スマという魚

昨日の燃え尽き症候群でモチベーション上がらないまま
早朝宇和島から愛南市の極洋フィードワンマリン社へ。
小さな漁船で30分沖へ走ってスマの生け簀へ向かう。

スマと言う魚は愛媛県が高級養殖魚として増産を目論んでいる。

味は全身マグロの大トロ並みとのこと。
サイズは3kg位で家庭で1匹食べられる小粒。
開発の目的は生け簀の尾数をカウント出来ること。
これには先ずライブで水中映像を得なきゃいかん。

だからBi水族館の出番だ。
愛南スマ養殖場視察する。

ルミカの皆さんは優秀ですねって。
本当かな?

宇和島に戻って先方4氏と当方4名で仲良く昼食。
山本氏の運転で松山空港へ。
ここで夜8時の出発まで6時間時間を潰す。

確実に言えることは
水中映像は少しでも鮮明な方に軍配上がるということでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください