究極のビジネスモデル

イスラエルのガザ地区からイスラエルへ三発のロケットが打ち込まれ
イスラエルが強硬に反撃した。

この前ガザ地区を目の前にしたばかりだ。
イスラエルがどれだけパレスチナに
経済援助、難民保護をやってもお手上げだとYUVALが嘆いていた。
要するに政治と宗教が悪いから人民が生きていけないのだと。

それでYUVALに「RENT A DOLLAR PROJECT」の話をした。
これはアイパオ事業で中洲が艱難辛苦の果てに編み出した
究極のビジネスモデルなのだ。
YUVALに2年後から一緒に始めようと誓う。

もしもあのスティーブ・ジョブスが生きていてこの話を聞いたら
ポンと100億円差し出すことだろう。
スティーブなら必ずシリアの難民救済に乗り出すね。

当初中洲は
アイパオを多目的簡易テントハウスとして売り出すつもりで、
幕張の農業展にも出展した。

その失敗から学んだのは

★売価がどんなに安くとも見本は仕上げに金をかけて
顧客を惹き付けんといかん。

★買いたいとの数件のオーダー有ったが対応する術がない。
「確かに良い製品と優れたコンセプトだが商売にならない」
「首都圏大震災起これば緊急の住まいが絶対不可欠だが
行政は目を向けようとはしない」

そこで編み出したのがニュービジネスだ。

何事も寄付じゃいかん、人から憐れみを受けるのは良くない。
それで文無しに1日1ドルで家を貸して
3年経ったらテナントに1ドルで売却するのだ。
賃料の30%はルミカの利益になるという究極のビジネスだ。

テナントはロフトに家族5人で住んで
一階でラーメン屋でもBARでも、野菜作っても魚干しても
1日最低1ドル稼ぐビジネスを始めなきゃいかん。
要は家と仕事を提供するのだ。

東日本大震災でも避難場所で本当に困った。
どうせ行政は責任回避で何事にもケチを付けるだけが仕事。

彼らに聞いてやるといい。
「家の定義は何か」と。

「モンゴルでは数百年も風速60mでパオは耐えているよ」とね。

誕生プレゼント

今日は2つのインスピレーションの話。

最近東京から福岡行き金曜日便は全便ほぼ満席。
往復6万円位もの運賃、世間は余程景気がいいのだろうか。
それでホテルリンクスから直接空港に向かう所、
勿体無いから支店に立ち寄ることに。

何件か打ち合わせ終えて
支店の出口のカウンターで美女に眼くばせしようとしたら
アッコとコムロさんに捕まり立ち話になる。

ここでケミホタルの宣伝衣装の写真を見せられる。
光るスカートのイメージでLEDと電池ボックス仕様。
そりゃないよ。
ここは秘密兵器粉末発光シートだ。

これで行こう。
ピンク、ブルー、グリーンのグラデーションが幻想的だよ。

第2話は羽田空港。空席待ち結局3時間だった。仕方ない搭乗ロビーをうろつく事に。偶然だが久しぶりの第1空港には羽田空港伊勢丹がある。50歳近い女性店員さん。わかってる分かってるよ。上手いんだな頃合い見て愛想良くね。(ヒヒ爺いが若い女にプレゼントだろう、こいつはカモだと)
そうだ今日は長女の誕生日だ。2人の障害児の育児に疲れ果ててか昔みたいに親爺に噛み付かず幾分優しくなった。それはそれで寂しいもの。変な物買うと昔から怒られるし。あれもダメこれもダメ。そしてネックレスの前で足が止まる。

と・・・あの女店員さん、頃合い良しと側に寄って爺いの目先の状況から。あからさまに口には出さず(どうもお相手は若い女性ですね?)「いやあ娘の誕生日でね」「二十代でしたら・・」「いやあもっと上」「三十代なら・・・」「もっと上よ。もうすぐ・・ええっと。そうかもう直ぐ50代か」「まあっ。私と同世代!?」10金の細くて小さな石の輝き(ヤバイ少し高い)「これいいですねえ。私も大好き」「じゃあ、これにしようか」彼女、自分が店員である事忘れたように「ああ〜。娘さんが羨ましい」って。これも営業言葉かな。

賑やかな本社忘年会で娘に愛のプレゼント。中身わからずに嬉しそうだった。そして彼女からプレゼントのお披露目は遂になかった。

超新星

今日のNB開発は
遠賀からオーノ・イワモト組が古賀にやって来て、iPao組立開発。
アッコのフイッシングショー ブース設営に応えるもの。
半円iPaoを組み立てながら
「世界平和ルミカ」演出を企むことに。

次いで遠賀 へ行って

★ヤマテ氏とは大閃光エイトを。
時間がないのに行き詰まっていると見て変人イノウエに救いを求める。
「シンプルに解決を見出す」それが開発のコツじゃないかな。

★タカデとはバンバンライト。
この比類なき男前(イケメンじゃない)を脅す。
ルミカバンバンライトが東京オリンピックの目玉になる。
お前は世にデビューする。
だが失敗したら只じゃおかんと。

★そしてジンワリ変人イノウエに。
明日はTA社明後日はT&DA社とトリガー争奪会議がある。
「生産の見込みは?」に
「試験金型だが焼き入れすれば1日500個は保証できる」

ウ〜ン諸君、こんなモンで年商5億円粗利3億か。
今上海で真空乳化釜調達に走っている
アリちゃんに頑張って貰わんといかんな。

早いとこサンプル1000個作ってカナエチーム出陣だな。
変人偉そうに「見本市での引合客をフォローしとるんかいな」
中洲「お前のトリガーでけんから動けんのじゃ」と喧嘩。

★さあ忙しくなる。
どうせトリガートラブル発生しようが
「何分にも世界初、超新星のシロモノ、ご一緒に育てて下さい」
とやるんだな。
勿論、社内でどんな仕事に就いていようが
中洲と一緒にトリガー放ちたい者は申し出られたい。
但し中洲流営業の荒修行を覚悟しなきゃね。

目的と手段で奇妙な符合

11/27(月)昨日はマサーダ要塞から死海温泉センター観光。そして今日はエルサレムのvisitation church観光とエルサレム神殿見学だった。

静かなたたずまいの教会を見学して細道沿いの素朴で洒落た喫茶店での会話です。

前を可愛い女学生達が変な東洋人を興味深げにチラチラ目をやって通り過ぎて行く。本当にイスラエルの女性達は可憐でその上ブロンドの髪にすらりとスタイルがいい。

「なあユバルよ。ルミカの創業期の話をしてやろう。 1980年頃だ。お前の発光プレートと違って先ず釣り用のミニ発光体を狙ったね。(相手はルミカのHPで既に熟知の様子だ) この小さな光で世界中に夜釣りが燎原の火のように広がっていったよ。本当に必要な品は口コミで広がって行く。数千万個売ったかな」

1970年に発明されたサイリューム6インチは今でも化学発光のキング。それはACC社と米国政府の共有特許だった。その技術は当時誰も真似できない高度なものだった。

「さてだ。ルミカはミニライトをどうやって生産したと思うか考えてよ。技術も人も金も無いんだぞ。お前達とおんなじだった」
相手「・・・」
中洲「分からんか?」
相手「・・・・」
しようがない奴だと中洲「サイリュームをその数100万本植木バサミで切り出して原液を分けて精製してな。一本から50本のミニ発光体を作ったのよ。まあACCにとっては民間では世界一のユーザーって訳だね」

YUVALと MOSHEの2人が中洲の話を聞いて感動すると思いきや。目を丸くして声を上げた。
「わしらとオンナジだ。ルミカライトを200本バラして一本から2枚の発光シートこさえたぞー。だけど100万本か〜」だって。
わし等がACCを神様と崇めたが同じく今度はYUVALがルミカを大先生と尊敬している図式だ。

この後「そのキングの6インチサイリュームを超える」のが事業だと。そための大閃光8インチ、その開発ストーリーをしてやった。さすがにしっかりと理解したね。

エルサレム宮殿と嘆きの壁、そりゃ凄かったが周りの土産屋と食い物やの凄まじい事。その汚い店先で食わされ、その上大いにボラれたイスラムのケバブ。夜中まで胃がもたれた。


visitation church

エルサレム宮殿とアリちゃん

キリストの血が祀ってある

不潔なイスラム料理。ザクロのジュース。

シシケバブ。味は濃厚だが。

嘆きの壁

中洲士郎とアリちゃんの2人も壁に額を付けて嘆いた。アリちゃんは欲張ってスカット、スカットってお願いしてました。