ブログ

世界初!ヲタ芸/サイリウムダンスの世界大会感動のフィナーレへ!

株式会社ルミカは2019年1月19日に神田明神ホールで「サイリウムダンスワールドバトル決勝FINAL〜ワールドロマンスパーク〜」を開催いたしました。
ご来場頂きました多くのお客様に、この場をお借りして御礼申し上げます。


サイリウムダンスはサイリウムを使用し直線や曲線の光の軌道をダンスと組み合わせて表現するもので、世界でも新たなアートパフォーマンスとして注目されています。

記憶に新しいところでは「氷結」のCMでは高橋一生が踊ったこと、また他のバラエティ番組で取り上げられたことでも話題となっています。

そんなヲタ芸/サイリウムダンスを生み出したGinyuforcEとサイリウム・ペンライトのメーカー株式会社ルミカが新たなカルチャーの創生・普及を目指し、ヲタ芸/サイリウムダンスの世界大会「サイリウムダンスワールドバトル」を開催しました。

2018年2月から香港、ロサンゼルス、上海、台北、ジャカルタ、マニラ、シンガポール、東京にて各国のコンベンションにて予選を開き、各地を勝ち抜いたプレイヤーが2019年1月19日に東京・神田明神ホールに集結、決勝大会にて世界一を競いました。

ジャッジとして、本大会のテーマソングを歌う声優ユニットイヤホンズから高野麻里佳と長久友紀、元祖アニソンダンスチームRAB(リアルアキバボーイズ)メンバーのDRAGON、振付演出家の南流石、オーガナイザーでもあるギア(GinyuforcE)と、この文化のレジェンドとしてGinyuforcE(旧ギニュ~特戦隊)のさんぱちゃ、ばっくほーんも参加しました。

また、ゲストアーティストには世界的に活躍する津軽三味線の吉田兄弟と先日武道館公演を成功させたアイドルグループまねきケチャをお招きしました。

さらにスペシャルライブとして、ジャッジを務めた南流石プロデュースによるクラブ謝夢振場と週刊少年ジャンプ50周年MIXCDをリリースしたDJシーザーが会場を沸かせました。

今大会では、準決勝および決勝でダンスバトル形式をとり、ランダムで流れる曲に合わせてヲタ芸/サイリウムダンスでパフォーマンスが繰り広げられました。各国の予選通過者を制し優勝したのは(まさかの)当日予選を勝ち抜いた水矩(みかね)さん。

賞金10万円のほか、ルミカオフィシャルプレイヤーとして1年間ルミカ商品が提供されます!

閉会式の前には、2019年2月から更に開催地域を拡大した次回シーズンのスタートも告知され、今回出演した吉田兄弟作曲、アニソンの編曲などで著名なTomH@ckアレンジによる楽曲「雷-IKAZUCHI-」が次回テーマソングに起用されることが決定しました。その他、クラブ謝夢振場、まねきケチャの楽曲も競技曲として予選で使用されることとなりました。

ヲタ芸/サイリウムダンスは日本発の文化であり、競技、パフォーマンスが海外に認められ新たなジャパンカルチャーとして大きく注目されています。

イベントの様子はFacebookでもご覧いただけます。

■情報

サイリウムダンスワールドバトル オフィシャルサイト:https://www.cyalume-dance.com/

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る