星野焼源太窯(その3)

大連行きのキャリーバッグに源太詩集「蛇苺」を忍ばせました。そこには「ほとほと困り果てていた少年時代」そして思春期の悶えに耐えられず放浪を続け「焼き物」と出会い、「火男」となって炎の中で土くれと詞を融合させる源太の格闘がありました。その2つのアートを確かに造形させた源太と中洲士郎は思春期のほんの一瞬に交錯します。小石原の同じ窯元で「想い」を共有していたのです。

思春期の苦悩を詩作と陶工に昇華させたのが源太だとすると放浪も挑戦も出来なかったのが中洲の忌まわしい思春期でした。思い起こすのも嫌だから封印していたのですが「蛇苺」を読むうちに「ほとほと困り果てていた」あの時代が少しいとおしくなって脳裡に浮かんで参ります。

源太が詩を詠む人なら、滑稽人間としての中洲に恥ずかしながらフワフワ浮かび出す他愛もないアブクの話をさせて下さい。ほんの少しだけ。

少年に共通する関心事と言えば犬や猫、鶏や雀、虫や魚たちです。孤独少年の中洲にはそれに色んな植物が加わりました。

ところが小学校も高学年になると異性の姿が気になって参ります。周りの目があるので彼等異体を一瞬盗み見します。それに対して女子の中には時折じっと表情を変えずにこちらの目を覗く子がいます。ドキッとして 目をそらしました。あの当時は「怪しい肢体を持つ」女子と個人的に言葉を交わすのは勿論、手を触れる機会などありません。今思えば女子の方が異性に関心が深かったのかもしれません。そして大人たちが固く閉ざす扉の向こうの男女の怪しい情交の世界を想像したのは中洲だけではなかったのでしょう。そんな少年時代に直情的に欲情を煽るのが路地裏の卑猥なポスター達でした。

今日のような真夏の太陽がそれも真上から照らし付けて中洲の影が運動靴に収まる時間帯にブラ~リブラリの学校帰りです。思えば今日の学習塾など想像すら出来ない只ひたすら遊ぶのが日課の小学校時代。やっぱり中洲の人生で一番幸せなひと時でした。

大名小学校(福岡市天神)の校門を出て電車道(明治通り)を渡り50m道路(昭和通り)を横切ると目当ての看板がずらりと並ぶ須崎の薄汚い路地に出ます。傍らにはいつもの通りガキ仲間のナベヤマが付いていました。この遊びではお互い気まづいので話をしません。その日の看板は川丈劇場の入浴ショーのドギツイ裸です。ストリップの看板と並ぶセックス映画となると写真に代わって露骨な漢字で欲情を煽っておりまして、ここでは中洲は大人顔負けの漢字少年でした。

その頃封切られたマリリンモンローの「ショーよりステキな商売はない」のポスターが印象的。モンロー出演の名場面地下通風口からの風に煽られたスカートの前を抑えてセクシーに微笑む色っぽい姿もあります。ここで言う「ショー」って先ほどのストリップショーかなと妄想したのを覚えております。

その頃ですよ。モンローとディマジオの2人が新婚旅行で博多にやって来たのは。終戦から9年経って人々は何とか飢えを凌げるようになりました。そんな時に世界一のセクシー女優モンローの来日でしかも来博です。福博の男が狂喜する中で大パレードと中洲ロイヤルで本物洋食物語の開花でした。何と母親若子の妹の良子の亭主ワタナベが進駐軍の関係でモンロー2人に通訳で付き添ったのです。ロイヤルレストランを興したエガシラさんもワタナベの世話になった等、裏道ながら母親若子達の一族も戦後日本の花の山に少し関与していたのを思い起こしました。

日本中の大人にも子供にも薄い靴底から溶けたアスファルトの熱気が伝わるそんな時代。今思えばあの時代大人達を激しく揺すったのは経済復興の熱だけでなくダイレクトなセックスの熱気だったような感じがします。少年中洲達も学校帰りエロ看板でそのセックスの熱気に当てられていたわけです。

映画「禁じられた遊び」が封切られました。

この映画はきっと男の子と女の子が封印された情交の世界に入った物語に違いないと勝手に想像して興奮。結局妄想だけで映画はどれも見ずじまいの小学校時代でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください