アイパオの話(その24)

ここインテックス大阪で明日から始まるフィッシングショー大阪2019の会場に  3棟の新型アイパオが優雅な姿を現しました。

オーノ棟梁の指揮で中洲士郎以下10数名のルミカ社員が嬉々としてパイプを組み上げて行きました。午後3時サクラマスの稚魚2000匹が富山から喘ぎ喘ぎ到着。一か八かの勝負です。1度もテストしていないアイパオドーナツ水槽に富山から運ばれた1トンの清水に稚魚が放たれました。すると水槽を覗き込むアキコ以下仲間たちの心配顔の眼前を一糸乱れぬ群れを為して周回を始めたのです。行き止まりがないので魚たちはキッと富山の神通川でも遡上している気分なのでしょう。到底水が足りないので大阪の水道水をカルキ抜きして加えましたが大丈夫でした。これからも頻繁に専門家の忠告とは異なる事態を目にして参ります。言えるのは「何事もなんとかなるさ」ですね。

その組み立ての様子をヒメノ氏がBiRodで上方からインターバル撮影したものをコムロ氏が編集しました。ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください