ブログ

話題の新世代タイラバ
「プニラバ」のタングステン製モデルを発売

株式会社ルミカは、ハードルアーの自社ブランドXtrada(エクストラーダ)から、イカ型タイラバ『プニラバTG(タングステン)』を発売いたします。

プニラバTGは従来型モデル「プニラバ」の発展型モデルです。内蔵するオモリに高比重のタングステンを使用することで体積が減って動作がより機敏になりました。オモリ全体を覆ったイカ型の超弾性スーツは、ヒレや脚から発生する生物的な波動でマダイを誘います。オモリの重心位置や超弾性素材の強度も見直した、究極の鯛ラバとなっています。また、マダイ以外にもアコラバ(アコウ)としてロックフィッシュを狙えます。

サイズは60g・80g・100gの3サイズで、本体カラーは「緑色グローラメ」「青色グローラメ」「パンプキン」「チャートリュース」「UV- ピンク」「UV-オレンジ」「UV-レッド」の全7種。グローラメ系は蓄光フレークが入っていて、キラキラと光で魅了します。

価格は2,530円~3,080円(カラーやサイズによって金額が異なります)。2021年4月より全国の釣具店または公式オンラインストア「ルミカショップ」からご購入いただけます。

さらに、3サイズ共通でご使用いただけるスペアパーツ「交換用イカスーツS」も2個入り660円(税込)で同時発売いたします。「交換用フックセット」も絶賛発売中です。

 

※「プニラバ」は株式会社ルミカが特許出願中です。
※「Xtrada」は株式会社ルミカの登録商標です。

 

pdficon_largeプレスリリースはここからダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る