アイロッドの話(その4)

「父ちゃんアイロッドやってもカメラに手を出しちゃいかんよ」プロでカメラを回している次女に釘を刺されておりました。それがこの3年カメラで深みにはまっているのです。

開発の狙いはいつも未だ誰~れも気がついていない宝の山を掘り当てることです。カメラが危ないのはライフがすごく短かく一つのモデルが大抵半年で姿を消すからです。2011年GOPRO登場。(パチモノ溢れる)。2014年INSTA登場最初はリコーの360°シータをコピーしましたが2014年insta nano上市。これは中洲提案のUSBカメラでした。(これもパチモノが溢れる)。中洲の次の狙い目は4K360°IPカメラです。

どうしてこうも簡単にパチモノが出現するのでしょう。それは深圳の電気街の華強北に秘密が隠されているようです。パソコンと同じくスポーツカメラなら部品は全部揃います。頼めば直ぐにカタログも印刷してくれるそうです。電子機器では同じ基盤を使っているのでブランド品と性能はほぼ同じで上代は10分の1迄下がります。だからカメラのビジネスはもはや成り立たないらしい。

そうでしょうか。それらパチモノを色々揃えて新しい概念の製品を安く作り上げるのはどうでしょう。更にBiRod専用のパチモノをルミカがこさえればどうなりましょう。Bi見逃サーズは他人が真似し難いパチモノだから独創だと考えます。

今回この「Bi見逃サーズ」上市したら次の獲物は360°POE-IP-4Kカメラです。国産の同クラスなら30万円以上はします。価格は2万円台でルミカ独自の特殊な防水機能を備えます。

BiRod事業を始めて4年中国の深圳に行く機会が増えて時代と技術の変化に目を見張ります。スポーツカメラのGOPROが一世風靡している間に素人でもカメラを組み立てて売る時代になったのです。5年でトヨタはなくなると豊田社長が言ってるのはそう言う事です。トヨタの電気自動車のパチモノが十分の1で売られる時代が来ます。パソコンやカメラと同じく単品販売じゃなく個人事業主が真似できないコンテンツを生み出す事、それが豊田社長が仰る事でしょう。

新幹線深圳駅。2年で開通。

ルミカの次のカメラは12V有線LAN対応ですから水中でも100m離れて操作可能。そうなると50mプールの水底を世界記録のラップタイムでカメラ移動させることが出来るのです。それも一式30万円で。これは中洲のオリジナルアイデアですが実現できましょうか。中国が凄いのは国も後押ししてビジネスプランにファンドが直ぐに立ち上がり10億円位と優秀なエンジニアが結集するところです。INSTAがそうでして中洲も簡単に行けない敷居の高い会社になってしまいました

だからやっぱり次女の言うこと聞く訳には参りません。今日は変に理屈っぽい話でごめんなさい。明日はアイパオの美味しい便りを届けますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください