アイパオの話(その38)

歳をとると場所と時に関係なく突然睡魔が襲って参るのです。由布院の農園に行くときは途中で必ず目が重くなりPAで一眠り。わずか5分でも眠ると視界がスーッと楽になります。役員会なんかでは他に悟られないようにタブレットを前に芸術的にカミンします。別に歳を取らなくとも誰でも睡魔に襲われるものでしょう。そして一日中でそんな時の仮眠ほど心地よいものはありません。

最近東京の進んだ会社では気持ちよくソファーなどで仮眠取るのを許す会社が出てるそうだ。今日の役員会合でルミカの女性役員から積極的に仮眠を取って頭をスッキリさせて仕事の効率を上げてもらう制度の提案があった。

それで中洲士郎この提案に悪乗りしてアイパオと結びつけてアイパオカミン(愛包仮眠)の開発販売を思い付きました。

仕様は

4.4㎡のカプセル仮眠室。完全断熱防音で空調機付き。解説ビデオ見ながら社員数名で 1日で組み上がる。

使い方の例

ポケットプロジェクターで真っ白の天井に夜空の星が或いは清らかな水中を魚がそして何処からともなく微かにBGMが流れる。タイマーが効いて20分すると振動が起床を知らせる。これも真っ白の床にマットレスが3枚。両サイドに棚があって各自名入りの枕。利用者の公平を期する為にカンパ箱があってカミン毎に100円を投入して社員パーティのカンパに。

セールストーク

仮眠での士気高揚だけでなく自然や交通災害の備えとして、社内厚生キャンピングに、オフィスの宿泊設備としても使えます。

価格と数量

その性能効能にしてワンパオ僅か17万円(1万元)。開発元のルミカは数年以内に世界で年間10万棟の販売を予定(なんとルミカの現在の年商の4倍)。

これがアイパオカミンの骨組みです。4.4㎡天井高2mこれに床や外装を張って皆さんと一緒に夢の空間を完成させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください