ボディペイント

1/4(木)子供達家族が車で帰って行った。
いきなりだだっ広くなった家が静寂に包まれる。
わしゃ自分の城に入る。

さても賀状を眺める楽しさ。
小学校の友人セキオカの賀状に
「脚を失くしたカナリアは瀬木の丘にうめましょか。
いえいえそれはなりませぬ・・・」
どうしたのかな。足を切ったのかな。
今度上京の折にでも覗いてみよう。

美少女リナちゃんの写真入り賀状を眺めながら妄想する。
「大閃光ペイントを新開発の絆創膏に塗って脚や腕や顔に貼っていく。
明るい太陽の下で歌って踊る。
突然宵闇に包まれて少女の妖艶に光る肢体が激しく動く。
「パパー私に戻ってよパパー。お願いだから帰って来てよ」
フランス語も交えて訴える。ユーチューブに流れる。
日本の母娘を捨てたフランス人が
祖国で大センセーションの動画を観る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください