Bi水族館のお披露目

2/3(土)大阪フィッシングショー2018の2日目、
一般日は終日凄い賑わいでした。

今回の沢山の新製品のうちで中洲の思い入れが強いのはBi水族館だ。
釣りの見本市だから
「30m海底の様子をタブレットやゴーグルで見ながら釣りが出来ます」
とうたうべきだが。

格好付けの中洲の意を汲んでアッコが準備したのは
池に泳ぐザリガニ、エビ、メダカだ。
ゴーグルに威嚇するザリガニを観て大人まで歓声を上げている。
「子供達が小川でタガメの観察に使えます」と説明している。

実際は農薬まみれの日本の小川には
西洋タニシ以外殆ど生物は生きていやしない。
その実態に子供達が拳を振り上げるのを中洲は期待している。


2年も要して完成した「Bi水族館」の仕様は次の通り。

球状のVR360°USBカメラは単純構造だから極めて安価だ。
これに5個のLEDを円周に植え込み
6芯のUSBケーブルで防水ケースから取り出して
タブレットかVRゴーグルに繋いでいる。
着想はカメラが防水ケースから取り出せないところにある。
言わば使い捨て完全防水カメラだ。

30m潜れる360°カメラとLEDライトなら10万円じゃ手に入らないところ
水族館なら2万円。
この圧倒的低価格をもうじき世間が認めてくれるだろう。
26,000円のVRゴーグルも市場性あるが
現在開発中の「Bi水族館用」に特化したODMを出した時が
真の完成だろう。
来年のラスベガスのCESに完成品を出展しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください