裸のウイルス(その23)

昨日10月13日ここ幕張メッセ2ヶ所の見本内会場で小間の設営を終え今日から3日間の勝負に臨みます。

今はやらないが未だ夜が明けやらぬ海に船外機のゴムボートで沖に繰り出し40mの海底に釣り糸を下ろす一瞬の高揚感を思い起こします。

「挑戦!100円で打倒コロナ」がキャッチコピーです。メディカルジャパンの会場でコロナ対策商品を掲げる並いる大手メーカーの心根を騒がせようとの魂胆。

しかしねえ。魚が食い渋った時の難しさと言ったら。当たりが小さくてお日様が海面をギラギラ照らす頃まで釣果ゼロだと「ヤバイ。今回も坊主かな。老婆(ラオポ)の父親に美味い魚食わせたいと言い訳して釣りに出掛けたのに。又港で魚買って帰るのか」

おお!このクリーンルームは凄い。空間のCLO2濃度が常に0.05ppm辺りにキープされるなんて。純粋二酸化塩素水が安価に簡単に作れるスティックか~。凄い発明だ。CLO2パワーブレスもパワースプレイも自分とこじゃ絶対に開発出来ん代物ばかり。まいったな~。大勢のゲスト達の声。

それとも客はフンと鼻を鳴らして海底の魚のようにブースを通り過ぎるだけか。いよいよ勝負の時です。

裸のウイルス(その22)

世界中でとうとう死者が100万人を超えてもコロナはピークアウトしません。死者は更に500万人に増えるだろうとも。特に衛生環境が劣悪で薬を買えない貧困層がナチス・ドイツのホロコーストのユダヤ人のように犠牲になっているとの記述も目にします。

吉村大阪府知事のイソジン事件で今まで想像もしなかった社会の闇、自己保身と金儲けの為なら何でもするエリートとそれに群がるハイエナ族の存在にずっと塞いでおりました。

闇構造だから打倒コロナは一筋縄では参りません。舌が滑ったら大変なことです。この1ヶ月「CLO2ウガイの素」の実験を続けながら何やかや思案しておりました。

この中洲士郎ブログの「裸のウイルス篇」では中洲の本分では無いことに口を出しているようです。ブログにふと足を止めた読者の気分を害しているかもしれないのです。だから「もう書くの止~めた」と。

そんな時です。ドイツ在住の日本人でメイ子さんと言う若い女性の「医者要らず二酸化塩素」のYouTubeが拡散したのです。チャーミングで理知的、ユーモアがあってしかも勇敢。大した日本の若者が出現したものだ。彼女なら支持者を増やして闇陣営との戦いに勝利するかもしれません。これからは陰でメイ子さんの活動を応援することにします。

現代社会では権力を掴んだエリートたちにとって権力外の者にコロナを打倒させる訳にはいかんのでしょう。彼らにとってコロナは彼らの薬・ワクチン以外で終息しては困るのです。だから米国FDAが先頭に立って「二酸化塩素有毒説」を振り撒いております。

ところが現代医学でお手上げの新型コロナウイルスに只同然の二酸化塩素水で信じられない駆除効果が出たとのニュースがネットに拡散しているのです。フェイクだと為政者が警告しても治療から見放された人たちはこの二酸化塩素水を口に含むでしょう。結局。

そして経済力ある者だけにワクチンが為政者からうやうやしく手渡される儀式の前にCOVIDが消えて行ったら世界はどうなるのでしょう。一体全体コロナ騒ぎは何だったんだろうと。政治と薬事医療のもたれ合いの事実検証も始まりますね。だって大半の高価な薬と医療が不要になるのですから。