キホーテに倣って

昨日の朝のMU便で上海に飛び昨日今日とビリビリアニメエキスポを視察しました。ここでのルミカの新コンテンツの確認でした。

世界中の若者たちはSNSで瞬時に情報を共有し逸早く最先端の流行に追い付こうと真剣です。

中国の起業家達も同じく獰猛に獲物を捕獲しております。彼らに貪欲で勇敢な投資家が続きます。孫さんが遂に運輸行政に噛み付きました。米国ではUBER中国ではDiDiが無ければ最早生活が成り立ちません。これを白タクと定義する日本の役人に悲鳴を上げているのです。便利さを知らない日本国民はさほど苦にもしません。しかし最早貴重な収入源のインバウンド達が日本の不便さに黙っちゃいないのです。

規制政策の問題は企業の開発力ひいては国力の彼我にどうしようもない格差が付く事です。既に中国には全産業でどんどん引き離されております。

数年前からニコニコ動画配信が日本に生まれて広がりました。これをパクり違法動画をどんどん吸い込んだビリビリ動画が市場を席巻しているそうです。そして今回の視察がビリビリワールドでした。ドローンも飛び回る物凄い設備の展示会です。そこに未だ未成熟のコスプレ人種数10万人を吸い込んでロボットアーティストが大音響で彼らを教化しておりました。真面目で熱心な若者達が来年にも日本を追い越して世界に新らしいコスプレ文化を広げるでしょう。それがニコニコを瞬時にそして遥かに飛び越えたビリビリのコンテンツなのです。

かと言って企業の劣勢を無策行政のせいにしちゃいけないと思います。世界で日本ほど起業に恵まれた場所は無いと念じるべきです。セレンテビティ精神でルミカは何処にも負けないコンサートの光パワーを確立しました。ウチの連中はオタ芸コンサートという新しいコンテンツを作り上げて世界中に進出しそうです。逞しくも逆に中国企業のやり方をパクっておりました。

となると老兵中洲士郎はヒカリモノを卒業していよいよ「Bi見逃サーズ」で勝負するしかありません。痩せ馬ロシナンテに跨り中世の騎士を模して槍ならずBiRodを傍らに目指すは悪魔の化身の風車です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください