くだらないアイデア

今日の珍奇な発見はイシバシとの会話からです。

例によって中洲のウンチク「今度アナハイムのディズニーに行ったら光るボールを提案しよう。40年前に美女ジュディ・ウオルデンが塩ビのチューブに発光液を注入して光るネックレスに仕上げた。これを冷凍してディズニーランドで発売。これが大ヒット。それ以来アメリカのディズニーでは現行のガラスアンプル仕様の発光体は使えなくなったのだ。だからアンプルを使わない光るボールは有望だ」

人の話を聞いているのかイシバシ。ナプキンにミッキーの絵を描いて指差す。「何っ、ミッキーのボールだと」面白い。ミッキーを光らせよう。

いや待てよ。耳は2つの原料タンク。顔は反応槽とすると色んな展開が起こるよ。二酸化塩素だって耳にガラスの丸瓶仕込めばいい。早口でまくし立てたがイシバシには興味がなさそうだ。

そんな下らん妄想よりもベッドの上で飲んでいるタリスカーのソーダ割りの方が真実に近い気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください