル・カレイ・アキアジ)と他にも効果が認められる魚種をパッケージに記載しています。自発光することで、夜釣りはもちろん、日中の暗い海の中(深いタナ)でも色味を持たせたまま視認が可能で、アピール力も抜群です。輝度は、魚の警戒を和らげるためやや低く設定しており(生物発光と同等の明るさ)、その分長時間光り続けます。(10時間、イエローのみ3時間)

pdficon_largeプレスリリースはここからダウンロード

 



ルミカ 釣具HP

ルミカ公式Facebook「LUMICA/Xtrada

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る