春一番

今年の暦の冬も終わり。
夜は春一番の嵐で雨戸がうるさい。

今日の開発はDUAL二酸化塩素スプレーのミストノズルだ。
水鉄砲の二酸化塩素で使えるのは
ゲル化してスズメバチやゴキブリや白蟻やネズミの駆除位だろう。
二酸化塩素は空間除菌では人類最強の味方。
そこでミストか更に細かいエアゾルの噴射が不可欠。
口径調節出来れば更に良い。
宿題をへそ曲がりイノウエに投げている。
彼奴のことだ2週間で答を出すだろう。
こう言うのって中洲がああのこうの言う前に
ポンと出して欲しいんだな。
それが勝負と言うもんだ。

真夜中雨戸の音で目が覚めたので
明日の月初全社朝礼の話を纏める
(面白くなければ話にならん)。

うとうとしてたら母親中洲若子が夢に出てきて
嫁の前で喧嘩になった。
俺の可愛い2人の孫がアスペルガーに生まれたのは
嫁の老婆(ラオポ)のせいだと言う。
そう言う類の言葉が嫁と姑の関係を悪化させていた。
「おっ母ん。あんたの遺伝子が原因かも知れんよ」・・
目が覚めて考えた。
若しかしたら若子の奴、
俺がラオポに大概で優しくするように
悪役演じたのかも知れんと。