裸のウイルス(その17)

ウイルスにとってはスケスケのマスクに特殊マスキングを施して出入りするウイルスを倒す戦法

マスキングの素材はCLO2二酸化塩素。現状ではこれが唯一無二の化合物である事をコロナ蔵元の国立感染症研究所が公表し社会に広く製品開発を促すべき。

それでは先ずCLO2パワースペースの開発から。クリーンルームにキャンパオ2型の応用を思いついた中洲のイカサマ提案に6ヶ月間けなげに従事したのは本体組立でイワモト、CLO2パワーコントロールでドガワ、遠隔モニタリングでヒメノ、時にグッドアイデアのナカムラ都合5名。その平均年齢は70でした。

空間で0.01ppmという極めて薄い濃度の二酸化塩素ガスで99.99%のインフルエンザウイルスが不活化するというデータと0.1ppm以下という米国の二酸化塩素安全使用基準に照らしてパワースペースの仕様を決めました。

三密の場所には必ず、三密でない歩道にもCLO2パワースペースを設置して全身くまなくCLO2パワーマスキングします。三密の場所ではパワーマスクとパワー手袋を介した濃厚接触でウイルス撲滅です。暗い所なら光るパワーブレスもいいでしょう。歌舞伎町で行政が秘密裏に何度も実験するのです。そうすれば人類を破滅から救った街として我等が歌舞伎町、世界中から称賛されることに。

自慢したいのは性能よりもそのコストパフォーマンス。全面透明2層ポリカーボ断熱構造内に照明、空調、加湿、CLO2ミスト噴霧、テレワークのTEAMSが作動するタブレットとドガワ自動濃度制御装置を付けてコスト50万円。直近の大雨でも屁のカッパです。

南海トラフ大地震が予測される中、国からの大量発注!!自衛隊が備蓄した1万棟を災害時に現場に急送。ものの3時間で被災者家族が快適に住める。それが僅か50億円の予算で実現。それでもルミカにとっては年間売上に相当するから大変美味しい仕事。だがそれははかない夢か!?

上に立つ人には相応の責任を自覚し必死で問題解決を思案する資質が求められます。

「避けられない災害なら・・・。瞬時に設置出来る快適な住まいの開発だ」「ウイルス罹患にはワクチン。だがその開発コストと時間が大問題・・・。じゃあ裸のウイルスを倒す方法の開発だ」と。

元来日本のエリート官僚には世界で唯一「お国のため」という美意識と矜恃が有って維新や敗戦の直後など国民が辛酸を舐めた時その愛国心が美しく輝いたそうです。

ど素人大臣の下では大変でしょうけど国難の今こそそのDNAを奮い立たせて欲しいものです。

次回はハリネズミ式ウイルス防護戦法について説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください