究極のビジネスモデル

イスラエルのガザ地区からイスラエルへ三発のロケットが打ち込まれ
イスラエルが強硬に反撃した。

この前ガザ地区を目の前にしたばかりだ。
イスラエルがどれだけパレスチナに
経済援助、難民保護をやってもお手上げだとYUVALが嘆いていた。
要するに政治と宗教が悪いから人民が生きていけないのだと。

それでYUVALに「RENT A DOLLAR PROJECT」の話をした。
これはアイパオ事業で中洲が艱難辛苦の果てに編み出した
究極のビジネスモデルなのだ。
YUVALに2年後から一緒に始めようと誓う。

もしもあのスティーブ・ジョブスが生きていてこの話を聞いたら
ポンと100億円差し出すことだろう。
スティーブなら必ずシリアの難民救済に乗り出すね。

当初中洲は
アイパオを多目的簡易テントハウスとして売り出すつもりで、
幕張の農業展にも出展した。

その失敗から学んだのは

★売価がどんなに安くとも見本は仕上げに金をかけて
顧客を惹き付けんといかん。

★買いたいとの数件のオーダー有ったが対応する術がない。
「確かに良い製品と優れたコンセプトだが商売にならない」
「首都圏大震災起これば緊急の住まいが絶対不可欠だが
行政は目を向けようとはしない」

そこで編み出したのがニュービジネスだ。

何事も寄付じゃいかん、人から憐れみを受けるのは良くない。
それで文無しに1日1ドルで家を貸して
3年経ったらテナントに1ドルで売却するのだ。
賃料の30%はルミカの利益になるという究極のビジネスだ。

テナントはロフトに家族5人で住んで
一階でラーメン屋でもBARでも、野菜作っても魚干しても
1日最低1ドル稼ぐビジネスを始めなきゃいかん。
要は家と仕事を提供するのだ。

東日本大震災でも避難場所で本当に困った。
どうせ行政は責任回避で何事にもケチを付けるだけが仕事。

彼らに聞いてやるといい。
「家の定義は何か」と。

「モンゴルでは数百年も風速60mでパオは耐えているよ」とね。

パンケーキ

福岡の大濠公園のボート乗り場にロイヤルコーヒーショップがある。
2階はロイヤル発祥の「レストラン花の木」だ。
ヨコちゃんと一度だけデートで利用したが、
振られた。

コーヒーショップで
バナナが乗った美味いパンケーキを一度食べて感激。
次にセグチ女史を落とそうと彼女を誘ったら
パンケーキはモーニングだけのメニューで口に入らなかった。
多分それで又、振られた。

歳だなあ。その失敗忘れて
今日は故友人の妹家族7名を招待しての
パンケーキクリスマス会を挙行した。
ランチタイムだ。
又してもパンケーキはテーブルに出ず
代わりに不味いピザが並んだ。

妹家族の3人の小学生孫たちは実にいい子で会うのが楽しい。
彼らも何時も中洲に会いたがっているそうだ。
今日の話題も最近の発明と失敗談、
それに可愛いレナちゃんが発見した
ルミカボディペインティングのキックオフの報告。
彼女本気で「自分がやりたい」って。

案外この小学6年の美少女「やるかも知れんぞ」
フランス人の父親め、
捨てた娘が美少女アイドルでデビューしたらどうするのって、
中洲又妄想する。

酪農について

今日の土曜日は寒くて小屋作りが進まない。

由布姫も寒そうです。

約束の上浦さんがあの美味いパスチャライズ牛乳携えて
SOHO1号(ゲスト小屋)に入って来た。

諸君先週買ったあの薪ストーブが暖ったかくてね。
新澤さんとアスキーも薪火の前で格別のミルクコーヒーを楽しむ。
諸君も凍て付く冬、友と連れ立って
この小屋で音楽聞いたりお喋り楽しむといい。
冷蔵庫には上浦さんのミルク、
ストーブの上にはドリップケトルが湯気を立ててるよ。

さて上浦さんと2人になって
上浦さんの酪農人生のくだりを聞くことに。

先ず上浦さんってのはユル・ブリンナー調に頭を剃った大層な男前。
建築屋とコックの職を捨てて、北海道に酪農修行7年。
そこでタレントの田中義剛と知り合い、北見で原野に牧場を開く。
(家でネットで確認したが)
田中事件に巻き込まれ、ここを逃げ出し大分に6年前やって来て
酪農6次産業を始めた由。

北海道で検分した酪農の実体は
酪農組合に破壊された不潔極まりない滅亡産業である。
(牛乳の不潔さは一度聞いたらもう市販の牛乳は飲めなくなる)
そこで少ないが牛を可愛がって清潔な搾乳をやる誠実な酪農家に倣い
酪農組合に加入しない独立酪農家での生計を目指しているのだ。

これが大変、至る所で組合の圧力と嫌がらせを受ける。
諸組合に見られるムラ意識、
そしてこれこそ日本の歴史的な恥部だ。

元来のオッチョコチョイ中洲士郎、これを聞くと血がたぎってくる。
俺も酪農組合と闘って本当の乳製品を作って
世間に警鐘を鳴らさんといかんな。

「あんたは何でも直ぐにノボせるからねえ」
ラオポが言うのは分かっておるぞ。

誕生プレゼント

今日は2つのインスピレーションの話。

最近東京から福岡行き金曜日便は全便ほぼ満席。
往復6万円位もの運賃、世間は余程景気がいいのだろうか。
それでホテルリンクスから直接空港に向かう所、
勿体無いから支店に立ち寄ることに。

何件か打ち合わせ終えて
支店の出口のカウンターで美女に眼くばせしようとしたら
アッコとコムロさんに捕まり立ち話になる。

ここでケミホタルの宣伝衣装の写真を見せられる。
光るスカートのイメージでLEDと電池ボックス仕様。
そりゃないよ。
ここは秘密兵器粉末発光シートだ。

これで行こう。
ピンク、ブルー、グリーンのグラデーションが幻想的だよ。

第2話は羽田空港。空席待ち結局3時間だった。仕方ない搭乗ロビーをうろつく事に。偶然だが久しぶりの第1空港には羽田空港伊勢丹がある。50歳近い女性店員さん。わかってる分かってるよ。上手いんだな頃合い見て愛想良くね。(ヒヒ爺いが若い女にプレゼントだろう、こいつはカモだと)
そうだ今日は長女の誕生日だ。2人の障害児の育児に疲れ果ててか昔みたいに親爺に噛み付かず幾分優しくなった。それはそれで寂しいもの。変な物買うと昔から怒られるし。あれもダメこれもダメ。そしてネックレスの前で足が止まる。

と・・・あの女店員さん、頃合い良しと側に寄って爺いの目先の状況から。あからさまに口には出さず(どうもお相手は若い女性ですね?)「いやあ娘の誕生日でね」「二十代でしたら・・」「いやあもっと上」「三十代なら・・・」「もっと上よ。もうすぐ・・ええっと。そうかもう直ぐ50代か」「まあっ。私と同世代!?」10金の細くて小さな石の輝き(ヤバイ少し高い)「これいいですねえ。私も大好き」「じゃあ、これにしようか」彼女、自分が店員である事忘れたように「ああ〜。娘さんが羨ましい」って。これも営業言葉かな。

賑やかな本社忘年会で娘に愛のプレゼント。中身わからずに嬉しそうだった。そして彼女からプレゼントのお披露目は遂になかった。

サラリーマン人生

諸君こうやって数日遡って日報書くことは
事態を反芻するって事になる。
それは出来事を再思考する事になるんで、本当に大切な事かもしれん。
もっと早くからやってりゃもう少しマシな人生送れたかもね。

それでこの日はアリちゃんと大崎の一等地にそびえるSビルに
TA社の専務を訪問しての挨拶、面談だ。
来春のご退任に伴う未遂案件対策で
改めてDUAL二酸化塩素のリリースが問題となった。

混迷するドイツTA社も難しい。
わしゃこの人格者の専務に従って「義理と人情」を行動パターンの背景に置く

大企業に身を置けば世間体はいいが
就職の初めは気遣いばかり
出世競争の末路定年は余程哀れだ。

去就に少しは自分の意思が通せる中小企業も捨てたもんじゃないね。

超新星

今日のNB開発は
遠賀からオーノ・イワモト組が古賀にやって来て、iPao組立開発。
アッコのフイッシングショー ブース設営に応えるもの。
半円iPaoを組み立てながら
「世界平和ルミカ」演出を企むことに。

次いで遠賀 へ行って

★ヤマテ氏とは大閃光エイトを。
時間がないのに行き詰まっていると見て変人イノウエに救いを求める。
「シンプルに解決を見出す」それが開発のコツじゃないかな。

★タカデとはバンバンライト。
この比類なき男前(イケメンじゃない)を脅す。
ルミカバンバンライトが東京オリンピックの目玉になる。
お前は世にデビューする。
だが失敗したら只じゃおかんと。

★そしてジンワリ変人イノウエに。
明日はTA社明後日はT&DA社とトリガー争奪会議がある。
「生産の見込みは?」に
「試験金型だが焼き入れすれば1日500個は保証できる」

ウ〜ン諸君、こんなモンで年商5億円粗利3億か。
今上海で真空乳化釜調達に走っている
アリちゃんに頑張って貰わんといかんな。

早いとこサンプル1000個作ってカナエチーム出陣だな。
変人偉そうに「見本市での引合客をフォローしとるんかいな」
中洲「お前のトリガーでけんから動けんのじゃ」と喧嘩。

★さあ忙しくなる。
どうせトリガートラブル発生しようが
「何分にも世界初、超新星のシロモノ、ご一緒に育てて下さい」
とやるんだな。
勿論、社内でどんな仕事に就いていようが
中洲と一緒にトリガー放ちたい者は申し出られたい。
但し中洲流営業の荒修行を覚悟しなきゃね。

付加価値

1人の男がいる。
家柄も学歴もスキルもない。
ヤル気は人一倍だが
群れること出来ず居場所を失って職を転々としている。

老いた母親を一生懸命養っている。
その男ルミカに入るまで転々、辞めた後も2社転々。
中洲に電話して来て戻らせて欲しいと。
役員会に諮るが
「砂をかけてルミカを辞めた男だ」と当然の猛反対。

サラリーマンの世界で出戻りは一般にはご法度だが
ルミカではザラだ。
辞めたければ辞めればいい。戻りたければ戻るがいい。

問題は付加価値を上げない社員だと思う。
一般には上司の指示をよく守って真面目に努力するのを美徳とする。
そうやって会社がつぶれていく。

そこで中洲は珍奇な発見をした。

契約歩合給社員制度を設ける。
年俸1000万円稼ぐのを目標に掲げ社員復帰の道を作る。
★取り敢えずBiRodとBiプロダクト。それと不動在庫品販売。
★出社しなくていい。徹底的に売り歩く。
★営業管理システムはKJチームが提案する。

5pmからヒューマンアカデミーの総会に出席。
社外に仲間の会合有るのも面白い。
真野さんというアニメ関係者が言うに。
「先日生徒達を連れて秋葉原に行ったら何処もかしこもルミカ1色。
本当にルミカって凄い会社ですねえ」と。

中洲士郎も賛同しての「君はナニ色」キャンペーンだった。
コムロ氏が率先し、大いに散財もした。
「次は主張を変えよう」という「わけ知り意見」に同調する中洲士郎。
だが真野さんの話に「何事も現場を知る」ことの重要さを思い起こす。

特に広報活動については
時のトップがしっかり関与して判断を下さなければならない。
問題は「君はナニ色」に次ぐ次の一手だ。
中洲には思い浮かんだ。

だがもっと優れた案が出る迄伏せておこう。プロの腕に託そう。

段々、中洲士郎も世間にスレてくる。

世界平和の為

今日もいい天気。
例によってゆっくりして会社に行って
ジムで汗を少し流すコースだ。

会社では日曜日だと言うのに
ミッちゃんだけでなくオーノさん、アダチさんまで仕事してる。
一体家庭をどないしとるんやろ。

真面目なミッちゃんは会社経営に頭を悩ませ、
かの豪傑コムロさんは今日あたり野山を走りまくっているのだろう。

ミッちゃんとルミカファーム経営の話をする。
この課題は夢を共有している。
然し夢を実行しているのは社内に中洲以外いない。

★日経ビジネス特集にもあったが「農」だ。
★健康で健全な職場としての「農」
★歪みきったもたれ合いの「農」社会にも変革が
★農業・酪農業6次産業で
ルミカファームを塚原農業テーマパークの起点に
★アイパオを完成させて
RENT A DOLLAR HOUSEプロジェクトで世界平和へ

中洲士郎の大言壮語いよいよ流暢に。
フィッシングショー運営責任のアッコちゃん又頭痛めるな。
そこでのテーマが「世界平和のためにルミカ」なんちゃって。
ここはコムロ氏に頼んで小冊子作って貰おうか。

薪ストーブ

いい天気。2週間ぶりの由布農園行だ。
今日はカミウラさんから要請もあって酪農経営の相談に乗ることに。

相棒のニイザワさん一生懸命 ゲストルームのSOHO1号の外壁修理中だ。
これを手伝うことにした。
どの作業もそうだが1人より2人でやると楽しいし「はか」が行く。

夕方、街に作業用のガソリンを買いに出かけたついで
鶏の飼料を買おうと「コメリ」に寄った。

そこで又事件だ。

鋳物製の綺麗な薪ストーブが目に付いた。
SOHO1号のストーブは15年前「オアシス」で2万円で買ったが
もう錆びてボロボロ使いもんにならん。

38000円の値段に赤線。
要するに薪ストーブなんて使う上等の家がないのだ。
店長が来てね。長靴姿の中洲を(冷やかし客と)見てか
「お宅はマキストーブが使えるうちですか。
安くしときますよ」だって。

結局15000円でせしめた。
ルミカファームのボロ小屋見たら
店長「シマッタ」って思うに違いないね。

戻ったらニイザワさん大層喜んで
「社長、ウチにも買ってよ」だって。
「いいけど薪ストーブが置ける部屋有るの?」
と言ってやったね。

上司操縦法(その2)

恒例の全社朝礼。3ヶ月ぶりにライブ出席した。47回目。
この朝礼は毎回その回数を数えて、
かのマサーダ要塞のユダヤ人と同じく
無念を記憶に留めんといかんのだが。
近頃は会社が市場で結果を出してくれるので
中洲の気がつい緩んでしまう。

そこで話すこともないので
ミッちゃんから提案があっていたイスラエルの話かな。
だがこれも日報に書いているので
中部国際空港素描から威張る上司を無くそうと話しました。

前の席のカナエにチラチラ目をやって
横の元気なオーツカ君、ワシの留守中サボっていなかったかチェックして
TO DO LISTを確認します。

何と言っても
★間近に迫ったフィッシングショー2018
★発光スプレーの上市でドイツからやって来るチェヒさん対策
の2つが喫緊の課題です。

 

と言うことで昨日のテーマを引き継いで「上司操縦法その2」を書くことに。

ここんところはハウツー本の格好の材料だが
何を講釈したところで世間の実態は変わらない。
要するに安全な島国で太平の世を貪る、
然し実は危機が差し迫っている日本で
皆がイジメに遭っている図式だ。

中洲が皆さんに少し伝授できるのは
「上司を上手く使う奴が出世する」と言うことかな。

知ってる男がいる。
大手の電子機器材料製造の会社のサラリーマンだ。
社内に猛烈仕事人の上司がいる。
部下ゴロシで悪名高く、台湾で暴れていた。

この若い男、可哀想にその上司のもとに送られた。
上司の煩わしい指示を軽く受け流し、
グルメの彼、現地支給の全給与を使って
台湾人に高級料理を奢っては、話を聞いてやる毎日。
当然著しく現地人の信頼を増した。

営業では台湾エイサーなど難しい客先には
その鬼の上司に得意の英語を使って貰って実績を上げる。
どう言う訳かその鬼も
「お前の中国語も英語も使いもんにならん」とくさしながら
その男を連れ歩く。
数年して台湾事業を大幅に拡大し
若いのは本社の要職に就き
鬼の上司は新天地を求めて会社を去った。

その若い男と言うのは、中洲士郎の長男。
(どうしようもないねこの爺さん息子自慢で)

でどうしてその自慢の若い男は
親父の会社に来ないのかな?。
「オラタンは親爺と違ってまともなサラリーマンをやると」
とその昔宣言して今もそうらしい。

やれやれだな。