上司操縦法(その1)

11/30(木)今回の帰国のチケットはアリちゃんが策を凝らしてくれた。
プラス35000円でプレミアムエコノミーにアップグレードしてくれたので
脚が伸ばせて凄く楽だった。もう難民エコノミークラスには乗れなくなるな。

快適に名古屋空港に到着して
アリちゃんに「日本のうどん」をご馳走してアラブのケバブっぽい喉を洗う。

さて今日の珍奇な発見。
人気(ひとけ)のない中部国際空港、
人が乗っていない動く歩道のアナウンスが
うるさくてやりきれないので
静かな場所を探し歩いた。
(嗚呼、ラウンジを使いたいよう)

前の列に3人連れのサラリーマンが目に止まった。

観察すると、上司ぶって襟を立てて威張りたがっているのか
マスクが悪い男がマイレージがどうのこうのと
若い2人にいちゃもん付けているようだ。
明らかに若いのは辟易した様子で離れて座った。
上司は腹を立てている。

そこで何時もの中洲の妄想が始まった。

確かにエリートサラリーマン達は品が有るように見えても
組織の上下を(あるいはそればかりを)意識して、それを拠り所として生きている。銀行員や公務員なんかは特にそうじゃないかな。
イジメ、パワハラ、
(中洲士郎は娘達にモテるから必要ないが)
モテない上司はセクハラで娘をゲットするかも知れん。
耐えられんと言って会社を辞めてばかりいると
自分の市場価値が下がってしまう。
じっと堪えに堪えて上席に着いたら、今度はイジメ側に回る。

さあ弱い立場のサラリーマンはどうすればいいのか。

中洲士郎なら絶対に耐えられなくて直ぐに飛び出すだろう。
会社の社長なら「出来の悪いのを上席に置いて業績落としたくない」
かと言って「不満ばかりの若いのの肩を持てばモチベーションを落とす」

じゃあ考えてみよう。「上役操縦法」を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください