アイパオの話(その12)

「中洲流遊説術」なるものの話を聞いてください。中国語の単語に「老婆」と「老公」があります。ラオポーとラオコンと発音します。永く連れ添った二人が「ねえあんた」「なあおまえ」と呼び合う言葉でしょう。この親しい呼び掛けも語尾が下がるとヤバくなります。

「ねえあんた   今年は30万円づつ3回預金が下ろされてるけど一体何があったのよ。」

「・・・・」

「ウ~ン。チョットだけ人助けでねえ・・・」

我が老婆も知っている相手だ。由布院で亭主に先立たれ残されたちっぽけな食堂で命を繋いでいる老婦を援助しているうちに夜逃げされて焦げ付いた金です。

「大概にしなさいよ。あんたは人を見る目がないんだから。何よ他人にばっかいい顔して」とまあこう言うのはウチのラオポーだけじゃありません。

しかしこういう時に

「そ~かあ。まあ仕方ないよ。あんたには人を見る目が無いから私と一緒になったんだよね」とでもジョークが出れば男は痺れてもっと恐怖を覚えますが。

だが男の場合は修羅場でジョークの一つが出るか出ないかで値打ちが変わるのです。中国古代史でも一番面白い下りが「我が舌を見よ、まだ有りや否や」でしょう。

史記(十八史略にも)に司馬遷が語るのが戦国時代の遊説家張儀の話です。魏の人、張儀が南方の楚国に遊説に出かけて酷い目にあわされました。大怪我を負って帰宅した時かみさんが張儀を怒って「おとなしく百姓しとけばいいものを柄にもない遊説などしおって」とか何とか言って亭主をなじります。とその亭主張儀がぺろッと舌を出して言うセリフが「我が舌を見よ・・」です。そして又遊説に出て連衡策即ち楚斉燕韓魏趙の六国を秦に仕えさせて秦の覇権を成立させるのです。2000年以上も前の夫婦の話面白いですね。

しかしウチのラオポーは張儀の嫁はんよりも更に凄いようです。茨城での作戦中に諜報員を送り込んで来たのです。策略家中洲もこれには驚きました。4月15日の夕刻でした。老婆(ラオポ)の従兄弟の営造が何年振りでしょう突然電話を寄越して「自分は今被災地救援に来とるが伯父さん今何処だ」と聞く。そしてわざわざ茨城までやって来て我が一夜城のパオを見おったのです。そして「こりゃ凄い」と抜かす。

17日着替えを取りに帰宅した亭主に老婆優しそうに笑いかけて「お前さん被災地でトイレ作ってんだってね。営造から聞いたよ」これは油断がならぬ。そして更に続けて「それで16日は何処に泊まっとった?」

アクセスの速さとITの進歩で世のラオコンにはラオポーから隠れる場所が無くなってしまいますね。

アイパオの話(その9)

4月4日の記録です。東北震災救援で小生意気なミキに遅れをとって気が焦っておりました。アイパオが形にならず未だ救援トラックは出発できません。ここ福岡のホームセンターでさえ復興資材機具の類いが姿を消してアイパオのセッティングに難儀しているのです。

そんなモヤモヤの中、このところの花冷えが凍えた今冬を思い出させます。桜は五分咲き。そして直に爛漫の春がやって来るのです。

そんな時節にあの男北川安洋が逝ってしまいました。4月2日に亡くなり4日はお通夜です。79歳でした。春の宵のこぶしの花の手招きに誘われて旅立ってしまったのです。この世からまた一人いい男がいなくなりました。

一代で世界的な疑似餌(ルアー)メーカー・ヨーヅリを立ち上げた北川安洋には老弱男女を問わず彼を知る人は皆ファンになります。会社が不振で解雇になった連中さえも彼を慕いました。特に女性、中でも水商売の人なら一目で惚れ込んでしまいます。風貌は<7人の侍>の志村喬を彷彿とさせ若い時、空手や陸上競技で鍛えた逞しい身体に大きな口と人懐っこいギョロ目、魚ならアラの大物です。

「男がいい男を論ずるのはお止め。それは女の仕事よ、そして私のね」とは向田邦子の言葉でした。だが中洲もいい男を論じたいです。無骨で笑いが爽やかで口数少なく日本酒をいっ時も手放せない男です。

それでいて突然「士郎さんよ、わしは最近好きなおなごとでも続けて2度はやれなくなった。衰えたもんだ」と呟いたりするのです。一瞬周りに身内が居ないかと心配しました。まるで小学生が小便を遠く飛ばせるのを自慢するような調子でした。あっけらかんとした色恋なんでしょうね。多分彼を惚れた沢山の女性達は「焼きもち」とか「恨み節」など抱かないのでしょう。ほんのひと時でも一緒に居てくれさすればいいと。

あの開高健にして西に男あり北川安洋と言わしめました。かの越国の美女西施のひそみに倣い彼の飲み方を真似するも中洲では到底様になりません。それでもあんな雰囲気の男になりたいものです。

亡くなって2年が過ぎて生きておられれば80歳の誕生日の2013年暮に登美子夫人から冊子が送られてきました。題は「洋々と行く」。安洋の半生が綴られております。彼を愛して止まなかった人たちが思い出を書き残しました。中洲のようにブログを書かなかった北川安洋の茫洋たる人生を語り継いで貰いたいもの。そんな冊子があること知っておいて下さい。そのうち機会があって登美子夫人の許しが出たらこのブログに冊子のPDFを貼り付けますね。

不思議ですねえ。色んな人物と母親の中洲若子とに接点が生じます。

「佐賀の武雄にいいお客様がいてそれはいい男。奥様も小粋な綺麗な人でねえ」中洲若子の夢を壊しちゃいかんので「その人はワシの友達だ」とは言わずにいますと「あ~あ。ひと時でいいからあんな男の妻として世話焼きたかったなあ」己の不憫をいたわるような口調でした。

然し商品開発だけは簡単には彼に勝ちを譲れません。彼は物作りにこだわりました。そしてモノとは矢張り実際に存在するものから派生しております。中洲士郎はこれからずっと皆さんと蛍の夢に誘われて珍奇な発見と妄想に溺れて参ります。但しそれは未だ誰も見たことがない代物なのです。既にあるものはいくら手を加えても商売になりません。それが中洲の持論です。商品開発も北川安洋と違うやり方をしましょう。女性にモテるのは諦めて。

ヘルシンキにて

皆さ~ん。とお声掛けします。この歳になり初めて社内ブログを公開してみて思案すること沢山です。

最近ちょくちょく「ブログいつも読んでますよ」と社外の人に言われます。するとご当人に対して恥ずかしさと奇妙な嬉しさを伴う微妙な親近感が湧いて来るのです。逆にその結果このところ1ヶ月ほどペンが動かなくなってしまいました。

正確な情報を敢えて書き換えるのと、間違った情報を書き連ねる事は全く別物。となると自分の経験してない事はしっかり取材して裏付けを取らないといけません。それに人様に読んで頂くとなるとヤッパリ文章力です。暑い暑いといっても既に9月に入った夜更け、何の気はなしにiPadで青空文庫から大正昭和の小説をめくるうちに岡本かの子の短編小説「老妓抄」にたどり着きました。とにかく上手いのです。読者をグッと作中に引き込み、読後各自各様の人生にそんな「老妓」がチラリと姿を見せます。

中洲の場合は「中洲若子の話」で母親若子が駆け抜けた昭和を記す積りです。じゃあ若子とはどんな女だったのか。昭和とはどんな時代だったのか。彼女の何を残したらいいのかを「老妓抄」から思い起こすうちにこれも描けなくなってしまいました。

それに岡本かの子の語彙の豊富さと文章の艶。文豪だから当然といえば当然だが中洲の下手なブログに1分でも貴重な時間を浪費させられた読者は堪りません。それでも世間に恥をさらしながら老婆(ラオポ)に毒づかれながら「美味い話」を一つ遺してみたいもの、そんな気持ちで「岡本かの子」にも「菊池寛」にもしばらく痺れておりました。

実は中洲に唯一自信がある主題と言えば「夢追う老人の他愛ない発明発見の話」です。これだとブログとしては無難ですね。しかしこれだって過去の発明ならある程度正確な時系列の中で記述しないとまずい事になります。

それもあってこの9月23日から30日までの欧州出張中にフランス人エリックをミュンヘンに呼び出し彼の側から化学発光物語を吐いてもらいました。場所はオクトバーフェスタの大喧騒のテントの中。英語フランス語日本語のちゃんぽんをアイフォンに録音しました。酔って宿でメモに抜き出し時間軸に整理すると言う涙ぐましい努力です。

皆さん、作家という人たちは大変な努力家なんですね。それって読者に読ませる為もあるけど実は自分が読んで面白くて仕方ないからじゃないかと思います。  中洲士郎も少しだけ作家気分でブログのための取材旅行を楽しんで感じた次第です。

オクトバーフェスタ2018

足跡その2

皆様。中洲は相変わらず老いた働きアリです。本当は今日帰国して明日は由布農園でログ牛舎建設打ち合わせの予定でした。それが急遽明日から深圳出張が組み込まれてしまいました。

ブログはというと開発物語をサボってこの1ヶ月三文作家のまねごとをしております。どうにか「青山功夫の話」と「中洲若子の話」では農業で言えばやっと荒地を耕したところです。2人の人物どう活写したものか想が浮かび上がるまでここ暫くは本業に戻り開発談義を再開することにします。

昨日のブログでまた年寄りの嫌味な繰り言を書き連ねてしまいました。今朝は会社の寮がある旅順藍湾(ランワン)マンションの広い公園をぶらぶらしました。思い起こせばここに入居したのは2012年5月。前の総経理がクーデターを起こしルミカ大連乗っ取りを始めたので彼らと戦うための根城がこのマンションでした。

それで初めて中国でのマンション事情に触れたわけです。最近耳にするのはマンションの一軒家主にとって1000万円の投資と言えば大金。マンションが痛んで値打ちが下がるのも気がかり。そんな時耳にするのは日本人の評判です。日本人に借りて貰うと売る時手入れが行き届いて直ぐに売れるし条件もいいと言うので管理会社も喜んで世話してくれると聞きました。ルミカの皆さん入れ替わり立ち替わりだけど誰も部屋の掃除洗濯が行き届いて大連市内のホテルより余程快適です。

今日の土曜日独り腕によりを掛けてチェリージャムの豚角煮とハルピンの奥山で採れた本シメジのカレーを作りました。夜は2号館の山手君冷たいビールを手にここ6号舘にやって来て2人で晩餐会。勿論後片付けは山手君がしっかりやってくれました。

足跡

大連ルミカでヤマテさんと激しく仕事をしております。旧工場から新工場移設作業の中で生産工程どれをとっても40年ひたすら進化を拒絶してきた姿がありありで2人はそこかしこで絶叫しております。

「ケミホタルの話」で縷々語りましたがルミカはその出生に問題があったために命令系統が曖昧のまま人員が増えました。生産現場というのは地層のようにその会社の技術開発の風土が映し出されます。ルミカには製造責任を自覚した「長」がいなかったのです。

これはルミカの生産現場に限ったことではありません。己の責任を認識して毎日それを反芻する「長」の下なら人は育ちチームは大きく成長を遂げます。しかし現実社会では平気で真反対が横行しているようです。そんな職場では明日が見えません。そして朝の出勤が辛くなるのでは。

本当ならルミカは日本を代表する会社になれたのに。しかし幸いルミカは生きております。40年経って漸くくびきから解放された今、これからルミカは明日に夢が託せる会社になれるような気がしました。

後々嘗ての自分の職場に人が足を踏み入れた時そのすがすがしさにウットリするといいなあ。

30年の代物。新工場でまだ働きます。

ケミホタルの話(その1)

老婆(ラオポ)にとって「赤ひょうたん」はトラウマで近づこうともしません。それが士郎の母親若子が死んで5ヶ月後若子の88歳の誕生日にその若子の店「赤ひょうたん」を士郎が再開してしまったのです。2014年の春のことです。若子鎮魂と言う建前でね。これはその時の物語の一つです。

   赤ひょうたんに4人連れの客があり中洲士郎に幼友達に巡り合ったような親しみの目を向けました。店の飾り窓に白いマーカーペンで「ケミホタルの里」とあるのを見て店に入ったそうです。

「この店、もしかしてケミホタルと関係があるのですか?」何か宝物でも探り当てたかのように嬉しそうな笑顔を士郎に注ぎます。一方の士郎は隠し置いたルアー(疑似餌)の魚信に微かな笑みを漏らしました。勿論好人物らしき4人連れにその士郎の表情の変化の意味をくみ取れる筈はありません。

    全国に釣りを少しでもかじる人の数1200万人位の中で夜釣りを楽しむのは限られます。100万人位としましょう。その人達は殆どケミホタルを知っています。多分このケミホタルが世界に夜釣りを広めたのでしょう。

人間に与えられた楽しみの一つが道具を手にすることと新しい道具を工夫することです。孤独な幼児が竹笛を鳴らして野鳥と会話を始めるように誰しもそうやって道具を手にして人生が始まり短い一生を終えるのでしょうか。

アメリカ自然史博物館、ここをウロつくと人間と道具の関わりが沢山の仕掛けに物語られています。中洲士郎ニューヨークに行くと大抵一日ここで遊びます。連れの女性が博物館散策が好きだったらその人はきっといい女です。

      色んな道具の中で釣り道具は特に面白い。同じ空気中の生き物じゃなく別世界の水中の獲物の姿を想像して捕獲するのですから刺激的だし知恵がいるのです。誰よりも優れた道具が欲しくなります。だから釣り道具にはその時代の最先端技術が詰め込まれているのです。

少々値が張っても、見合う獲物が取れれば道具は直ぐに売れます。面白いことに現代でもナイフで削り出した棒一本が釣りビジネスになるので起業の一大宝庫であります。青春のひと時「一旗上げたい」と思うのは人の世の常、例えその一歩が踏み出せずともです。

中洲士郎もその一人でした。ローレライの妖精の囁き「起業しなきゃアンタ後悔するよ」に乗せられ小舟を手のひらで漕ぎ出してしまったのです。一家の命の支えである毎月の銀行振込がピタリと閉じられる恐怖の世界です。

とにかく漕ぎ出しました。

破滅の予感です!実は自分には人も金も技術もない紛れもない素寒貧でどうしようもないトンマだという認識があったのです。

神戸の港からフェリーで故郷の博多に戻る前のいい加減な独立プランの一つが釣具それも夜釣りの光の開発でした。大それた実現出来る筈のない企画、今思っても背筋が寒くなる舟出だったのです。

生まれ変わっても絶対こんな真似はしません。ああ幸いに人は生まれ変わることがないから安心です。

   そしてその恐ろしい起業の話をする機会を伺って「ケミホタルの里」という疑似餌を仕掛けていたのです。

酔客の一人が目に止めて朦朧とする脳裏に「ケミホタル」と手書きして「ケミホタルだと?」と呟きながら店に入って来る筈でした。

 だが実際に入って来たのは酔っ払いでなく40歳位の女性一人男性3人の真面目な連中でした。皆無類の釣り愛好家だったのです。そして会話が始まりました。

「ケミホタル」の話です。(続く)

暑い夏の夜には

仲間たちをビッグサイトに残して1人帰福です。ホンダの愛車で空港から我が団地に到着したのは7時も過ぎていました。

明日から又出張で今度は上海です。髪が伸びて何ともスッキリしません。そうです今日は散髪の話です。

日常で頑固に変わらないのが散髪でしょう。誰しも散髪の物語すれば一冊の本が出来上がりますね。何しろ月に一度の散髪だけは巷に溢れる品物みたいには変えられないのです。

だがこんな時間に「花花」が店を開けてるはずがありません。6時半にはたった1人の店員鈴木君は帰宅します。半分諦めて電話してみたらマスター「いいよ。店閉めて書き物してるから開けよう」それでUターンして店に飛び込んだのは7時半でした。

ここでの散髪は摘む方も摘まれる方も慣れたもので15分とかかりません。客の誰しもこの散髪の間の他愛もない会話が店を変えられない訳の一つでしょうか。

「店閉めとったのにゴメン。何しろ明日からの出張、むさ苦しくてやりきれん」「いいよ。暇で絵を描いとっただけやから」「ふ~ん。相変わらず下手な絵描いとるの?」「始めて5年になる。それが人に勧められて県展なんかに出したらみんな入選してしまうんよ」「水彩の風景画やったよね」「今は油絵で仏像画ばっかり」「仏像画ならワケありだから審査員も簡単に落とせんかもしれんな。どうして仏像画なんか描き始めたの?」「宝満山のカマド神社に行って観音様描いたら自分でも上手く描けたの。それで他人に見せたくなって店のお客の1人に電話して見せに行ったの」ここまでの話は実のところバカバカしくて調子だけ合わせていたのです。

この後話が怪しくなってきて思わず背すじを伸ばしました。その散髪のお客の旦那、マスターの絵を見るなり泣き出してしまったという。観音様の顔がつい最近亡くした妻にそっくりだと言うのです。勿論マスターはその奥さんに会った事もないし亡くなったことも知りませんでした。それで哀れになって旦那に絵を呉れてやったら毎日大切に拝んでいるそうです。人伝に話を聞いた人に頼まれて仏像画を描いては上げること数十枚になったらしい。

絵心ある中洲には「下手な絵を描いて貰って飾る心境」が理解できません。ところが話に乗ってきたマスター、まだ客の髪をつみ終わっていないのに僅か2脚の散髪椅子の小さな店に奥から大きなキャンバスを次々と5枚も運び入れて来ました。今描いているのは3尺X6尺2枚のキャンバスに牛と岩盤に乗った2体の仁王像がお数珠で繋がれている様で更に3枚描いて都合5枚の屏風仕立てになるそうです。どの仏像も巧みな陰影の中で生身の人間に代わっているようです。勧められて今度は日展に出すらしい。信じられん。身近にこんな親爺がいるとはねえ。

ついでに写真帳の中の例の観音様の絵を見せて貰いました。淡いオレンジとピンクの絵模様の中の観音様は福よかな微笑みを湛えたいいお顔です。

どうも何かが中洲にこんな絵を見せるために時空を設定したのでしょうか。妻を亡くして悲嘆に暮れる亭主にその妻が観音像を描かせて届けさせたように。

暑い夏には怪談が付き物。西鉄朝倉街道駅から歩けば10分位。店の名前は「花花」です。

5歳の子供

7/14(土)22歳のその娘は博多の中洲でバーやっておりました。店がどうにか軌道に乗ったので祖母の元に預けていた息子を店に引き取ります。

母親として振る舞うのは初めてのこと。ぎこちなく「電車に乗せてあげよう」と息子を西鉄急行電車に乗せて天神から春日原の大神家に向かいます。息子は生まれて初めて乗る急行電車、車窓の街の景色がどんどん後方へ移るのにおどろきながら女性を観察します。地味な和服に身を包んでいます。「大きい姉ちゃん」と呼ぶのも憚られかと言って「かーちゃん」と呼ぶのも恥ずかしく生まれて初めて誇らしくウキウキしました。春日原まで立ったまま、母親はずっと窓の外を眺めて無言でした。昭和24年の春中洲士郎5歳になったばかりでした。

あれから70年。筑紫野のイオンモールの3階。前を歩く息子夫婦とワガママ一杯の5歳と7歳の孫を見ながらあの時の記憶が蘇りました。「今日は金持ちの爺ちゃんにおもちゃを買ってもらうのだ」と連れ出されております。

AX2018ロス漫遊記・何事にも動機があって

台風一過、10日間の米国出張に出発です。

目的の一つはアニメエキスポ2018ロス出席です。2つ目はBiRodシリーズのCES2019出展準備とネット通販立ち上げです。ルミカの流れ特に海外展開を大きく変えたのが一昨年のこの見本市2016年7月2日からの4日間でした。噂には聞いておりました。「海外で日本文化、特に漫画文化が凄い人気だ」と。当日ロスの街を埋め尽くしたコスプレの群れの殆どが日本発のキャラクターです。後々下手に先見性を褒められると困るので出展の動機を明確にしておきましょう。

これまで海外見本市といえばフォローもしませんから出費だけの下らない浪費でした。(それは日本の会社全般に言えることです)「ルミカ社員は誰でも海外の見本市で物販して出張費用稼いで見聞広めることだ」「アニメエキスポなら物販できるぞ。これだ」それが動機でした。

技術立国の看板を下ろした日本が漫画で世界の若者の心を掴んでいるのですね。2017年は中洲は欠席しましたがルミカブースを公約通り8小間に広げてオタ芸教室開催、見本市会場の花形だったそうです。

何はともあれ2016年中洲の傑作写真集をご覧に入れましょう。

好きなことをやる

久しぶりに会社でくつろぐ。何とも身体が重い。仕事したくない。そんな時は好きなことをやる。中洲が好きなのはジャム作り。先ずジャム工場の掃除から。半年以上ジャム工場は埃をかぶっている。その掃除に1時間。次第に体が軽くなる。

ルミエールに頼んでいたポッカレモンを1ダース受け取りホワイトリカーとブランディを購入。

さあチェリージャムとチェリー酒作りの開始です。

今日はこの楽しい仕事をしたらいっぺんで身体が軽くなり頭のモヤモヤも消し飛んだのです。楽しいことやるのがレクレーションですね。


夜が更けて。カミウラ牛乳で作った奇跡のヨーグルトにチェリージャムです。史上最強のコンビに糖質カットの中洲は戒を破りました。実に美味い。至福の美味さですよ。