インテリ

1/12(金)宇和島マグロ養殖プロジェクトでのキーマン
ティアイ氏の来社があった。
急遽関係5社TV会議となる。

本来のティアイ氏プラリとルミカ訪問のシナリオが変わった。
後で分かったが関係者はティアイ氏の采配に注視している。
ルミカの担当は唯のカメラ開発で
プロジェクトの実体は及び知らない。

さてティアイ氏何者ぞ。

農業と並び養殖業は日本の行政の補助金漬けで
最後進性を露呈している。
カミウラ氏の話では酪農もそうらしいじゃないか。
その排他的な閉塞した養殖業界に莫大な私財を投じて
マグロ養殖にチャレンジするティアイ氏に中洲のアンテナが反応する。
粗野な世界に場違いなインテリだ。

中洲はもう歳だからあまり知人を増やしたくない。
鶏でしょう、次は乳牛。
女性は小学生まで入ってかなり賑やか。
1月も既に12日。未だそれら知人への年賀状の返信に忙しい。

さてそのティアイ氏、会社駐車場から辺りを一瞥して
「一代で築いたのか?」
中洲「そうだ。肝が小さいから事業が大きくならん。
それに手を出せば失敗ばかり」
開発館でそして応接室で話しておおよその事情がつかめた。

彼は昭和25年生まれ
学生運動に荒れ狂った時代に東大法学部を出た。
本職は葬儀、墓石、イベント。相当財を成した模様。

夜、合流した彼の社員と一緒に5名で
宗像の「宇久島」で会食。
最後のあご出汁五島うどんに大満足の体。

吉報、フィッシングショーのSHIRO’S BARで
美味極上「伊達マグロ」を客人に振るまう事になった。

シトミちゃんの困惑顔が眼に浮かぶが・・
どんなもてなしも「美味しいモノ」には勝てないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください