釜石沖の海底で

台風7号が九州に上陸。一晩中暴風雨が荒れました。

明日からのロス出張のためにBi見逃サーズの仕上げです。カメラに40号の重りを付けるとUSBケーブルには負荷が掛かるので小型リールに強力PEテグスをセットして吊り下げる事にしました。このリールは3年前中国の天津釣り具ショーで入手しておいた優れものです。太鼓リールの下に1/2インチネジが付いて竿の底に取り付けるようになってます。常々何か毛色の変わった品を手に入れてTOYBOXにしまっておくのが商品開発の秘訣(シークレット)かも知れません。

モニターの背後に見えるのが秘蔵のリールです。

次にBi見逃サーズ30M巻き取り型を首に掛けると何とも首が凝ってやり切れません。それでたすき掛けにすると快適でした。これもベルト仕様への変更になりそうです。中々Bi見逃サーズは 終着に至りません。

いよいよ台風が荒れ出した7時頃やっと一通の手紙を書き終えて帰宅しました。釜石でご不幸に遭われた水産会社の社長さんに海底遺品探索協力をお願いしてみました。重ねてご非礼を詫びつつの気が重いお願いでした。

さあ明日からの渡米を待つだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください