ストリートベンダー

3日間の大連業務を終えての帰国日、HYATTホテル15階の部屋から眼下に西の海辺の風景が広がっています。

ルミカ関係者は6/22と6/23、この大連で一番の好立地のホテルに宿泊です。この星海広場の夏はそりゃ凄い。ビール祭りなどでは30万人の人出で賑わいます。夜の祭りと言えばサイリュームそしてルミカの仕掛けで幕が開いたのですよ。

昨夜この海岸通を散歩していたら風船にLEDを巻いた光るブーケを手にした若者数人を目にしました。今朝それを思い出しながらテキヤ稼業について思案します。

「元手無いけどひと旗上げたい」と多くの若者が模索し行動を起こすのが世の常。中洲士郎もその1人でした。そして取り敢えずストリートベンダー日本ではテキヤ、行商となって歩み始めるケースが少なくないようです。過酷な競争の中でどうやってサクセスストーリーを掴むか。この点で怪しく光るサイリュームは破格で、LEDに代わるまでは甘い蜜の山でして、沢山の挑戦者達が財を成しました。

日本でアントレプレナーにとって一番困るのは縄張りであり既得権の横行でしょう。中国では土地の所有を認めない、即ち既得権は無いと言うことがVBには有利に働くようです。日本で素人が広場で物売り始めようものなら直ぐにヤクザに狙われるから無理です。しかしここ中国そして星海広場ならまず問題ありません。テキヤをやってその商品がヒットするかどうかテスト出来ます。格好良く言えば簡単にマーケッティングが出来るわけです。

妄想がドンドン膨らみます。この高級ホテルの一室で例のPUボールにゲル発光液を自動注入します。それを100個ほど黒いゴミ袋に詰めて夏なら毎晩10万人はウロつく広場に繰り出してストリートベンダーをやらせるのです。

中洲流テキヤはこんな具合です。

先ず場所は東海岸の巨大なコンクリートアーチ。そこで遊んでいる子供10人くらいに光るボールを手渡してアーチの先端からボールを転がして遊ばさせます。これを見た大人達が売り子を探して黒い袋を手にした娘を見つけます。「1個買うか2個買うか?2個なら10元だ」と言われて皆んな10元払って2個のボールを手にして子供に手渡します。

どうしてこのボールが光るのか他のテキヤ達にも化学発光の同業者達にも想像出来ません。まさか超金持ちのホテルの一室で細工してるなんてね。この仕掛けから大きなテキヤネットワークが始まるかもしれない。若しここで売れなきゃ遊びの光るボールには期待しないほうがいいでしょう。

皆さん。今度の発見と創造展の時に窓の外の広大な広場で誰かが光るボール売ってたらそれは中洲かも知れませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください