幻惑された1日

1/13(土)変な1日だった。実に変な。

昨日の岩尾氏との楽しい会食。
申し訳ないがヒメノ氏の運転で帰宅。
車は例によってJR二日市の駐車場に預けておいて貰った。

さて思案する。

雪の由布農園に資材を取りに行くか、会社に行くか。
由布農園ならアイパオ用の天板と棚板沢山持ち帰るために
ラオポの車借りんといかん。
そしてJR駅へ愛車を取りにバスで行くかラオポに運転頼むか。

こんな話聞かされて馬鹿馬鹿しいでしょう。
兎に角団地からバスに乗った。
そしてまだ決心つかず悩んでいた。

二日市警察署の前から綺麗な女性が乗車して来た。
俺を見てえらくビックリしている。
多分知り合いに違いない。
それで俺も彼女のビックリに付き合った。
何とあの理髪師、そしてイッサの母親、
未亡人(ロマンチックな死語か)スミヤでないか。

JR駅到着迄の10分間楽しかった事ったら。
イッサの写真やビデオを老兵に見せてくれる。
なんと7段の跳び箱で軽く跳んだと思ったら
跳び箱の上で逆立ちしてる。
兎に角運動神経抜群だそうだ。

そしてJR二日市駅駐車場で車のスペアキー持ってくるの忘れたので
ラオポに頼んで持って来てもらう。
そこでラオポの車を借りて由布院へ。

途中エラく眠いので水分(みずわき)のPAで一眠り。
着信の合図で目が醒める。
一昨日TAIの皆さんと9名で歌って騒いで安くして貰った
「なごみ」のママからだ。
(この人は博多中洲いっちゃんのベッピンだと中洲吹聴しとる)
「三べんも士郎から電話入るが無言だ。どうしたの?」
「PAで寝とったから電話などしとりません」と返信。
実際過去にママと電話で話した事がない。
電話開くとそこに確かに通話記録。不思議なことがあるもんだ。

由布農園は雪が深く仕事にならん。
本当に親切な新澤さんが中洲の為に
薪ストーブで小屋を暖めてくれていた。
面白くないので農園を引き上げ古賀の本社に行って荷物降ろして
「子宮検診器」を完成させた。なかなかの出来栄え。

夜7時。着信。勘のいいラオポから。
「休みの日に何しとるんじゃ」又妄想の邪魔をするね。
それにしても今日は女性に縁が多い1日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください