初めて1年中仕事をしました

世の中の誰もが自分の人生を精一杯生きております。
そして等しく新年には新たな夢を描き
1年を過ごし終えて大晦日を迎えることになります。

それが企業であれば
仕事を通して互いに連帯し苦難を乗り越え、
新たな挑戦にも取り組んで
その結果について共有するわけです。

従って1年を概括して
認識を共有し新たな挑戦に臨みたいものです。

語弊あるかもしれませんが
中洲士郎として2017年を概括してみました。

ここで認識を共有しておきたいのは
2011年からルミカが陥った苦境は
旧役員達による不正行為であり
それを許したのはルミカの経営力に問題があったからです。
その虚を突かれて危うく倒壊に至るところ
2014年迄の巨額の営業赤字を耐え抜いて
2015年からはそれでも黒字を達成して
団結力の尊さを学びました。

2017年を象徴するのは
4年間続いたRF訴訟を終結させて
ルミカの大転身を図るために
ひと時も休まなかった事です。

年頭に具体的に掲げた方針は
ルミカは基本理念「発見と創造」に沿って
三つの目的を追求するとしました。

目的1 ★社員と役員がワクワクする会社にする
目的2 ★顧客がワクワクする会社にする
目的3 ★株主と取引先がワクワクする会社にする。

上記の三つの目的を実現するために
全役員は鋭意率先して業務を遂行して頂きました。
心から感謝しております。

中洲士郎の社長室としては
新商品新市場開発こそがルミカの存在意義であり
これによって仕事のスキルを高める事、
高付加価値商品を市場に投入出来れば
社員の経済力を向上させることが可能であると信じて
1年を終えました。

他方、各役員が取り組んだ事は
(1)会社の発足以来最大の広報活動でブランディングを推進、
「ペンライトのルミカ」を消費者に刷り込んだ。

(2)そのコンテンツを競合先に先んじて海外に展開、新市場を獲得。

(3)不正競争行為であるとしてRFを告訴して4年、
和解金受領で事実上勝利の結審。
大連では
前総経理との裁判で勝利した後も続く執拗な妨害工作を防ぎ
化学発光では世界一の新工場を完成させた。

(4)新卒の定期採用で多くの労力を費やした。
2チャンネル問題もあって4名の獲得に止まった。
この反省からネット運営の見直しに入った。

(5)BiRodでの新市場参入で
スポーツセンシング社との資本提携で相互補完した。

(6)新商品開発に鋭意取り組んだ。
中でも東洋エアゾール社との発光スプレーの共同開発をほぼ完了し
生産段階にに入った。
初めて6インチ発光体を凌駕する大閃光エイトを完成させた。

(7)新営業形態として発足した直販部門が順調にBiRodの販売を拡大、
Biプロダクト市場投入で転身を迎える。

(8)特筆すべきは現営業がRRに奪われた市場を奪還、
月次での営業赤字を7月以降黒字転換に成功。

40周年で再生ルミカが視野に入る一年でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください