ブログ

光と音のメタルジグ『Xtradaメタルジャッカー』より
ユーザー投票から選ぶ新色、第2弾を発売いたします。

 株式会社ルミカはオリジナルブランド「Xtrada(エクストラーダ)」シリーズの定番商品「メタルジャッカー」の新色を2018年9月3日から出荷開始いたします。
当製品は、フィッシングショーで行いました『新色投票キャンペーン』でユーザー投票による人気の上位3色を製品化したものです。
青物や太刀魚の捕食対象魚を模したキビナゴ、鮮やかな赤をアクセントにしたルアーの定番色レッドヘッド、全体に蓄光塗装を施したフルグローが選ばれました。

・メタルジャッカーとは
 「メタルジャッカー」は、鉛を加工したルアーの一種”メタルジグ”です。ショア(陸)だけでなく、オフショア(沖)でも使用できます。当製品はルアー本体と鈎(トレブルフック・アシストフック)がセットになった商品で、さらに最大の特徴として中心のスリットにラトルスティックまたは発光体(別売)の装着ができ、音や光のアピールで釣果UPに大きく貢献します。

・ラトルスティックを入れ、音によるアピール!
 ラトルスティックは小さなプラスチック容器の中に金属の玉を封入したもので、玉同士がぶつかりあうことで音(甲殻類やイワシの群に近い音)を響かせターゲットに猛アピールします。発光体は昔から夜釣りの定番で、竿先や浮きの動きを視認するために使われますが、暗い海の中や濁りの強い時は光の効果で集魚力も絶大です。メタルジグに内蔵する事によりルアーの動きを損なう事なくアピールができます。このラトルスティックと発光体を入れ替えることができる設計により、日中のイメージが強いショアジギングが昼夜問わず楽しめるようになります。

・Xtradaメタルジャッカーシリーズについて

 スタンダードモデルのウェイトは20g/30g/40gの3種類。本体カラーは新色を含め全13種から選べます。組み合わせる発光体は、当社の発光体定番商品「ケミホタル」(別売)の発光色イエロー・レッド、集魚に特化した「ルミコ」(別売)の発光色グリーン・オレンジ・エメラルド・ブルー・イエローなど、豊富なカラーがあります。対象魚はそれぞれ異なりますが、メタルジャッカーのカラーリングと合わせて様々な色の組み合わせで幅広く試すことができ、自分だけのパターンを見つける楽しみがあります。希望小売価格700円~800円で発売致します。
そのほか同シリーズ商品として、スロージギングモデル「メタルジャッカーSJ」やオフショア太刀魚モデル「メタルジャッカー RAIZIN(80~210g)」などのラインナップがございます。各種 全国の釣具店などでお買い求めいただけます。

pdficon_largeプレスリリースはここからダウンロード



ルミカ 釣具HP

ルミカ公式Facebook「LUMICA/Xtrada

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る