貧しい時代に

1/17(水)エライ時代になった。
販売はいよいよネット通販の時代に雪崩を打って突入だ。
アマゾンに代表される総合ネット通販と
中小の専門ネット通販、それとメーカー直販が時代を支配するのか。
10年前日経ビジネスでも特集が組まれていたが、
中洲士郎も他の経営者と同じく打つ手が見出せなかった。
時代の変化について行けない何時もの負けパターンだ。

そこに独立自尊の旺盛な者は、
鋭い嗅覚と迅速な行動力でオゴる老兵達の虚を突く。
ルミカに於いてそれを可能にしたのが中国という闇だった。
最初に関係業界のネット通販最大手の八王子のヤマサンが
ルミカ脱藩者の手に落ちた。5年前のことだった。
雑貨量販店も落ちてルミカは史上最大の危機を迎えた。

中洲士郎、己れの浅はかさを悔やみ
4つの誓いを立てて再生に臨んだ。
その筆頭が新商品・新市場開発だ。

ヤマサンについては「ルミカ恐怖の営業マン」エンドーが
3年掛かって取り戻した。
「挨拶に出向いてくださいよ」
エンドウの懇願が脅しに代わっても出向くのを控えていた。
それが「横浜フィッシングショーの我がブースにお出まし」
との報を受けて
「こりゃマズイ。先に挨拶に行かなきゃ礼を失する」と
飛んで行ったのが今日だ。

感想?凄い会社だった。
大きな実店舗もあり
そこでは多品種のブランド商品が整然と積まれていた。
しかも国内最安値で。
買い物好きの人間なら堪らんお店だ。
見本市で来客に配る駄菓子を1万円分買ってしまった。
たったの一万円かと思える程の分量だった。
この会社なら中洲開発の取って置きの新製品を
独占販売して儲けて貰いたい。

先のネット通販の今後だが、
これはまさにレッドオーシャンそのもので
過当競争が利益を圧迫し
会社員は誰も豊かな経済力が得られなくなってしまう。
怖い時代に突入しそうだ。

だからこそ自社の新商品開発と
沈滞した他の市場に乗り込んで代わって新商品を開発し
ユーザー直結で高利益を頂くのだ。
折角のブルーオーシャンを
レッドに変えるだけの古い流通に頼ったら
開発会社にとって自殺行為に等しい。
ブルーオーシャンの為に社員が経営資源を優先的に使って活動し
仲間たちの経済力を世に突出させれば会社と仕事が面白くなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください