法螺のツケ

1/18(木)いよいよ横浜みなとみらいにあるパシフィコ横浜で
20小間ブースの設営だ。
スイスで開発された三角パイプドームが
見本市に登場するのは日本で初めてらしい。
特異な構造が異彩を放つが、展示の内容が凄い。


釣具の同業者が「中洲遂に狂ったか」と言いそうだ。

社内の誰もが「又また中洲のホラよ」と
「フィッシングショー20小間設営号令」を無視してたら
元気な駆け出しのアッコが企画書を作って来た。
「中洲っさん。国内見本市では初めてよ。
横浜、大阪2箇所で3500万円掛かるのを
このアッコが2000万円に負けさせたのよ」
「ナヌッ!にせんまんえんだと〜」「マズイ事になった」
だがもう遅い。
それから半年間、社内は新監督アッコの命令に従う他なかった。
中洲士郎もその1人。
苦々しく思っても印籠渡したから仕方がない。
それに先輩のシトミがアッコに付いているので
どうにもならんかった。

意のある経営者ならきっと唸るはずだ。
「ルミカは人材が凄い」と。

広いブースの2ヶ所でステージが立つ。
思い思いに練習スピーチをやってる。
「ホタルの夢に誘われて起業40年ルミカストーリー」
講演練習で演者の新入りカワジリ君が面白いことを言っている。
「創業者が自称する中洲士郎とは
本籍地の博多中洲に由来する。
一方で開発案件の社員無茶振りで
社員を(泣かす士郎)であります」と。
上手いこと言うよね。

そしていよいよ明日から「ブログ日々是如夢」が始まる。
中洲士郎を白日の下に晒すことになる。
エライことになった。
老婆ラオポの目に止まりませんように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください