壮士の弁

2/1(木)ルミカは今日から第40期に入る。

全社TV会議で何か喋らんといかん。
どうせブッたところで誰も聞かないし記憶に残らん。
「ならば」と。

中洲が博多の大名小学校の時、
演説で記憶に残るのは内藤洋一郎PTA会長の話だった。
子供相手に拳を振り上げて「諸君!」とやるから
幼心に血がたぎったものだ。
その後任の平岡会長は稀代の色男
「皆さん!」と猫撫で声で語りかけると
無性に腹立たしかった記憶がある。
両氏はどちらも博多の政治結社「玄洋社」の流れを引く。

「僅か4億円の新事業を切り拓けたら諸君の年収は100万円上がる。
家族でステーキを楽しめる。来年の今日それを確認しよう。」
とブッてしまった。
そして白ひげの内藤会長の
校庭の壇上からの熱弁(内容は忘れた)姿を思い出した。

壮士の言葉はいつの時代も甘く危険だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください