ケミホタルの話(その2)

4人のお客が代わる代わる好きな釣りの話を続けます。黙って伺っておりますと釣りが彼等の人生すべての様です。

そのうち少し若手の笑顔のいい男がシンミリした口調になりました。「僕は夜の磯で独りケミホタルを点けた浮子を眺めているのが一番好きです。唯ボンヤリ眺めて真夜中の磯辺で時を送って行きます。静かな時間の流れの中に緑に光る浮子がユラユラ揺れて来て沈黙の海中と暗闇にそよぐ磯風の接点でケミホタルが魚との語り合いを伝えす。次にケミホタルが揺れながら暗い海に引き込まれて行って、そーっと闘いの開始を告げるのです。焦る心を抑え暫く合わせるのを待つ。この時が堪らなくいい。ケミホタルのない釣りは考えられません」

彼の話を聴くと最早ケミホタルは我々の商品だとは言えません。開発者の手を離れて誰かに愛されてその人の生活の一部となっているのです。

中洲喜んで答えました。「そうですねお客さん。道具とはそういうものですね。私もこのiPad、いっときも手放せませんよ。確かに2010年4月に世に出たハナはこれに感動しジョブスを尊敬もしたけど今は僕の人生の一部で、開発者とは距離を感じます 。そう言えば昔、ケミホタル発売開始の数年間は世界中から手紙が届きました。写真や新聞の切り抜きも一緒にね。30年程前英国のケンプさんという人がケミホタルを使って25年振りに大西洋マッカレル(鯖)の新記録を釣ったとの知らせもありました。大きな獲物との夜の格闘、仕留めた興奮の様子が伝わってまいります。男女群島でカッポレ(平アジ)の日本記録が話題になりましたよ。どれもケミホタルで釣れたとありました」

夜のとばりが降りると岸辺の小魚を狙って大ダイ、ヒラマサ、スズキが走り海底ではヒラメ、メゴチ、クエなどがゴソゴソ動きます。結構賑やかな夜の海。夏が過ぎると台湾から回遊して来る太刀魚が小アジやイワシを狙って海の中は大騒ぎです。

こんな時はどの魚もケミホタルに興奮しているのか光った浮きにまで飛びつく始末です。そこから餌の近くにもケミホタルを付けて魚を釣るようになりました。世界の海で夜毎に夜釣りが裾野を広げて行ったのです。

「ケミホタルはこの赤ひょうたんのお店と関係あるのですか?」        

「あります。大有りです。この店の二階で5人の男が集まって何時も飲みながらケミホタル開発会議をやったのです。有田のF社の栗本、S製作所の土海、弁理士受験中の藤本、九大助手の福井それと中洲士郎、都合5名、全員技術屋でした」

近くのスタンドバー88で中洲太一と中洲ハルカ3人で飲み会の予定があったので話の途中でしたが人のいい4人連れにいとまを告げました。

88のエリカちゃんは実に魅力ある女性でね、色気を抑えた立ち振る舞い、それにシェーカーを振る時の職人気質の仕ぐさがいい。ファンが多く大抵満席です。

ニューヨークのソーホーにはミュージカルのオーディションに臨みながら夜はバーでアルバイトに励む娘達の姿があります。人生とは演技なんでしょうか。娘たちを見て中洲ヨタヨタするなと自分に言い聞かせます。「今夜の俺はハンフリーボガードだ」とばかりに背筋に張りを付けてオーダーするのは大抵塩で縁取りされた極冷えのウオッカです。

先程の店の4人連れのことを振り返ります。そんな画期的なケミホタルが (実はイカサマでね) と告げたら彼等釣り師の夢をぶち壊すでしょうか。物事の真実って一体なんだろう。

特に発明発見ストーリーはどう伝えればいいのでしょう。思うに発明発見とは大抵(パクリのリレー)なのに我々はそういうものに泣いたり笑ったり嫉妬したり感動しているのではないでしょうか。まあ「イカサマ」だろうと軽く受け止めて貰えると救われますが「大したものだ」と思い込まれたら辛いものがあるのです。

そもそも今回のブログのテーマは日立の技術者とのツーショットから始まったのです。

ケミホタル開発に5人の技術屋が集結したのですと4人の釣り人に語りました。優秀な技術屋と匂わせたのです。その方が筋が通ります。実は5名に共通しているのは学歴が幅を利かせる社会に不満を持ち(即ち一流大学に入れなかった)組織に順応出来ずに日を送る落ちこぼれだったのです。

さて偉大なケミホタルの発明者は誰だったのかどうして生まれたのか綴ってみましょう。

ケミホタルの話(その1)

老婆(ラオポ)にとって「赤ひょうたん」はトラウマで近づこうともしません。それが士郎の母親若子が死んで5ヶ月後若子の88歳の誕生日にその若子の店「赤ひょうたん」を士郎が再開してしまったのです。2014年の春のことです。若子鎮魂と言う建前でね。これはその時の物語の一つです。

