中洲若子の話(その13)

作家でもない中洲が人様の事を珍奇な妄想を加えて描こうと言うのですから危険です。

しかも相手は近代日本を作り上げ世界の歴史に名を残す2人の英傑伊藤博文と高橋是清ですからオオゴトです。この機会に記録や評伝を読むと改めて幕末から明治の時代の人々の未知への挑戦それも「国の為人の為」という湧き上がる使命感を強く感じます。その男の世界に料亭と花柳界の女の世界が色濃く絵模様を描いているのでとても情熱的、人間的ですね。

この2人の男、何時も命を狙われる公的活動から夜遊びの世界に入ると女性に大モテの可愛い男たちに変身します。

慶応2年1966年未だ駆け出しの25歳の青年伊藤俊輔、惚れて身請けした芸妓小春と一緒になるためカミさんと離婚、その騒動の中でも昼間辛うじて生きながらえた命を確信するかのような夜の遊びです。あの時代は避妊が上手くいかないので直ぐに子供が出来ます。翌年別の女性との間で「山口げん」をもうけました。(と中洲は想像します)

15歳になったピカイチの美貌の娘、今更入籍出来ず未亡人の藤野みちと図って「春帆楼」をこさえてそこの仲居とします。営業部長の博文総理は政界経済界の大物をどんどん連れ込んで明治16年には「春帆楼」に世界初の公認河豚料理の看板を上げさせるわけです。凄い政治力ですが尋常な熱の入れ方じゃありません。

そして仲居頭で天下の才媛「山口げん」の名声は高まるばかりの明治26年52歳の宰相博文一計を案じました。おのれの醜聞を腹心の39歳、是清大蔵大臣の女としてカモフラージュしたのです。政界一の好男子の是清は翌明治27年に生まれた娘の「ふさ」と山口げんを熱愛しました。

時は流れて明治40年博文66歳是清53歳げん40歳です。男女親子の愛情は兎も角2人の娘、愛人、娘の行く末を案じる博文と是清は奇想天外の手を編み出したのです。博多で老舗の料亭「一方亭」は妻に先立たれた商い下手の黒川清三郎の下で倒産寸前でした。ここに「げん」を清三郎の後妻として送り込み先々清三郎の長男清太郎と「ふさ」を夫婦にして「一方亭」2代目を継がせるのです。見事な親子丼です。これで戸籍上もスッキリし子孫繁栄の筋道が出来ました。

今度は2人の営業部長、政界だけでなく筑豊の炭鉱主や任侠の吉田磯吉大親分、八幡製鉄とその取引先を贔屓にさせて倒産寸前の「一方亭」を見るまに九州随一の料亭に変貌させたのです。2人は共に驚異的な働き蜂の生涯を送り、そして同じく悲しい結末を迎えました。

尽力したのはそれだけではありません。産業構造の近代化です。是清はネポチズムに浸りきった財閥にもメスを入れて殖産興業を図りました。大正12年東大法学部を卒業したばかりの23歳父辰野亥蔵を筆頭に30名の俊英を腐りかけた安田財閥の再生部隊に引き込むのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください