チェリー酒の開発

今日も雨で由布院行は諦めました。会社に出てゆっくりしてます。

当たり前と言えば当たり前ですが・・。人は誰も自分の好きなことやってると全然疲れません。それどころか疲れが取れて気分が良くなります。園芸とか手仕事が一番でしょう。ゴルフなんかだとお金使った上に中洲は余計にストレスが溜まるので止めました。

余談ですが、もしも障害者だったら両親の為に、ホームで死を待つ老人なら可愛い孫のために手仕事(エシャレットの皮むきが一番)をしてプレゼントのお金を稼ぐのが病んだ身体と精神をすこぶる健康にすると思うのです。そんな施設を由布農園に作るのが次の目標です。

さて私中洲士郎は大連イベントを打ち上げて身も心も虚脱状態でした。それが28日と今日、チェリー三昧で身体がスッキリしております。

先ずチェリージャムの話です。

話をはしょりますと世界で一番美味しいジャムをこさえようと10年以上挑戦中です。そしてジャムは大体完成し世間に大絶賛です。要は低温脱水して果物の色と歯ざわりを失わない作り方です。だから中間体のジャムを冷凍保存して中洲のジャム工場でたっぷりレモン果汁を加えて特製装置(エバポレータ)で仕上げるのです。ところが今回大連ではチェリージャムを政府の要人にプレゼントするのに装置がありません。それで即製で脱水未処理のジャムでしたがかなりの出来でした。

一体全体中洲の特殊装置は本当に必要だったのだろうか。疑問が湧いて眠れません。それで28日その未処理のジャムを装置にかけて味を比べてみました。

「何かしらんけどトロトロして歯ざわりが良くないねえ」との老婆(ラオポ)の酷評が装置を通したジャムでは果肉が蘇り風味も増したようで「合格」の評。やれやれでした。

次はチェリー酒です。大連で酒男Mr.Aとの楽しい酒談義そして中国で酒を作ろうとの計画が生まれたわけで今日は朝から意気盛んです。

お酒って梅酒でも勝手に作ってはいけないようです。ホワイトリカー35°ならOKとありました。(こんな法律定める為に身を削る秀才が気の毒です)中洲士郎酒造法には抵触していないようです。

中洲のジャム工場で。各5Lのチェリーリキュール。冷蔵庫を15℃にセットして1年寝かせます。そしてMr.Aの評価を得て来年ワイナリー計画を実行に移すのです。後方が低温脱水装置です。低温脱水ジャムに興味ある人にはいつでも公開しますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください