アイパオの話(その40)

この歳になっても受験に失敗したり卒業できなかったり失業中の夢を見ます。そして目が覚めて何時も夢でよかった・・・と。昨夜は夢かそれとも現(うつつ)か、床の中で少し面白い新しい仕事を見つけました。

それは「自然農法養鶏」です。

自然農法とは愛媛の福岡正信という篤農家が苦心の末に編み出した農法で「不耕起・不除草・無施肥・無農薬」ながら凄い収穫をあげるという怠け者の夢の農業です。本にも書いてましたが日本の因襲社会は他所と違うことやると即村八分に遭う世界なので開発に大変苦労されました。都会ではあの中村修二さんも同様に泣かされました。そんな環境でも大仕事するんですね。日本人ほど面白いユニークな人間を輩出する国は世界に無いんじゃありませんか。皆さま是非ネットで福岡正信を検索して下さい。日本人であることに何かこう、胸がキューっと嬉しくなります。

自然農法には沢山の「ど素人のインテリもどき」が飛びつくようですが大抵失敗します。中洲士郎も由布院塚原の草原に鍬を入れた時にこれにハマりましたが矢張り失敗で断念しました。実は自然農法は物凄く難しい農法なのです。

昨夜の事です。「待てよ、インテリもどきでも自然農法が成功する方法はないか?」

福岡正信は無施肥と言っても鶏糞だけは推奨しとります。それでアイパオ鶏舎一棟に60羽の鶏飼って一反の休耕田で自然農法を始め荒地の半分づつ交代で鶏を放し飼いしたらどうだろうと考えました。

皆さん一緒に机上プランから実践してみませんか?中洲士郎の失敗は何時も準備不足、作戦不在、日本軍のような運任せに起因しました。だから「失業した時」「何か再挑戦したくなった時」のために前もって机上プランをやって独立カードに記録しようという算段です。その一つ「自然農法養鶏」もカードに残しておきましょう。

先ず農地の取得は都会人の他所者には容易じゃありません。しかしアスキーのように土地に根を張れば「うちの田畑買わんか」の話が沢山舞い込みます。

お米作っても精々手取りは一反(300坪)10万円。1町歩耕して年収100万円。おまけに制約あって誰にでもは土地は売れません。農業仲間取引ですから売価は反当り20万から30万円です。貸しても年1万円位。一般農家は本当に気の毒です。しかしこの経済凍結状態は野心的な農家や都会の若者にとって起業するにはチャンスです。

だが何をどうやるかです。

米作りみたいな重労働は嫌、農薬まみれで虫もカエルも死滅させる農業は許せん。米なら外米買って食べればいい。もっと面白い自然に優しい仕事がしたい。福岡正信の自然農法なら失敗しても素晴らしい自然が蘇る。成功するビジネスモデルができれば都会から若者が農村に押し寄せる。

アスキーに調べてもらうと由布院塚原では今一反25万円4反買えば100万円、5反買えば農民になれる。出来れば5年以上農薬に侵されていない休耕地がいいでしょう。一反の真ん中にアイパオを立てて畑を半分に区切りイノシシが入らんようにしっかり柵をこさえます。

福岡正信の教え通り野菜の種を粘土でくるんだ団子を草むらに投げ入れます。生育を見ながら両方扉のアイパオから鶏を放して野菜や草や元気な虫たちを食べさせます。時にはパン屑や配合飼料も少しだけ食べさせましょう。池もあるといいですね。虫やカエルや小魚の楽園です。

アスキーの実績では鶏一羽当たり年間200個の卵を産みますので一反で12000個4反では48000個、完全地卵ですから今は一個30円ですが20円で売るとして96万円の収入。野菜も出来ますからコメ作の3倍位の反当り収穫ですね。

贅沢は言わん事です。パワハラ上司の会社で苦労するより年収100万円で農業始めたらどうだろう。椎茸も作ってイノシシと鹿の肉を分けて貰って自然農園で来園者にBBQでも食べさせたら年収300万円も可能じゃないか。

嗚呼、中洲士郎も又浪人したくなりました。会社辞めて来年から由布農園で起業しようかな。牛小屋に代わって立派な住居も建つことだし。

由布農園の草むらです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください