裸のウイルス(その28)マスク無情

オミクロン株の足音も聞こえての今年の師走、街中からは懐かしい喧騒の気配が感じられません。歩行中での異様なマスク姿、それもよく見ると若い人たちはマスクでも色やデザインが結構凝っていてお洒落ですね。

この光景がこれから何年も、若しかしたら中洲が死ぬまでも続くのかも知れません。本当に忌々しいマスクの奴、この前東京に出張の折この事件が起こりました。JALの朝一便、例によってシルバー空席特別価格に時節柄少し後ろめたさでの搭乗です。

コロナ以降、飛行機の中では乗客乗員のマスク姿に何となく殺気を感じます。身を守る為の唯一の拠り所がこのマスクと言うわけでしょう。以前も鼻出しマスクをスチュワーデスに咎められました。年寄りだから注意しとかないと・・ね。

最近認知症対策もあって漢詩にハマってます。100篇暗記に挑戦中、それもピンインですから大変です。配られたコーヒーをマスクをずらしずらし飲みながらスートンポーの一節を暗記してました。それがつい夢中になってコーヒー飲むのを忘れて。

当然マスクは下りたまま。するとです。隣の女性が何と「コーヒー飲まないのならマスク上げてよ」って。情けなく恨めしく・・マスク引き上げながらその隣の人の足元チラリと見たら、くたびれたスニーカー。若い女性の様でした。

前も言ったけど100nmのウイルスにとってマスクの穴は巨大で蟻ん子なら6畳の部屋程の広さもあるのよ。だから吉村府知事が言ったようにマスクよりもウガイが一番なのです。中洲の開発した純粋二酸化塩素水なら100倍に薄めた30ppmの水ひと口で数100兆個の口腔内細菌とウイルスを必殺一掃出来るのに。

「そんなん証拠でもあるのかよ」ってあの隣の女性が聞けば「あんたの彼氏がコロナで自宅療養にでもなって治療薬が見つからない時は中洲に声を掛けなさい。証拠を作ってあげましょう」って言いたくなる。

世の中やっぱり唯一まともに正論吐くトランプさんが復帰しなきゃダメなのでしょうか。早くトランプさん出てこないかな。「ワクチン以外に薬は無いのか!」ってトランプさんが側近に世界中を探させたら 1にクロロキン 2にイベルメクチン 3にクレベリンとの回答があったそうです。(デマかもしれませんが)

この前も国内2社が空間除菌で消費者庁からお咎めを受けておりました。これじゃ日本から世界を救う技術は何も生まれないでしょう。1にウガイ 2に噴霧 3に空間除菌。これこそウイルスにとって恐怖の三拍子なんだけど信じて貰えません。いいんですよ、どうせ中洲なんて老兵、この世にそんなに長くはいないから。

だけど可哀想なのは毎朝団地の通学路で出会う小学生たち。皆マスクしての通学。教室では厳しく着用を強いる先生たちが・・・あ!あの隣の女性「そうだ、彼女、小学校の先生かもしれん。いつもマスクの付け方で生徒を叱る癖があるんで、お勉強中の中洲を生徒のように叱ったのかもしれん」だったら職業病だから許してあげないと。

最近このブログ書くのが怖くてね。二酸化塩素ってググったら中洲ブログがヒットするようで。ひとりの女性ツイッターが中洲ブログ読んで「消費者センターに訴える」とかのツイートを目にしたからです。miso—ってブロガーさんだったけど。殆ど読まれてない中洲ブログなのに「何何!!」って拡散でもして老婆(ラオポ)の知るところにでもなれば大変です。

現代の自由世界は中共と違って何でも自由に発言できるけど何も解決できない身勝手社会に陥ってしまっているようです。

「どうしたら子供達からマスクを取り外してあげれるか」政治家も行政も学校も真剣に討議して欲しい。精神的ダメージだけじゃない。マスクに付着した菌やウイルスが又逆流してあどけない子供たちが本当に病気になってしまう。

あのmisoブロガーさん。主義主張の違いはあっても子供達を守ることでは一致して一緒に立ち上がろうよ。方法は簡単、PCR陽性者にイソジンでも何でもうがいさせてPCR再検査して薬の効能を調べるだけ。中洲の倅の同級生の吉村府知事が提言して袋叩きにあわされた例の方法です。昔は年寄りは長者としてその言、少しは尊重されたんだけど。これだけは嘘じゃありません。皆さんも直ぐに中洲の年になってしまうのです。タオユアンミンも書いてます「昔聞長者言・・・」って。

ルミカの新しい二酸化塩素ストアへのリンクです。

https://clo2powerstore.com/

アイパオの話(その63)

ひ孫に残す新製品(その9)

ログ調アイパオ

2010年4月にアイパッドが発売されて以来アイパッド漬けの毎日です。こ気味いいのがスクリーンショット。パソコンと異なりスパッと記憶に飛び込む感じが好きです。

自慢に聞こえたら御免なさい。毎日新たに目についたものはアイパッド操作よろしく頭にスクリーンを飛ばしておきます。夜中布団の中、幸い隣には誰もいませんのでそのスクリーンショットを牛のようにもぐもぐ反芻します。すると面白い(ロクでもない?)アイデアが湧き出て来るのです。

1週間ほど前のことです。倉庫を改装してアイパオ生産と試作とネット通販用に冷暖房を効かせた部屋をこさえる為フィンランドからログ材を取り寄せました。そのスプルースの無垢材厚み50mmがスクリーンショットに入ったのです。

これだけの厚みがあれば6Φの通しボルトが通せる筈だから3本通せば頑丈な甲板ができるだろう。アイパオの床は勿論、キャンプ用テントの床板にも最適に違いない。

普通ログハウスというのは側壁にログ材を積み上げてダボ(繋ぎの丸棒)と上からの通しボルトで締め付けます。しかし床板を通しボルトで締め付けるのは意外と新発見かも知れないのです。

翌朝ヤングナカムラに秘密をバラして取り掛かりました。スクリーンショットの反芻で生まれたアイデアが上手い具合に形になったのです。今後は全てのアイパオの床がPVCから北欧の床板に変わるでしょう。

床板が気に入った仲間たち皆大事な予定を放り投げてログ調グランパオに取り掛かりその日のうちに一気に完成させました。

ここで仲間達とオールドナカムラの焼いたピザをツマミに冷えたビールを飲むのです
ログ調アイパオの5枚のソーラーパネルで100W発電中
左から最新のログパオ、魚植共生パオ、砂パオ、トマトの木パオです

この頑丈な甲板2枚にこれも丈夫なゴム浮き輪を挟んでアイパオを水上に浮かせるのです。悠々と水上生活をしている景色が頭をよぎります。早いうちに一緒に挑戦しませんか?

裸のウイルス(その27)

ひ孫に自慢する新製品(その8)

高濃度純粋二酸化塩素水  CLO2 PURE SOLUTION 100

今日は会社の老人達のペットの鯉の病気の話から。

前回、近くの大根川から野鯉2匹を釣ってきて孤愁の後家鯉を慰めた話をしました。ところがこれが大変なことに。この2匹いずれも鯉ヘルペスウイルスに罹患していたのです。次第に顔が白くただれて目も見えないようで餌も食べなくなりました。後家鯉にも感染してしまったのです。

ネットを見ると「ヘルペスに罹った鯉は100%死ぬ」と。そして鯉ヘルペスが世界に蔓延しているそうです。大変だ! 更に調べればエビやカニ牛豚鶏密集飼育するものは全てウイルスにやられているのです。今回の新型コロナで人類は500万人もの犠牲者を出しているがそれは人類だけじゃないのです。野にミツバチがめっきり減ったのもウイルスの仕業らしい。これって人間を含む生態系の危機じゃないですか。

そんな事態なら止むを得ません。この可愛い鯉3匹にジェンダーの息子への「種痘」と同様の役割を果たして貰うことに。

動物虐待になるので詳しくは話せませんが新参者2匹は別の水槽で実験の犠牲者になりました。そして3匹目の後家鯉は1週間、水槽に朝夕2度ソリューション4cc滴下した結果無事ヘルペスが治り顔もご覧の通り綺麗です。この時の二酸化塩素濃度は0.03ppmでした。

以前の美形に戻りました
酷い顔でした

先般、同志ドガワの友人加藤さんの愛犬が二酸化塩素で生き返った話をしました。今度はある方からのYouTubeのコメントの知らせです。

アフリカでは毎年20万人ものマラリア患者の命がMMSというタダ同然の二酸化塩素混合液で救われているようです。

たとえそうであっても「お上」がダメと言えば何事もダメなのが世の定めのようです。ひ孫の時代でも許認可権という盾に「お上」はしがみついているのでしょうか。

ひ孫よ!

石器時代から人間は新製品を「開発」して生き延び生活を楽しんできたのだ。会社でも社長が中洲のように分からずやで論理が通らない時でも腐らずイカサマを「開発」するのですぞ。

お役人様に

「二酸化塩素が動物のウイルスにこれ程効くなら人間のウイルスにも効くのではありませんか」と問いかけましょう。

URLを貼っておきますのでペットの具合悪い時は是非試してください。

アイパオの話(その62)

ひ孫に自慢する新製品(その7)

魚植共生アイパオの話の続きです。

ひ孫の時代になったら「ひいじいちゃんの時代って自然界の魚をとって食べとったの?野蛮人やね」「野菜を畑で作っとったの?馬鹿らしい」って言われるかも。

前回では川に浮かべた箱舟で野菜を栽培するという欲張りの魚植共生でした。結局2匹の鯉のうちの1匹が水槽からのジャンプで絶命、片棒の鯉が悲嘆に暮れる中プールアイパオを解体して魚植共生は仕切り直しです。

先ずは新しい鯉の調達。昼休み。会社のそばの大根川での鯉釣りにオールドナカムラ先生を誘ったら結局遊び好きの他のゴクツブシ連中も一緒の川遊びとなりました。

ここはヤングナカムラ君、橋の上から模範演技です。餌は横のコンビニの食パン、鯉は歯がないので吸い込み仕掛け、パンで針を隠します。何しろ雨続きの8月で水も濁り流れもあるので釣り名人も10個の眼差しの中で緊張しました。中洲は川底を這わせながら時折り餌を浮き上がらせる名人芸を感心して見るだけ。白いパンがぼんやり姿を見せた瞬間それを目掛けて草むらから黒い塊が猛ダッシュ。何しろ魚はでっかくて餌をくわえて古賀の海に向かってまっしぐら。道糸直結だから糸は無事だが針が延びて魚はなんとか逃げ去りました。

結局小型の鯉、それでも50cm余りの頃合いの仲間2匹を釣り上げて回転水槽に放ちます。これを待ち構えていたように先住の雌の鯉が嬉しそうにじゃれつきます。どうもこの鯉はただの男好きだったようです。

この回転水槽の上に12艘の新型野菜舟をホースで繋ぎ底にお魚トンネル兼台座を置いて舟を固定しました。鯉の糞で濁った水を野菜舟にポンプアップして循環させております。

アイパオの中には2段水槽を置いて例のヒメノさんの甘いトマトを挿木してもう直ぐ豪華魚植共生館のオープンです。

ひ孫の時代になったらデパ地下で養殖のエビや魚と一緒に新鮮野菜が生きて売られているでしょう。今と違って少し野蛮な光景かも知れません。

写真をご覧ください。

3匹の鯉が泳ぐドーナツ型水槽と固定した12個の水耕野菜箱です
野菜箱を支える台座に隠れたつもりの鯉くん

花塩

博多の中洲と言えば歓楽街の代名詞。その那珂川の川べりに人形小路と呼ぶ路地があって十数軒の主に居酒屋が静かに軒を連ねております。中洲若子の店赤ひょうたんはその人形小路の入り口にありました。

中洲士郎は独立起業の夢に燃えてよりもサラリーマン人生の先が見えて尾羽打ち枯らしての帰郷でありました。母若子の店の軒先1坪を借りてケミホタル起業迄、握り飯を売って何とか雨露をしのぐことに。立ち飲みコーヒーも置きました。

隣のロクさんや川田の女将さん達が店の客が入れ替わる8時頃になると路地の暗がりから姿を出し「元気ね」と声を掛けてくれます。店は格好のコーヒーとタバコの休憩場所になりました。その一杯のコーヒーに50円を浪費して士郎を援助する常連客に割烹「一富」の大将がいました。小さな店で丁場では女将と二人、「もう息が詰まったあ~。たまらんばい」とその表情から読み取れます。人形小路で大将って言えばだいたいこの親父です。小柄で口数少ないが何時も優しい笑顔を真っ白の割烹着で包んでおりました。

ケミホタルを旗上げして赤ひょうたんを飛び出した後、時折「かげやま」と「一富」に顔を出しました。数年して一富では青年が一人板前の見習いとして加わります。板前には少し心許ない紅顔のその青年を大将が「倅だが・・・」と。「この厳しい板前の世界で大丈夫かな」大将と同じく心配したのを覚えています。

あれから三十年。このコロナで看板下ろす店が多い。それでふとその一富が気になり覗いてみることに。ついでに同僚を誘い出しました。

ネットで6時開店8時閉店とあるので6時少し前人形小路に足を踏み入れプラプラ歩くと一富の店の玄関口に紺色の作務衣をまとった初老の男が屈んでおります。見ると玄関口に塩を盛っておりました。花塩とか言って客商売では開店前のしきたりです。その親父振り向いて「やあ士郎ちゃん」それで「入るよ」って一番奥のカウンターに掛けて同僚を待ちました。

「大将、久しぶりだけど女将さんもう店に出ていないの」暫くして大将が「士郎ちゃん、俺は息子よ。親父も母ももう死んでいないよ・・・」だけど店内もメニューさえも全く昔のあの大将の時代のまんまじゃないか。聞きました。「一富うどん!〆には必ずそうだったよね」「あるよ。二杯か?」小振のどんぶり椀に卵の黄身をまぶしただけの素うどん。何時もの味。丁場の親父は何度見ても大将そのものだが。大将生きているじゃん。

息子が歳を取って親父と生写しになるのを目にする。それって親父が息子の身体に里帰りするからじゃなかろうか。だから一富の息子もそうとは気付かないうちに大将に生まれ変わっとるのだろう。

そしてふと「この俺もあの父親亥蔵の魂を呼び寄せてみようか」と。

アイパオの話(その61)

こんなもの作れば便利だろう、人様に喜ばれるだろう。アイパオの開発の始まりもそうでした。ところが家というのは一つでも欠陥があれば早速買主に文句言われ直ぐに出かけて修理です。だから家なんかに手を出すんじゃないと自分を戒めておりました。しかし家という商品の開発にどうしても心が騒ぐのです。

ひ孫に自慢する新製品

(その6)アイパオ砂場

犬猫の糞尿に汚されず幼児たちが炎天下でも雨でも雪降りでも年中砂をいじくりながら空想出来る砂場が欲しい。それをかなえるのが「アイパオ砂場」です。

しかし新製品のアイデアには必ず横槍が入ります。「知らないの?今時の幼稚園の砂場はねえ・・・だからアイパオ砂場なんて売れないよ」と。

最近になってアイパオが一人の経営者の目に留まりました。社業の3D映像をグランパオの内壁に投影すると言うのです。ヤングナカムラの企画書を見て「士郎さんこれは売れるよ」と仰ってくれます。中洲が20年以上尊敬するその経営者が今度は社内保育園施設を案内してくれました。社内ベーカリー、社内コンビニの他に立派な保育園まで社内に設置されるとは。

彼の経営手腕は到底中洲の及ぶところではありません。それに鶴瓶そっくりの風貌と軽妙な語り口、と言えば博多商人なら直ぐに思い起こされるでしょう。そうです。G社のM会長ですよ。

案内された保育所の外庭にシートでしっかりカバーされた砂場がありました。この炎天下、砂場で幼児たちを遊ばせる園長や父兄はいませんね。機を見るに敏の中洲これを逃さず世界初の「アイパオ砂場」の売り込みに成功しました。

そこに「空調完備のアイパオ砂場」が完成し今日がその落成式でした。「会長!定価40万円。ビタ一文値引きしませんよ」との中洲の宣告に「実際には材料費だけで100万は下るまい。それに砂代や延10名以上の作業経費。これは皆さんの昼飯代よ」と墨で書かれた祝儀袋を手渡されました。ご祝儀だけは勘弁願いましたが昔気質の経営者はさすがに作法が違いますね。それで「会長!キャンパオ砂場を一万棟売ったらご祝儀必ず頂きます」と格好つけました。

園児たちに新しい砂場を紹介する園長先生
砂を確かめる園児たち。壁掛けクーラーで快適空間。

アイパオの話(その60)

皆さんをガッカリさせたくなくて直ぐに報告出来なったのですが地鯉の多分雄の方が死んじまって残された雌鯉が悲しんでいます。

水槽の壁に映る自分を彼氏だと思ってか身体を空く擦り付けます。この子は一時も離れずに彼氏に寄り添って過ごしておりました。

こうやって何時も彼の後ろをついておりました

実は水槽が余りに糞で汚れるのでこの回転水槽に引っ越しさせた夜、雄鯉がジャンプして恐らくアイパオの窓から外に飛び出したのでしょう。翌早朝、駐車場のコンクリートに大きなゴミ袋かと思って近付いた女子社員が目にしたのは・・もしかして・・。悪い予感が的中したのです。

出社して知らせを受けて駆けつけるとかなり広くコンクリートが濡れており砂を被った鯉は半分ほどに痩せておりました。ヤッパリこの子は汚いがあの大根川で力一杯泳ぎ回りたかったのかも知れませんね。皆で庭に穴を掘って埋葬しました。

オールドナカムラに早く大根川で友達の鯉を2、3匹捕まえて来るように頼んでますがこの暑さ、思うように魚取りとは参りません。それともこの残された鯉を先に川に戻そうかと思案中です。

アイパオの話(その59)

今日も楽しい話。ルミカでは我々自称ゴクツブシ軍団が住む開発館と駐車場をはさんで本館がある。その3階を実効支配しているのがオールドギャル軍団だ。彼らにとって野菜の価値基準は食えるか安いかだけのようで野菜をどうやって作るかなどには関心がない。まして野菜舟なんか杭にかかったゴミかと、元気印の水軍カボチャは鬱陶しい雑草と勘違いする連中だ。

3日前のこと、形だけの朝の省エネ体操が終わって例の「両足がついた変なナスビ」を彼女達に渡したのです。するとTVにかしましいギャル言葉「キャー可愛い~」の連発と単細胞騒ぎ。(陰口叩くけどその娘達にツンデレだからこの親爺のお脳も知れているのです) その軍団の一人で机の上いっぱいのキャラクターに囲まれて仕事をしているKさんから昨日ショートメールが届きました。面白い写真だから皆さんに紹介します。嫌なマスク取って笑って下さい。

マスクしたモグラかい?  改めてナスビで御座います

アイパオの話(その58)

今日は楽しいお話、野菜船の近況報告です。

カボチャがねえ。船ではご飯が足りないと野菜船の外の茎から根を吹き出して2匹の鯉の排泄物を取り込もうとその白い根を1m程もプールに張り巡らしておりました。蔓は一日で30cm以上も伸びてもう直ぐグランパオを周回します。実が大きく重くなったらどうなるのでしょう。ナスビも頑張ってます。このナスビ可愛いでしょう。前足が付いてて顔は猫みたいです。

ひ孫に自慢する新製品

(その5)周遊型魚植共生アイパオ

写真でご覧のようにグランパオプールにプラダンの箱を浮かべて野菜が育つことが分かりました。そして船の外でカボチャの新しい根っこが鯉からの栄養分を吸い取って凄まじい成長です。これを目にしていよいよ本物の魚植共生に挑戦することに。仕掛けはこんな具合。ドーナツ状の水槽に12個の改良型船、名付けて魚植共生船が塩ビパイプでつながれ液肥と水槽の汚れた水が11艘の魚植共生船内を循環します。水質のコントロールは一艘だけですから管理も大変楽になります。強い水流のドーナツ型水槽で魚達は毎日がオリンピックですね。

一足先に2匹の野鯉がグランパオプールから転居を終えました。「連環の計」の材料ももう直ぐ届くので今週末には回転魚植共生アイパオの完成です。ヒメノさんのトマトに今度は勝ちたいものだ。「なあひ孫よ、社内では中洲以外でこの世紀の一瞬を待ちわびる輩は誰~れもいなかったね」

完成間近の周遊型魚植共生アイパオです。
一日に30cmも伸びるカボチャとルール違反の根っこ
羨ましいヒメノさんの見事なトマト

アイパオの話(その57)

ひ孫に自慢する新製品

(その4)秘伝のタレのカツ重

この前の日曜日次女と孫を連れて由布農園に行く途中久しぶりに「鰻のせいろ蒸し」の贅沢をすることに。

中洲は鰻なら柳川の本吉屋か若松屋に限ると頑として浮気しない方針だった。ところが老婆(ラオポ)が途中、次女の携帯に指示「久留米の大善寺の富松が安くて美味いそこに行け」と。

グルメ中洲の評点は柳川の方が鰻がふっくらしてそれに喉越しの甘味が微妙に違う。ただその差500円が妥当かと言えば微妙なところだ。しかし富松でも「秘伝のタレ」を柳川同様売り物にしてコロナなんかどこ吹く風と大賑わいだ。ザッと見積もっても100名5回転で年3億円の売り上げは固そう。

その昔から農村の一画に宿場町が栄え一膳の飯に数回分の金を奮発して庶民が浮世を楽しんできたのだろう。日頃ケチの中洲もその一人で美味い「鰻のせいろ蒸し」にはだらしなく懐が緩んでしまう。

「う~む。ヤッパリ飯屋だ。秘伝のタレだ」せいろ蒸しを食べながら閃き傍らの次女に持ちかけた。「今度会社の将来を考え平均年齢65歳・ゴクツブシ軍団を引き連れ由布農園でグランピングビジネスの新会社・ぎょぎょランドを創業しようと思う。そこの目玉に秘伝の味を出したい。うちの婆さんのあの秘伝の味のカツ重はどうだろう」と。

そりゃ美味い。今年の4月新入社員の由布院研修で皆に「秘伝カツ重」を振る舞ったが誰もが驚嘆の声を出す。その前夜老婆(ラオポ)がぶすくさ文句垂れながら夜中まで仕込んで2Lのペットボトルに詰めて翌朝中洲に手渡したのが「秘伝のタレ」「これはねえ45年前川崎の元住吉に住んでいた時ウチの前の太郎のおばさん(飼い犬の名前が太郎か?)に絶対に口外しない約束で教えて貰った秘伝のタレよ」と初めて打ち明けられた。

由布農園で新人研修会。手前に見えるのが秘伝のタレのカツ重

次女にその秘伝の由来を声をひそめて聞かせたら「何言ってるの、私もしょっちゅう作って食べてるよ。母さん炊事場に段ボールの裏にそのレシピを書いて貼ってたじゃん」ヤバい。「今後は絶対口外してはならん。婆さんだけしか知らない秘伝のタレのカツ重として売り出すからな」

鰻より美味く値段も安くすりゃきっと由布農園に行列が出来て老兵たちの懐も少しは暖かくなろう。だがこの話の前途は少し危ぶまれるので一応、ひ孫に「今にときめく名物料理の由来」として書き残しておこう。