指示忘れ防止法

1/25(木)慌ただしい中国出張を終えて帰途に着く。

これも簡単じゃなかった。
朝6時、WEIFANG市の高級ホテル、
残念なことに優雅な朝飯頂けずに青島へ出発。
車中でWUさんに15項目程の開発案件を説明した。
WUさんは凄い人でね。
まあ彼を引き入れたアリちゃんがもっと凄いのかも知れんが。
アリちゃんと違ってWUさんは
中洲が思いついた事は大抵翌日には結果を持って来る。
逆に申し訳ない気持ちになるよ。

大閃光エイトの製造のカナメの溶封治具を
エンタイの知り合いが作ってくれたと見せてくれた。
WUさんはエンタイから中国出張の中洲に合流してくれたのだ。
「凄い出来だ」と褒めたら
「中洲の指示通りに作ったまでよ」と。
多分中洲の出まかせの言葉を
日本の連中と違って疑わずに実行したようだ。

札幌のアイビックのマキノさんは
複写式の「業務依頼書」なる小さなメモカードを考案して
業務依頼する時に活用している。
あれだと物忘れ名人中洲にも好都合だが
ルミカの依頼黙殺型人種には都合悪かろう。

さて青島空港から福岡に向けて飛び立った筈のMU機。
目が覚めたらブリッジを離れて滑走路に停機したままだ。
後でアリちゃんの話では、
エンジン吹かせたら片方がストーンと落ちて
オイルの臭いが充満したと。
結局降ろされて待つこと5時間。
綺麗な代替え機で良かった。
確かに前の機体は酷いオンボロだった。
あれだったら福岡まで心配で眠れないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください