表と裏

旅順半島の南の海岸藍湾(ランワン)の会社宿舎では
同宿者に悪いからと口実を付けて
定宿の昱圣苑に移動しております。

今日はしっかりと大連の休日を楽しむ魂胆。

久し振りに大連駅の喧騒に紛れ込みました。
今でも昔の上野駅を懐かしむ向きが多い。
その空気がこの大連駅に残っているようです。
駅の北に巨大な生活用品の雑居ビル大菜市が
アメ横を思い出させます。
ついつい遊びか仕事か、
ボールを探しに玩具屋を回りました。

透明ウレタンに水が入って
小ちゃなおもちゃが浮かんでいる。
光るボールに格好の仕様だ。
弾ませるとLEDが点滅。
大で8元(140円)小で5元(90円)。
安いなあ。
水を抜いて発光ゲルを注入してみよう。
そこの店の親父にこんなの売って1元儲けるよりも
一緒に500万元儲けないかと持ちかけたが相手にされない。
深圳ルミカにボールメーカーを探し出して貰って
「光るテニスボール」の開発して貰わんといかん。
合わせ型だから成型時にカレットが挿入できる。
そうすりゃ3日間は光り輝くな。

 

この後冷風が和らぎ穏やかな陽射しの中、大連動物園を歩く。
家族と連れ立って壮大な動物園を散策する中国人を見ると
ついこの前まで野生動物虐待で悪名高かったのが信じられない。
パンダを目の前でビデオと写真に収めた。

この前も紹介したけど大連はサウナがいい。
中でも大連駅近くの金百合(チンパイホー)が最高。
今日の休日など家族連れで賑わいながら
暗い個室では綺麗な北方姑娘クーニャンの
全身マッサージも並存する。
誠に鷹揚な中国文化ですねえ。
中洲は自慢の中国語を「金百合語」と称しておりまして
専らここでお勉強しました。
例えば受不了(ショウブーリヤオ)とか讨厌(タオイエン)とか・・・。
日本語もそうですが往往にして言葉には正反対の意味もあるのですよ。

思い込み

アリちゃんが日本に(逃げ)帰えり、
中洲は残ったヤマちゃんを終日商品開発に駆り立てました。

「もはや時間がない」と
各新製品を最終仕様に仕上げていきます。
日本と違って人手があるし
中洲を素直に信頼してくれるので全てスムース。
実に気持ちのいい1日でした。

コンサートで人気沸騰の大閃光極みオレンジのエイト版は
ヤマちゃんの主張を飲んで
「アッと言う間の極大閃光」に仕上げ、
オレンジ以外は大閃光3-5時間に調整。
これに新型大口径6インチの仕様も決定。
矢張り開発は理屈じゃない。
仮説と実験の繰り返しです。
だから網の目のサンプルを作って
比較優位の選択から論理の裏付けを取ります。
すると中洲が布団の中で発見したと自慢する
論理に反した結果がいくつも出て参ります。
「な〜にその手の中洲の思い込みなら
開発に限らず日常茶飯事のこと」と
老婆(ラオポ)と鬼娘が自信を持って言っております。
科学なら実験で誤りを検証出来るが
会社経営では
「トップの思い込み」を正すのは容易でありません。

そしてその想定外が直近の労働問題で発生しました。
ルミカは働き易いと評判で辞める人が無く
何時も就職希望者が採用を待っているのが中洲の自慢でした。
ところが2/16からの春節が終わって異変が生じました。
工員(普通中洲はこの普通名詞を使用しません)8名が
他所の日系企業に籍を変えたのです。

昔から春節で相当数の社員が故郷から戻らない
と言うのが中国の常識です。
しかし西方から100万人単位でバケツ一つを携え
ウンカのように東海岸を目指してやって来て
人が入れ替わるのも常識でした。
それが地方経済の発展で深圳や東莞で
10年くらい前から簡単に人が集まらなくなりました。
最近では人手不足による倒産が頻発。
経営者にとっては春節は会社存亡の節目となっております。


こんな写真までがネットに流れています。

今回大連ルミカでは社員総会から
手当でなく基本給のアップの要求が出ました。
それなら中洲も大いに喜ぶことです。
ところが会社から納得のいく回答が出るまで
残業を拒絶するという実力行使に出たのが
青天の霹靂でした。
夢の新工場に引っ越す矢先の椿事。
「旅順口区で他社に配慮しながら
地域最高の給与を支給する」が中洲の方針。
それが団体交渉になるとは。
ここにも「工員は中洲の娘達だ」との思い込みと
事実に解離が発生しております。
総経理のチンユイと原因と対策について
夜遅くまで話し合いました。

中洲は大連に移籍して
2年ほど生産の自動化と人事の刷新に入る決意をしました。
もちろんここに商品開発の最強の拠点を築きます。

さあこれで夢の「アイパオ事業」着手のチャンス到来です。

鼻薬を効かせるのが。

中国漫遊2日目。
今日は女性節で変則休日。
工場では工員達だけ午後休となっている。

終日開発案件に取り組む。
振り返れば中洲の「開発」なんてそれ程大仰なもんではない。
今までのスペックを逆にするとか
少し鼻薬を効かせただけで売り上げを伸ばしたのが多い。

「大閃光」の大ヒットが好例。
これは中洲がしつこく追求していた
長時間発光をギラギラ超短時間発光に切り替えた
「裏切り者」の仕業だった。
ホンダの大ヒット小型ジェット機も
エンジンが常識を破って主翼の上に収まっているらしい。
化学発光でも主剤と副主剤を入れ替えるのを中洲が発案して
「リバース」と名付けたら
それが世界の業界の共有語となっている。

バンバンライトの仕様にも難儀している。
タカデ仕様では操作が面倒だが軽いという利点が捨てがたい。
明日2種仕様併用を検討しよう。

イスラエル人のユバルが考案した
破割性アルミパックを「ユバルアンプル」と命名する。
このユバルアンプルをガラスアンプルに置き換える事で
化学発光体に面白い世界が広がりそう。
今日は2個のユバルアンプルを挿入した
スパウトパックの口に針を取り付けた。
これを外から揉むと
中からニュルニュルと発光ゲルが出てくる。
「ニュルホタル」と命名。
沢山用途がありそうだ。

就業時間だけは厳守の中国で午後4時半。
仲間8名で旅順の火鍋屋に繰り出す。
冷蔵庫の小皿に盛られた食材を選んで
先に勘定済ませて一人鍋で調理する。
「なるほど」何処も創意工夫しなきゃ生き残れない現代の中国か。

中洲も火鍋をつつきながら
ずっと例の光るボールを手にして感触を確かめた。
諸君、硬式テニスボールと同じ反発力に仕上げて
錦織選手が使ったら凄いでしょうね。

針路を大連へ

米国出張取りやめたと関係者に通知したら
ロス先発隊のキヨタカが悲鳴のメールを寄越して来た。

「中っさん。お願いだからロスに来ておくれ。
僕が選んだ格安ホテル、飛んでもない代物で
汚くて治安も悪く気狂いオンナが喚いて廊下を走り回る。
怖くて生きた心地がしない」と。
「キヨタカには悪いがESTAサマサマだ」
それで今日は勇躍、CA954福岡発で大連に向かっている。

機内で電子日経を読むと
習さんが国家主席の任期を撤廃したら
西側への中国専制政治の脅威が増大するとかの記事があった。
だが中洲士郎にとって今の中国は素敵で刺激的な国だ。
8日間の中国漫遊記をお届けしよう。
昨夜なんか本気で大連移住プランを描いてみた。

大連がいいのは勿論気候もそうだが
北方からの美人が多いのとサウナがいい。
中洲の定宿はユイションと言う安ホテルだが
地下にまあまあのサウナがある。
出張が多くヤケに左肩が痛いことを口実にマッサージを頼む。
出身を聞くと四川省。
ここの人は中医を出た正式なマッサージ師が多い。
今日は中国版ラインの微信ウエイシンで
チップ50元を支払ってみた。
相手の携帯画面のQRコードをパチリとやって
小遣/50でOK。
互いの身元は残らない。
便利なもんだ。

渡米できない

明日からの米国ロサンゼルスで開催の
フィッシングショーに出席し
「Bi水族館」をロブスターカメラ付き捕獲器として
売り出す予定だった。

だが市場の人気とは裏腹に
ルミカ開発部隊のモノづくりの弱さにガックリだ。
見本市の回を重ねるに従って
完成度の低い試作品がことごとく動かなくなり
米国で上手く作動する確信が持てなくなった。

いっその事米国出張を取りやめようかと考えた今朝、
米国渡米許可証ESTA未登録が判明。
一昨年9月フランスでパスポートを盗まれて
番号が変わっていることを失念していたのだ。
それで急遽明日から大連と深圳に行って
「Bi水族館」の完成と量産化を進める。

例の「ハードウエアのシリコンバレー深圳に学ぶ」の
著者フジオカ氏も
「水族館」のコンセプトを賞賛してるらしく
「競合出る前に早めの市場制覇が不可欠」との意見らしい。
「水族館」は発明じゃないが、市場に新技術、新製品を求め
画期的なツールに組み上げたところは
iPhoneと同じだと中洲自負している。
しかし量産化の体制が出来ていない今のところは
中洲の夢想にすぎない。
だから居ても立っても居られず深圳を目指すわけだ。

行きたくない米国出張

昨日までCP+カメラ見本市
そして明日からロサンゼルスでフィッシングショー出張。

出張準備をしながらやりきれなくなる。
連日の酷使で「Bi水族館試作品」の調子が思わしくない。
オオツカめと罵りながら復活を試みるが上手くいかない。
そもそも下手くその手作業。
あのへそ曲がりのイノウエに比べるとどいつも不器用だ。
一応ごまかしでトランク一杯サンプル資料を詰め込んだ。
同行のイシバシ君も激務でグッタリ
明日からの渡米に気が進まないようだ。
行きたくないなあロサンゼルス。

似た者同士

横浜でのCP+2018最終日。
BiRodのファンが大勢ブースにお出ましです。
ゴーグルでの水中観察、ザリガニが眼前に迫る。
子供も大人も歓声。

「変な商品作るなあ。一体何の会社?」「ふふふ」
話好きのオヤジ達が集まってくる。
例によって
「この歳でしょう。もう知人を増やさないことにしてるの」
そう言いながらその面白い親爺と1時間もの長談義。
お互い自慢のアイデアの切り合い。
終いにその親爺
「実は腎臓癌で肺にも転移。余命3ヶ月。との宣告を受けた。
そこで温熱療法に取り組んだらこれこの通り元気になった。
今はがんコンセルジュをやっている」と。
39-42度でがん患部を特製電子レンジで温めると
癌の増殖が確実に止まるらしい。
「アンタね。ヘボ医者にどのように末期癌だと宣告されようと
回復の可能性はある。安心しとけ」と。

中洲士郎74歳まで全く癌にやられる気配がないが
罹ったら温熱療法とやらやってみよう。
それにしても世の中、似た者同士がいるもんだな。


子供達に大人気のBi水族館

男のため息

CP+ショー3日目。
ますます大盛況です。
今日もいろんな出会いが続いております。
キムラタクマ氏が応援に駆けつけてくれてファンサービスです。

昨日は仲間達と中華街で食事して夜遅くまで飲み回りました。
このところはしごを重ねる味を覚えてしまったようです。
酔うほどに酒が美味くなるのです。
少し前なら杯を重ねるとウイスキーの味が分からなかったのが
「ペッパータリスカ18年ハイボール」の秀逸さがバッチリ判ります。
更に昨日のように若い女性達も一緒だと幸せを実感しますね。
会社のコムロさんなんか
飲むためにひたすらランニングしているのです。得心。

それと酔うと女性には魔生が現れるのじゃないかな。
更にグラスを傾ける。
強い酒がスッと喉を走るとにこやかな笑顔が消えていく。
「貴方は奥さんを裏切れないのよね」
そんな会話が真夜中のカウンターから洩れ聞こえます。

ここで激しい叱責が飛んで来る。
「中っさんのような化石人間はいやらしいから
男女のお付き合いを特別なコトと捉えてんじゃないの?」
「アンタ。まあだ夢が覚めないの?」
いずこの見解の相違にも戸惑うばかりであります。
諸君の中で一緒にため息ついてくれる人いませんかね。

MSKとは?

CP+2018が横浜で2日目を迎えました。
会場はいやが上にも盛り上がっているようです。
中洲一行はTAI社との開発協議で会場を欠席しました。

結局この世界初の化学発光スプレー開発が始まって
マルマル2年が経過した。
相手の社長と専務は我が子の誕生を待たずに
現職を退任されるようです。
言わんこっちゃない。開発に時間がかかりすぎる。
中洲心底申し訳なく思うし
最後まで諦めたくない。
1日も早く話題をこさえて
お二人が在任中に製品をデビューさせたいのです。

相手社長からの昼食招待が組まれておりました。
その直前に社長も会議に出席。
何しろ国内屈指の毛並みのいい一族で
中洲とは月とスッポン。
だから鷹揚なものでクヨクヨの気配もない。
だが苦労人の中洲はどうしてもお二人に花向けがしたい。
それで会議の前にある事を仕組んでいた。
社長が会議に加わって数分後
「チョッと社長にご覧に入れたい」
それがアリちゃんへの合図だ。
アリちゃん心得てPVCボールを取り出し
突端に針が付いた大閃光ペイントで
発光ゲルをボールに注入する。
クドクドと命じていたのアリちゃん珍しく
手品師のような手際でボールを大閃光させた。
会議室に一斉に歓声が上がる。
プレゼンは絶対モタモタしちゃいかんのだ。

中洲25歳のサラリーマン時代、
商品開発でお客の1人に慶応出のベンチャーがいました。
彼の強烈なプレゼン技術が今でも瞼から離れないのです。
敢えてその人物を明かすと
「中外道路資材の新井元之介社長」中洲の心の恩師。
営業のプレゼンもスポーツ選手のように鏡に向かって
繰り返し繰り返し練習しなきゃいかんのですね。

この後4人で本当の食通の
贅沢な隠れ家レストランに招待された。
中洲感激して得意の「MSK」宣言をやらかした。
それは
「開発が遅れたために皆様の親会社の重役達に
お二人の功績を伝えられなかった。申し訳ない。
何とか1日も早くDUALペインターを世に出して
親会社にMSKの札をかざしましょう」
「そのMSKってどんな意味だね中洲さん」
「MSKってのは中洲言葉で
(見たか知ったかこの野郎)の頭文字ですよ」
「よっしゃその札をこうやってかざそう」

丸いスイカが沈んだ本物のシャンペンをお代わりして
贅沢な昼食でした。

CP+2018横浜開幕

恒例の月初の全社朝礼。
今日の馬鹿話は
「彼氏と掛けて今の会社」
心はどちらも期待が持てん。

土台良い彼氏なんかいるもんか。
例えそう思っても時の変化の中でダメ男と分かるだろう。
いい彼氏探すより自分がいい男にしてやること。
同じく良い会社なんかありゃしない。
例え良くても時代の変化に取り残されてつまらん会社になる。
だが時代の変化に悪戦苦闘して変革できる会社は
良い会社じゃないか。このルミカがそうだ。

前任者から受け継いだ仕事を何も変革せずに
長時間真面目にこなすだけなら
(かったるい組)で(やる気組)じゃない。
是非やる気組に入って経済力を高めて欲しい。
そう言う中洲士郎も会社員時代は
典型的な「かったるい組」でした。

終わってシルバー空席で羽田に飛びました。
CP+とはカメラフォトグラフショー。
BiRodを担いで3年前初めてこのショーに出展しました。
カメラの事なんか皆目分からずにね。
4回目の今回、沢山のお客様が応援してくれている。
「ルミカのブースが一番面白い」って言ってくれると心底嬉しくなる。