ブログ

製造業・建設業の生産性、社会資本整備に特化した専門展示会「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018」出展レポート

当社は、2018年7月18(水)〜20(金)に東京ビックサイト(東京都江東区)で開催される「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2018」(内「インフラ検査・維持管理展2018」)に出展いたしました。
多くのお客様に、弊社ブースまでお立ち寄り頂きました。この場をお借りして御礼申し上げます。

商品についてのご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

お問い合わせはこちらから


建物の屋根、災害時に発生した瓦礫、水中など人の目が届かない場所を

最長7.5メートル伸ばすことができる「Bi Rod」

 Bi Rodに360度撮影カメラを装着し

簡単に見ることができるモニタリングシステム「Bi 見逃サーズ」。

伸ばしたロッドの先端には360度カメラ。

専用のライトが付いているので、暗い天井裏も明るく照らして確認することができます。

天井裏の様子をタブレットで確認。
こちらは「Bi 見逃サーズ30m」。海の中でも撮影ができます。

30mのUSBケーブルと暗い水中でも撮影ができるよう照明も一体に。

▼Bi 見逃サーズ価格 9月発売予定
・Bi 見逃サーズ 3m   ¥55,000(税抜)
・Bi 見逃サーズ 4.5m  ¥65,000(税抜)
・Bi 見逃サーズ 7.5m  ¥110,800(税抜)
・Bi見逃サーズ 30m    ¥78,000(税抜)
お問い合わせはこちらまで

2018.8.1Bi Rod公式オンラインストア『Bi Rod Store』OPEN!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最近の投稿

アーカイブ

ページ上部へ戻る