   赤ひょうたんに4人連れの客があり中洲士郎に幼友達に巡り合ったような親しみの目を向けました。店の飾り窓に白いマーカーペンで「ケミホタルの里」とあるのを見て店に入ったそうです。

「この店、もしかしてケミホタルと関係があるのですか?」何か宝物でも探り当てたかのように嬉しそうな笑顔を士郎に注ぎます。一方の士郎は隠し置いたルアー(疑似餌)の魚信に微かな笑みを漏らしました。勿論好人物らしき4人連れにその士郎の表情の変化の意味をくみ取れる筈はありません。

    全国に釣りを少しでもかじる人の数1200万人位の中で夜釣りを楽しむのは限られます。100万人位としましょう。その人達は殆どケミホタルを知っています。多分このケミホタルが世界に夜釣りを広めたのでしょう。

人間に与えられた楽しみの一つが道具を手にすることと新しい道具を工夫することです。孤独な幼児が竹笛を鳴らして野鳥と会話を始めるように誰しもそうやって道具を手にして人生が始まり短い一生を終えるのでしょうか。

アメリカ自然史博物館、ここをウロつくと人間と道具の関わりが沢山の仕掛けに物語られています。中洲士郎ニューヨークに行くと大抵一日ここで遊びます。連れの女性が博物館散策が好きだったらその人はきっといい女です。

      色んな道具の中で釣り道具は特に面白い。同じ空気中の生き物じゃなく別世界の水中の獲物の姿を想像して捕獲するのですから刺激的だし知恵がいるのです。誰よりも優れた道具が欲しくなります。だから釣り道具にはその時代の最先端技術が詰め込まれているのです。

少々値が張っても、見合う獲物が取れれば道具は直ぐに売れます。面白いことに現代でもナイフで削り出した棒一本が釣りビジネスになるので起業の一大宝庫であります。青春のひと時「一旗上げたい」と思うのは人の世の常、例えその一歩が踏み出せずともです。

中洲士郎もその一人でした。ローレライの妖精の囁き「起業しなきゃアンタ後悔するよ」に乗せられ小舟を手のひらで漕ぎ出してしまったのです。一家の命の支えである毎月の銀行振込がピタリと閉じられる恐怖の世界です。

とにかく漕ぎ出しました。

破滅の予感です!実は自分には人も金も技術もない紛れもない素寒貧でどうしようもないトンマだという認識があったのです。

神戸の港からフェリーで故郷の博多に戻る前のいい加減な独立プランの一つが釣具それも夜釣りの光の開発でした。大それた実現出来る筈のない企画、今思っても背筋が寒くなる舟出だったのです。

生まれ変わっても絶対こんな真似はしません。ああ幸いに人は生まれ変わることがないから安心です。

   そしてその恐ろしい起業の話をする機会を伺って「ケミホタルの里」という疑似餌を仕掛けていたのです。

酔客の一人が目に止めて朦朧とする脳裏に「ケミホタル」と手書きして「ケミホタルだと?」と呟きながら店に入って来る筈でした。

 だが実際に入って来たのは酔っ払いでなく40歳位の女性一人男性3人の真面目な連中でした。皆無類の釣り愛好家だったのです。そして会話が始まりました。

「ケミホタル」の話です。(続く)

ケミホタルの話をしましょう

ずっと出張が続いておりました。昨日大連から成田に着いてビッグサイトでのスポルテックショーに大連でこさえたバンバンライトを展示しました。今日はもうくたびれ果てて着陸した福岡空港からヒメノさんの運転でお互いの棲家二日市に向かっております。

「何とかBi見逃サーズをヒットさせたいなあ。この前の18日からのメンテナス展どうやった?」「こいつは凄い。あんたんとこの会社の株買っとくべきやった。安いなあ。どうしてこんな値段で出せるの?味噌樽の中覗くの大変でね。脚立は危ないし。これなら楽だ。すぐに買いたいな。そんなこんなの凄い評判でしたよ」運転中のヒメノさんの話に疲れが吹っ飛びます。

そう言えば宿題を忘れていたのを思い出しました。ブースに日立のエンジニアがやって来て「こんなモノ出されたらもう参ったな」「すみませんねえ。ウチは釣り道具屋だから竿は得意なんですよ」「会社は初めケミホタルってもの出しましてね」「えっ!ケミホタルだって?僕はその大ファンよ」彼暫くして県庁の釣り仲間とやらを連れてきて「記念写真撮らせてよ。ケミホタルの発明者と一緒のところを会社のブログで紹介するんだ」だって。

そうか中洲士郎はあのケミホタルの発明者なんだ。これってこの前の勲章よりも凄い誉れです。そしてお二人にケミホタルのカタログ送るって約束していたのを思い出したのです。

ついでに明日はそのケミホタルの話の一つを皆さまに紹介させて頂きましょう。

首から吊るしたタブレットには天井裏に隠れたあらいぐまが写ってます。