三四郎池のほとりで

ビッグサイトで見本市最終日、それに会社の取締役会が重なる。それらを全て放っぽり出して「嗚呼東大」にやって来ました。

東大には明治維新からの日本の知性がギュッと詰まっています。良くても悪くても日本人の熱い心が棲み着いているようです。

昨日のこと、東大名誉教授のケイアイ先生から東大森林科学のF教授にアポイントが取れたとの吉報を受けました。それで今朝、赤門前に落ち合ったのです。メンバーは東京支店の発明家ヒハラ君と3名。

森林科学と言う浮世離れした学問の世界。当然F博士も久米の仙人みたいで何と魅力的なのでしょう。長居は申し訳ないので3つの事案について3倍速で説明して教授のご意見を伺いました。30分で切り上げて研究室においとまを告げる時先生から著作「童話松の木の話」を頂きました。「Bi見逃サーズ」は太鼓判押して頂いたのでモニターとして先生のフィールドワークに使ってもらうことにします。本命のDUAL二酸化塩素での松枯れ防止は「Bi見逃サーズとの併用で道が拓けるかも知れない」ケイアイ先生の見立てです。

明治の初期東大から飛び出した超人的生物学者南方熊楠(みなかたくまぐす)の伝記を読んだことがあります。これを読むと金儲けとは程遠い学術探求の世界で日本人がいかに際立って優れていたか分かるし多くの日本人が一番憧れる世界でもあるようです。そんな雰囲気が漂うこの研究室にしょっちゅう遊びに行ける環境を作りたいものです。この次はアイパオの話に出向きましょうか。

明日の東大五月祭の準備で東大生達がキャンバスを駆け回っていました。ここには青春の幸せの形が脈打っています。


ケイアイ先生の案内で三四郎池に。

責任のあり方

見本市で新製品発表2日目です。

閑散とした会場で独り火を噴くのがルミカブースです。来客の手応えにアリちゃん達気を良くしてます。

今回の見本市の責任者にはイシバシ嬢を指名しており中洲は彼女に見本市の結果を成功に導く責任を求めておりました。そんな訳でブースで今後の販売政策をどうするか話し合いました。

イシバシ君に副長のニシ君も加わって中洲驚く意見を聞かされました。(防災用は大閃光じゃなく)CYALUMEペイントはアミューズメント市場には売らないと言うのです。防災防犯用途に特化して通販もやらないと。何故なら大騒ぎになってルミカが炎上させられてしまうとの怖い意見でした。確かに販売の責任が取れるのかです。

早く売らんかなの中洲士郎、又しても大きな失敗の瀬戸際に有ったわけです。ありゃりゃ光る水着どうなるかなあ。スプレーと一緒に売って若い連中が顔やシャツを光らせてユーチューブに登場したらえらい事になる。

やっぱりナイトプールで娘達に光る水着で遊ばせたいな。いいアイデア無いものか。中洲アタマを痛めております。

男は辛いよ

ルミカ2大新製品の発表でしたが見本市会場は閑散としています。官公庁が主催者だからこんなもんでしょう。

「悲観する事はない。少ない来場者の中に案外本物が潜んでいる」とアドバイスはしますが、仲間達の気勢上がりません。

今日は今春入社の初々しい女子社員に営業の手ほどきをすることに。こちらの方がずっと楽しい。

先ずルミカ出展の目的を来客に刷り込むように指導しました。

「ルミカは色んな新製品を開発してますが今回は被災者の救出に役立たちたいと2年半かけて製品を開発しました。名前も見逃サーズ。空から瓦礫の中から或いは水中から素早く被災者を見つけます」
「そちらのブースでは暗闇でのマーキングに使える大閃光ペイントを展示しました。被災者救出にも活躍するでしょう」

なんてルミカの社会性の高さを強調するようにコーチしました。しかしフーテンの寅さんや中洲士郎と違って可愛い娘にはそんなテキヤの前口上は不要のようで、客の方から食いついて来ます。この辺りも「男は辛いよ」ですね。

「Bi見逃サーズ」のブース。左隣が「サイリュームペイント」のブースです。

解ければ簡単な問題ばかり

明日から東京ビッグサイトの自治体総合フェアで大物新製品2点を発表します。

中洲は開発で暗礁に乗り上げたら「解けない問題は無い筈。方法が見つからないだけだ」と自分に言い聞かせます。そしてしつこく考え続けたら大抵方法が見つかるものです。

見本市設営準備で先発隊が出払った開発館で盟友ヒメノさんと朝から謎解きを初めました。そしてようやく午後3時、うまい具合に解決しました。

問題というのは呪いの電波法をどうやってクリアするかでした。昔は参入障壁で幾らか社会の役に立った電波法も、今では技術開発の足かせどころか国内での電子機器開発そのものを断念させる悪法となっているようです。この法律に対処するためにルミカVRゴーグルではブルートゥースもWiFiも基盤から取り外しております。ところがBTリモコン操作で VRゴーグルが復活した現在身動きが取れなくなったのです。要は無線を使わずにリモコンを操作する方法を編み出せば済むことです。そしてそれに成功したのです。答えなんて見つかれば赤面する程簡単なことで、僅かの知識と情報さえあれば大抵はワーワー言うこと無いのです。

あとひとつ火を使わない発煙筒の開発でも堰を切って発想が進みました。この次その詳細をお話ししましょう。


写真はVRゴーグルとグリップ式充電池とリモコンコントローラー。

老婆(ラオポ)居ぬ間の

昨晩東京から戻って福岡天神で食事会がありました。

中洲唯一の公職はHアカデミーの副理事長です。理事長は某明太子会社を経営するササキ会長。最近耳が遠くなられたが彼のスピーチは相変わらず絶品で中洲は何時も聞き惚れます。

本来は稀に見る人格者フジノ校長の送別会でしたが。

今回は急遽中洲受章お祝いも兼ねての食事会です。皆さんにマッキントッシュと言う聞いたこともない凄いブランドの高価なシャツをお祝いに頂きました。これ着て会社の女子社員とのデートを夢想すると嬉しくなります。何時も中洲の衣服を見立てる老婆(ラオポ)がきっと目を剥くだろうなと袋を握りしめてその後も「はしご」を続けました。

翌朝フラフラ気分で預けた車を取りに博多へ行ってその足で由布院に来たわけです。そしたら中洲同様に嫁さんのサッちゃんが旅行で留守のヤマサキ公認会計士が遊びに来たので彼の世話を焼く事に。お陰で島らっきょうの草抜きもままならず一緒に耳納連山の麓の「みのう山荘」で夕食をとりました。

共にカミさんが居ない侘しい者同士の食事だろうと山荘の小綺麗な女将には映ったことでしょう。

お風呂の泡のように

アパホテル潮見には大きな浴場がる。ブクブク泡で温泉気分の老婆(ラオポ)は5倍も高いプリンスタワーよりも余程快適だったようだ。

今朝、次女が横浜からアパにラオポを迎えに来てくれて2人揃って山梨の白州村に向かった。次女は横浜のマンションを売払って白州に移住するらしい。ラオポまで娘の開拓業に加わると中洲は身の振り方を考えないといかんなあ。

東京支店で開発会議。5/16-18ビッグサイトで自治体総合フェアが開催される。ここで「大閃光ペイント」と「Bi見逃サーズ」をリリースする。きっとこれでルミカは新たなステージに立つだろう。

中洲の周りはホテルの風呂の泡の様に湧いては消え留まる気配がありません。

 

 

有難い一日

ホテルで勲章伝達式、雨が上がった美しい皇居豊明殿で沢山の受章者の方々と今上天皇陛下に拝謁しました。

午後6時昨日からホテル中で続いた「おめでとう御座います」が止む中、誰もかれも疲労困ぱいの体でホテルを後にします。ドアボーイの丁重な扱いを受けて老婆(ラオポ)とタクシーに乗り込みました。少し間を置いて運転手に行き先を告げました。「潮見のアパホテルへ」と。

いいお店

明日の叙勲に備えてプリンスパークタワーに投宿です。東横インと違って格好付けるのにくたびれる。それも老婆(ラオポ)と一緒でねえ。

仕方なく増上寺を歩いて鳥居の下にあるモンでスペイン料理を馳走することに。

どういう訳かな。食事の店と言うのは最初にぴたっとハマると自分の特別の存在になります。味も大切ですが店と店の人の空気でしょうか。滅多に行かないのに常連の様に親しくに迎えてくれます。そんなお店が「モン」でマスターが秀逸。

老婆(ラオポ)を見て笑顔で「今日は何事ですか?」に勇気を奮って小声で「実はねえ。明日勲章いただいて天皇陛下に拝謁するんよ」マスター理解できんのか反応が鈍い。それで気を良くして「この人を50年で初めて連れて歩いとるんよ」すると妙に納得して「じゃあ初めにスパークリングですね」飲めないラオポに心配だったが「サイダーみたいなモンだから」にケロッと飲み干してやがる。

締めはパエリヤと頼んでいたが少しキツイかなと思っていたらマスター察してイベリコ豚に替えてくれた。食べて飲んで2人で7000円。あのマスターお祝いに安くしてくれたんじゃないかな。

くつろぎの雨

小雨の中、由布院行です。

やはり由布院塚原は肌寒い。相棒のニイザワさんは軽トラックを駆って鹿児島行らしい。クヌギの薪木が暖炉の前に置いてある。火をつけて畑に出て島らっきょうに蔓延ったスギナを抜く。スギナは地下茎が強いのでさすがの島らっきょうも喰われてしまっている。ニイザワさんに働いたフリだけ残して小屋に戻りクヌギの暖をとってくつろいだ。農園の雨もいいもんです。

ストリートベンダー

3日間の大連業務を終えての帰国日、HYATTホテル15階の部屋から眼下に西の海辺の風景が広がっています。

ルミカ関係者は6/22と6/23、この大連で一番の好立地のホテルに宿泊です。この星海広場の夏はそりゃ凄い。ビール祭りなどでは30万人の人出で賑わいます。夜の祭りと言えばサイリュームそしてルミカの仕掛けで幕が開いたのですよ。

昨夜この海岸通を散歩していたら風船にLEDを巻いた光るブーケを手にした若者数人を目にしました。今朝それを思い出しながらテキヤ稼業について思案します。

「元手無いけどひと旗上げたい」と多くの若者が模索し行動を起こすのが世の常。中洲士郎もその1人でした。そして取り敢えずストリートベンダー日本ではテキヤ、行商となって歩み始めるケースが少なくないようです。過酷な競争の中でどうやってサクセスストーリーを掴むか。この点で怪しく光るサイリュームは破格で、LEDに代わるまでは甘い蜜の山でして、沢山の挑戦者達が財を成しました。

日本でアントレプレナーにとって一番困るのは縄張りであり既得権の横行でしょう。中国では土地の所有を認めない、即ち既得権は無いと言うことがVBには有利に働くようです。日本で素人が広場で物売り始めようものなら直ぐにヤクザに狙われるから無理です。しかしここ中国そして星海広場ならまず問題ありません。テキヤをやってその商品がヒットするかどうかテスト出来ます。格好良く言えば簡単にマーケッティングが出来るわけです。

妄想がドンドン膨らみます。この高級ホテルの一室で例のPUボールにゲル発光液を自動注入します。それを100個ほど黒いゴミ袋に詰めて夏なら毎晩10万人はウロつく広場に繰り出してストリートベンダーをやらせるのです。

中洲流テキヤはこんな具合です。

先ず場所は東海岸の巨大なコンクリートアーチ。そこで遊んでいる子供10人くらいに光るボールを手渡してアーチの先端からボールを転がして遊ばさせます。これを見た大人達が売り子を探して黒い袋を手にした娘を見つけます。「1個買うか2個買うか?2個なら10元だ」と言われて皆んな10元払って2個のボールを手にして子供に手渡します。

どうしてこのボールが光るのか他のテキヤ達にも化学発光の同業者達にも想像出来ません。まさか超金持ちのホテルの一室で細工してるなんてね。この仕掛けから大きなテキヤネットワークが始まるかもしれない。若しここで売れなきゃ遊びの光るボールには期待しないほうがいいでしょう。

皆さん。今度の発見と創造展の時に窓の外の広大な広場で誰かが光るボール売ってたらそれは中洲かも知れませんよ。