ブログ

光と音で魅せる船用オモリ『光略カスタムシンカー』に
オモリグ対応モデルが新登場。

株式会社ルミカは、船用オモリ『寄ってこい 光略(こうりゃく)カスタムシンカー』シリーズから、新たにオモリグ(近年流行のイカ仕掛の一つ)に対応する『寄ってこい 光略カスタムシンカーSPEED(スピード)』を発売いたします。最大の特徴として、表裏のスリットに集魚効果のある『ケミホタル』※1や『寄ってこいラトルスティック』※2(いずれも別売)を装着できるため、オモリ自体に集魚能力を持たせアピールすることができます。また、装着はワンタッチで簡単にできるので、別途チューブなどの追加仕掛けが不要です。本体形状は重心位置を下側に設けており、優れた姿勢で沈下するので深場や潮流の速い釣場でご使用いただけます。ターゲットはヤリイカ、ケンサキイカ、スルメイカをはじめ、アオリイカ、マダコ、タチウオなど。サイズは20号・25号・30号・40号・50号で展開し、20~30号にはケミホタル25、40~50号にはケミホタル37を装着することができます。カラーは「グロー」「マットブラック」「ピンクゼブラ」「床屋」の4種類。2020年3月中旬発売予定。希望小売価格650円~950円(税抜)で全国の釣具店などでお買い求めいただけます。

 

ケミホタルで光、ラトルスティックで音によるアピール!

ケミホタルなどの発光体は夜釣りの定番です。竿先や浮きの動きを視認するための用途に加え、暗い海中や濁りの強い時に用いると光の効果で絶大な集魚力が得られます。また船釣りでは集魚ライトとして日光の届きにくい水深でも高い効果を発揮します。

ラトルスティックは小さなプラスチック容器の中に金属の玉を封入したもので、玉同士がぶつかりあうことで餌となる甲殻類や小魚の群れが発する音を再現しターゲットに猛アピールします。シンカーに内蔵する事により仕掛けの手間や糸絡みを軽減。このケミホタルとラトルスティックを装着できる設計により、昼夜問わず様々なアピールが可能になります。


※「ケミホタル」は株式会社ルミカの登録商標です。

pdficon_largeプレスリリースはここからダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る