中国の家具屋事情

開発案件が沢山で時間との勝負でした。

しかし6/23の大パーティまでには新工場の格好付けねばなりません。それでチンユイ総経理と一緒に新工場の備品を求めて家具センターを回ることにしました。

皆さん中国で何が遅れてるって家具は酷いです。重いし品質悪いしデザインも最悪。それに馬鹿面の店員が後を付いて回るし何でこんなことに時間潰さなきゃいかんのかとチンユイさんにまで当たりました。そのうちフト「チンユイさん近くにイケアあるかな」これで事態は急展開です。日本のイケアと全く同じ店づくり品揃えです。違いと言えば店のベッドの至る所で中国人家族が遊んで寝ているのです。これには呆れますが愉快でした。中国人だって中国の家具センターで買い物なんか絶対しないと確信しますね。

先ずは小室さんの精緻な図面に従ってドンドン購買を決めていきました。こんな買い物は痛快で楽しいです。おまけにイケアでは店員が小室図面に従って良いのを見繕いイラストをメールしてくれるのです。中国では遅れた古いものは一瞬にして世の中から消え失せ次に世界の最先端が出現するのですね。新工場の食堂はきっと娘達が唖然とするでしょう。お陰で驚き半分の気分良い1日を終えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください