深圳に学ぶ

2/8(木)深圳の漢永ホテル、数時間で朝を迎えた。

藤岡淳一著「ハードウエアのシリコンバレー深センに学ぶ」が
書評に挙がっている。

近代史に残る激変の街だがその深圳が更に変貌している。
BiRod開発からカメラやモニターに手を出して3年、
中洲自身で探し歩くようになって深圳を肌で感じて来た。
この躍動を藤岡氏の著作がありありと伝える。
だがその驚異の深圳を歩く日本人が極めて少ない。

理由は簡単だ。

わけ知り顔の上司が若者の深圳行きを許さないのだ。
その結果その会社はドンドン発展から取り残されることになる。
一体全体その責任は誰が取るのだと言いたい。
そんな上役に高給払ってるのが今の日本の会社じゃないか。

藤岡氏も本能的に
極楽トンボ的大手企業の危うさを嗅ぎ取ったに違いない。
そこで深圳で喘ぎ回る小会社に身を置いて企業の生き様を学び
好著をモノにした。

日本人が見当たらないと自噴に駆られる中洲が深圳におります。

深圳で急ぎ開発協議したい会社が5社ほどあったが
何処も春節休みに入ってしまった。
その中でBTP社がわざわざ総経理が出社してくれて
特殊USBケーブルの開発を了解してくれた。
本当に有難いことだ。

シールメーカーを春節明けに訪問して
大閃光シールの製造を頼もう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください