医食同源

今日は大連休日出社で諸般をポツリポツリと打ち合わせ。
この中で例によって湧き出る
珍奇な妄想の一部をスクラップに。

これからはやはり農業じゃないかな。
それも医食同源ゆかりのファーミングだ。

ことの発端は我らがK魚さん。
中国で生野菜を食すると
時々喉や胃が苦しくなり顔が酷くむくむと言う。
どうも野菜に付着している農薬のせいじゃないかと。
幼少時は蒙古のピュアな大草原の化学物ゼロの世界にいたから
「漢人の様には耐性ができていないのだろう」
がK魚と中洲の推理。

そして先日の上浦さんのヨーグルト問答での妄想を繋いで行くと
医食同源に行き着いた。

先に記したが最近の弱い菌のカスピ海ヨーグルトでは
市販の牛乳からマシなヨーグルトは出来ない。
牛乳を上浦さんのに代えたら物凄いヨーグルトが出来た。
次にその優秀なヨーグルトを種菌に市販の牛乳を用いたら
これも立派なヨーグルトになった。

ここから導き出せるのは
遺伝子組み換えなどやらずに
本当に地力のある良い畑で良い菌に囲まれて作った作物は
腸に入って我らが2000種類もの腸内細菌の一部を
薬のように生き返らせるのだろう、だ。

それと良質のミネラルだろうか。

2015年9/7に内蒙古探検旅行に出かけた。
ランドクルーザーで駆け回ること5時間、
「神の泉」で麦飯石を発見した。
実はこの麦飯石は古来中国では薬石として珍重されている。
中洲の研究では風化の過程で棉状になった花崗岩から
良質のミネラルが活性ナノバブルと一緒に溶け出すのだ。
実際この麦飯石を使えば海水魚が真水で飼える。

先日の宇和島のスマの養殖では
陸上でのスマの孵化が
事業化のカギを握っていると判った。
アイパオ周回水槽とここらを結びつければ
有望なアグリビジネスになると思うんだけど。

こうやって脈絡なく妄想が膨らみ
まさに余生も夢に溺れてしまうのかな。
あれかこれかと。

中洲士郎73歳がこうやって元気を保っいるのは
実はラオポと生協食材のお陰だ。
それじゃ話にならんので作り事の医食同源節を吹聴し
序でに化学肥料や農薬や遺伝子組み換え作物を
こき下ろして講演して回ろうか。

しかし世にウジャウジャいる講師さん達って
競馬場のレースの読み屋の感じがするんだな。
自分ではレースを張らずに確実に儲かる処世術・・
これってスリルがないよね。

ブログ中洲士郎も競馬の読み屋にならんように気をつけよう。
皆さんも時に警鐘鳴らしとくれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください