雪の贈り物

1/22(月)今日は幸運の女神が珍奇な発見を授けてくれた。

昨晩の疲労性痴呆症から一夜明けて中洲元気に出社。
ありちゃん「皆んな見本市症候群で死んでるのに
中洲爺さんはどうしてこんなに元気なの?」
そんな嫌味モノともせず中洲、終日大言壮語。

大連に出張で福岡空港から飛び立つ予定のヤマちゃんが
「大連が雪で北京からのCA便福岡着予定が立たない。
福岡大連便は何時飛べるかわからん。どうしよう」
「戻って明日にしろ。今日は中洲とアリちゃん3人で開発会議だ」

開発会議のテーマは光るバンバンライト、光るシート、
それに光るシール何れも平面発光だ。
中洲が口すっぱく言っても
「PEシートに不織布を溶着して植毛シートを作る」
って事を理解しない。
「わしゃ何時までも生きとれんばい」中洲節で喚いていたら
ヤマちゃんゴソゴソと何やらカバンの中を探している。
この人何時も間が長いので中洲と波長が合わない。

「帰り道空港近くのドラッグストアでめっけたんだけど」と言って
机に取り出したのが医療用透明サージカルテープなる物だ。
横浜フィッシングショーでも
子供たち相手に大活躍の大閃光ペイントで
この不織布を光らせると写真の様になった。


水の中でも3時間明るく光る。
中洲発案のマジックパウダーを混ぜて塗れば2日間光るだろう。
マジックシールの完成だ。
美少女リナが光って踊り出す。
渋谷さんがオリンピック水泳センシングで突撃できる。

ヤマちゃんやってくれたね。

これで14の珍奇な発明のうち
「大閃光エイト」「大閃光ペイント」
「Bi水族館」と「大閃光シール」の目処が立った。
そして一昨日はサイリューム社との間で新たに
緊急用バックパック「サイリュームSOS」開発が追加された。

11個の課題が残る。
大物「子宮検診器」は
変人イノウエから鉄人ヒハラにシフトしたので
もう直ぐ仕上がるだろう。

横浜フィッシングショー疲れで半ば死んでいたカナエちゃん
「サイリュームSOS」直販開発に目を光らせる。

「サイリュームSOS」の何者かは追って諸君に明かそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください