男の開発その2

営業でも商品開発でも野球選手のように「日頃練習して型を作れ。創意工夫を持続させて開発マインドを磨け」と中洲偉そうに日頃口にしています。このあたりは少しですが中洲には自信があるのです。

だが女性を連れて歩くとなると中洲は絶対に様にならないし自信がない。だから男の開発なんて出来るわけがないのに・・・。

かと言ってカス男のままでくたばるわけにはいかない。商品開発するようにいい男の開発も出来るはずじゃないか。日本の男性は会社勤めの時は颯爽とサマになっても退職すると直ぐに威厳を失って途方にくれた振る舞いになる。ここが欧米の男性に劣っていると思います。60過ぎて一層格好良くなりたいもんです。

日本の若い女性の風潮についてですが東京支店で美人の女子社員に質問投げてみました。そしたら即座に「50過ぎの男なんか真っ平ゴメンだ」と返ってくる。これも少し浅薄に聞こえますね。彼女には「年取っていても味わいのある男」に惹かれる小説「センセイの鞄」のツキコさんの魅力を伝えたいなあ。

先ずは男の心掛けから。女性を口説こうモノにしようなどのゲスな欲望を払拭したいものです。

開発の目的は「葉隠」に書かれた男の姿を具現し、連れの女性を品良く美しく際立たせるように立ち振る舞うことです。逆に言えばそう言うタイプの女性と出費を厭わず投資と思ってデートの数を増やして「葉隠を実践する」のはどうでしょう。

その葉隠には
「男はうやうやしく、にがみありて、調子しずかなる」を男の理想的な容貌だと言っている。女性をモノにしようとの「盗っ人の眼つき」は恥、快楽に耽るばかりのカップルを「背低き恋」と断じています。

今の中洲士郎のようにいつでも畑に出れる様にと毎日、野良着然とした服装での出社はマズイと早速反省しました。毎日ピリッとスーツを着こなして会社のロッカーには野良着を置くようにします。

聞くと昔の女房は亭主に金を渡して「花街で遊んでおいで」と送り出したと言うじゃありませんか。案外自分の亭主に男の修行させてふやけないように教育したのかも知れません。あの老婆(ラオポ)にはちと無理な頼みですが。

今回の商品開発提案はきっと少ない読者の反発買うだけで非公開第2号の恐れ十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください