裸のウイルス(その24)

誰もが今の世を覆う異様な空気に目を覆いTVの抑圧的な注意喚起に耳をふたぎたくなります。悪いのはこんな世相を作り上げた為政者とそれに黙従する大人たち。そしていつもながら犠牲者は安全で楽しい明日を奪われる子供達です。

人や動物の体内や消化器呼吸器系には何千種類もの細菌やウイルスが生息している。どうして今回のCOVID-19だけをそれほど問題にするのか?何でPCR検査だ?ワクチンだ?吉村さんが言うようにウガイして口腔内の病原菌を一掃すれば済むことじゃないのか。その発言を厚労省は裏から何故バッシングさせるのか?

ワクチンが機能すれば愚策も露見せず責任をも回避できましょう。しかし機能せずパンデミックが終わらなかったらどうなりましょう。次のウイルスだけじゃない地震津波の備えはどうなっているのでしょうか?我らが英雄孫さんにお会いできればご意見をお伺いしたいものです。

YouTubeでドイツのメイコさんのチャンネル看ました。彼女の猫がドイツで酷い目に遭って死んでしまったそうです。人間だけじゃないペットや家畜たちも受難の時代です。そんな時代だからこそ彼女のような凄い若者が出現するのですね。幕末の若者達同様、彼らが社会の暗闇を打ち破り明日の日本を切り開いてくれるかも知れません。彼女の動画を添付します。

相棒のドガワさんからタイムリーなメモが机にありましたので皆様と共有しましょう。

昨年10月ドガワ氏の友人の加藤さんの愛犬が病気になってね、自分の病気治療以上獣医さんへの支払いが生じたが結局死にかかっていた。それが例のCLO2パワースティックで見事に生き返った話。

二酸化塩素で人の末期癌が治ったなどの話は禁句だとしてもペット蘇生の話が世間に広まってもお上のお咎めは少ないでしょう。そしてペットや家畜の命が少しでも救われるなら現在の閉塞感が少しは晴れると期待します。以下ドガワメモ。

株式会社永宝(福岡県)の加藤社長からです。加藤さんの愛犬が生き返った話。

犬種 パピヨン(小型犬)12歳病状  昨年10月子宮管詰まりで手術し6日間入院した。費用16万円(保険効かず人間よりも高額)だが退院後も歩けない状態だった。そこで例のCLO2Stickでテストした。水にStickを折って入れてCLO2を20~30ppmの薄い状態で飲ませた。初回はのむのを嫌がったが2回目以降自ら欲しがり逆に普通の水は飲まなくなり程なく病状は回復。現在はとても元気です。考察  動物は二酸化塩素水が自分の身体に必要なことを本能的に察知するのではないか。クエン酸や亜塩素酸塩などが残留すれば不味くて飲まないかもしれない。PowerStickを用いた純粋二酸化塩素水はペットは勿論、牛豚馬鶏などの家畜の飲料水として病気予防に役立つかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください