光るボールの話(その1)

今朝のことです。満面の笑顔でヤマテ君が光るボールのサンプルを古賀の本社に持って来ました。発想から2年、ついに完成です。

貴重なサンプルですから社内デビューは朝のテレビ役員会としました。その役員会の席で全役員の眠気を吹っ飛ばしたビデオをご覧に入れます。TVモニターの向こうでエンドー君の「これは売れる~」と悲鳴に似た声。

マジシャンが観衆を前にケミホタルを折り曲げて光らせた幼稚なマジックから40年経ちました。

ガラスアンプルを破割して2液を混合させると言う米国ACC社ローハット博士のアイデアがサイリューム6インチとなって誕生して以来、化学発光は折り曲げて光らせるモノでした。言わばローハット呪縛の50年だったのです。それが2017年12月にトリガー式発光スプレーの開発が成功してから新たな挑戦が始まりました。アンプルを使わない発光体です。

それは市販のポリウレタンボールの内面をトリガーで発光液を注入することから始まりました。

これは2018年6月大連での発見と創造展でデビューしました。ドガワ演じるのは老いた機械屋です。老人は密かに想いを寄せる娘の為に光るボールをこさえます。カナエ演じるそのマッチ売りの少女が会場でマッチじゃなく籠の光るボールを配りました。

だが発光液の注入じゃなくボールに予め2液を装着して何らかの力を加えてボール内で混ぜ合わせなければならない。この要求が出たのはソフトバンクホークスの舞台裏です。

先ず場面を2011年の鷹の祭典に戻しましょう。

ホークス勝利の後、酔いしれた数万もの観衆が振りかざすルミカライトで球場全体がブルーの光る海になりました。

中洲も現場でコムロ達営業開発の連中の苦心が実った一瞬を目にしました。大抵新しい企画は最初はアウトです。この演出を球団に持ちかけたところ観客がスティックを投げると危険だからと言うので不採用になりました。しかしそれをこじ開けたのが孫正義のツルの一声でした。「面白いからやってみようじゃないか」

時が経ちホークスの担当者から伝え聞くと当の孫正義「当たっても痛くない光るボールが欲しい」と。そうなると光っていないボールが子供でも握って指で押すとバーっと光る。球場全体が光るボールで揺れ動き更に・・・観客が一斉にグラウンドの選手たち目掛けて大閃球を投げる。グラウンドは光の海に。

「夢追いびと孫正義の夢を叶えたい」

そして自発光ボールの開発が始まったのが昨年の11月。

「課題はボールを外部からの優しい力で光らせる」「そんなのできる訳がない」精々出来ても2本のアンプルを閉じ込めておいて床に投げつけて光らせる程度だ。それでは商品とならぬと中洲は却下(この案は既に中国競合相手が商品化していた)。だったら競合相手の彼等が方法を見つける前に見つけなきゃ。中洲焦る。試行錯誤の毎日。中洲とヒハラにヤマテも加わり珍案出してはヒサシ達若手が試作試作。どれもダメダメそして諦め。中洲の罵倒。「なにかがある」と模索する。「きっと何かを見落としている」2019年に入って遂に発光の鍵が見つかりました。構想はまとまったものの手作りも難しく形になっておりません。それでも特許出願。だが肝心のボールの成形と発光液のカップが仕上がらないのです。「もう時間がないのだ」中洲連日の叱咤。そして7月、遂にボールとカップの製造が大連ルミカで始まりました。

夢が続きます。舞台は一転して2020年のパリーグ開幕戦。もはや世界最強の球団の一つにに成長したホークスの開幕戦です。始球式で孫正義が硬いボールに仕掛けられた2箇所の柔らかいスイッチを指で挟んで押すと「あ〜ら不思議」大閃光で輝くその大閃球をキャッチャー目掛けて投げます。硬球ボールほど重くないので非力の孫正義でも見事な光る軌道を描いてボールはキャッチャーのミットに収まりました。笑顔の孫正義に観衆が万雷の喝采で応えたのです。

このボールは「当時の日本の社会で一番貧しくそれでいて誰よりも大きな夢を追った少年、孫正義」への高校の先輩中洲士郎からのオマージュです。

それではホークス球場がブルーの大閃球で埋まる日まで何回かに渡って「光るボール」の話をさせて頂きましょう。

アイパオの話(その25)

ルミカはケミホタルで釣具業界にチャレンジしました。丁度40年前のことです。

ライトバンに看板を積んで会場に乗り込みひとりで設営です。それも問屋のブースの片隅に小さなテーブル置かせて貰って「売れなきゃ潰れる」文字通りハングリーの中での見本市でした。

今では釣具の売上は全体の10%を割ってマイナーな部門になっていますがどうしてもフィッシングショーには力が入ります。毎年変な新製品を案内しておりますが今回は同業者とお客様の度肝を抜いたようです。「新製品も凄いが社員たちでブースを作り各自が自分の担当の新製品をプレゼンする姿は他所では見られない」と。

デザイナー・コムロ会心のビデオを是非ご覧願います。

世の中猫も杓子も「新製品開発こそ会社が生き残る道だ」と連呼しています。しかしやることと言えば他社が儲けていそうなのを真似するだけ。それも大抵は旬を過ぎた商品を。

一番の高給取りで一番仕事に明るいと自慢するトップの他に誰が新製品なんか開発出来るのでしょう。画期的新製品を社員の誰かが生み出したらそうそう日亜化学の中村修二さんみたいな社員が現れたら喜んでその人を社長に据えるべきだと思います。

そうすりゃその会社はきっとホンダみたいに次々と新しい社長が責任を全うする凄い会社になる筈です。矢張り創業者の心でしょうか。時が経ってなおさら本田宗一郎や江副浩成の値打ちがわかります。誰かさんも早く心を改めんといかんな。

ケミホタルの話(その8)

夢は夢としても先ず食っていかなければいけません。窯暮れでは到底家族は養えない。こうなることは分かっていましたが寄り道しました。労働者は辛いが、かと言って今更技能士や芸術家の道を模索するのは大学に戻るに等しく難しい。何しろ大学で何も学ばなかったのですから。

確実にやるべきことは先ず日銭を稼ぐこと。何しろ家族が居るのです。そして手持ちの金はどんどん消えて行っております。失業保険ももうすぐ打ち止め。今更就活など出来はしない。

自分の発明カード等鼻から信用していないし自分がトンマであることを確信しています。中洲士郎のDNAにはそのことが書き込まれており生まれた時から生き延びる選択をさせられました。それは自ら選ぶよりも本能的な選択でした。

そしてこれこそ運良く今生き永らえている生物に共通していることでしょう。何をするか何を避けるか判断するのに我々は時に大胆に時に臆病でなくちゃいけません。

「握り飯を売る」それは中洲士郎の確実で賢明な選択でした。

ケミホタルの事業化は博打だから握り飯という保険がいると考えました。小石原から戻ると中洲若子の「赤ひょうたん」の半坪のタバコ売場が士郎の持場です。旬の食材を用いた炊込みご飯3升に最高の味を出したので普段は30分で売り切れました。ヤクザが外車に女を乗せて買いに来ることもありました。この仕事は肉体労働より楽だし改めて勉強する必要もありません。

だが雨が降れば惨めで一個も売れず近所のホステスに只で配ります。家に持ち帰れば子供達が「又一週間、味ご飯の焼き飯か!」と嘆きます。

当時まだほっかほっか亭は出現していませんでした。良い米の炊きたてご飯に起業の可能性の匂いがありました。しかしお天気商売で結局その日暮らしから抜け出せないでしょう。従って飲食業も中洲士郎の選択には残りませんでした。

やはりケミホタルしかないのです。

そのケミホタルの主導権は有田の栗本の手に移っていました。夢を見るようになりました。前の会社に戻って机にしがみついている自分の惨めな姿を。そこには何時も前の会社の社長はじめ同僚達の侮蔑の目があったのです。

余談ですが第1話「ケミホタルの話」でケミホタルの発明者は誰か?を明かします。そして起業してから降りかかった13回の危機克服秘策を次々に明かして参ります。

その中で第10番目に東日本大震災遭遇がありました。

3月11日福島の久之浜で巨大津波を目撃し避難民生活の後ヒッチハイクで福岡に戻ってテレビを観ました。

東電社長の出演に思わず「ダメだ直ぐに福島原発に向かえ!突入しろ!世界中がお前を見ているぞ」と虚しく呼びかけました。

彼の学業秀才のDNAには想定外での処方が書き込まれていないようです。そして取り返しのつかない愚か者の烙印が押されてしまいました。

危機に直面したら一瞬にしてその利用法を模索すべきと思うのです。商品開発そのものです。大震災からだって起業のネタを探そうと中洲士郎は久之浜中学の体育館で夜中パオ事業を思いつき画策しました。

中洲士郎は取るに足らない人生と降りかかる危機の滑稽譚をこのブログに記そうとしています。いつか誰か一人の目に止まって相づち打ってくれるのを期待します。それは曾孫かも知れません。

嫡出子と非嫡出子に何の違いはなくスティーブ・ジョブスと中洲士郎だって同じこと。人間死ぬまでどう演じるかだと思います。悲しいが一兆掛ける一兆ものDNAの組み合わせに人智は及びません。そこには生き延びる術が書き込まれているので、DNAのささやきに素直に従って今を生き延びること、そうでなければ東電社長のように即ゲーム終了もあるのでいい格好などしちゃいけないと思うのです。

 

ケミホタルの話(その1)

老婆(ラオポ)にとって「赤ひょうたん」はトラウマで近づこうともしません。それが士郎の母親若子が死んで5ヶ月後若子の88歳の誕生日にその若子の店「赤ひょうたん」を士郎が再開してしまったのです。2014年の春のことです。若子鎮魂と言う建前でね。これはその時の物語の一つです。

   赤ひょうたんに4人連れの客があり中洲士郎に幼友達に巡り合ったような親しみの目を向けました。店の飾り窓に白いマーカーペンで「ケミホタルの里」とあるのを見て店に入ったそうです。

「この店、もしかしてケミホタルと関係があるのですか?」何か宝物でも探り当てたかのように嬉しそうな笑顔を士郎に注ぎます。一方の士郎は隠し置いたルアー(疑似餌)の魚信に微かな笑みを漏らしました。勿論好人物らしき4人連れにその士郎の表情の変化の意味をくみ取れる筈はありません。

    全国に釣りを少しでもかじる人の数1200万人位の中で夜釣りを楽しむのは限られます。100万人位としましょう。その人達は殆どケミホタルを知っています。多分このケミホタルが世界に夜釣りを広めたのでしょう。

人間に与えられた楽しみの一つが道具を手にすることと新しい道具を工夫することです。孤独な幼児が竹笛を鳴らして野鳥と会話を始めるように誰しもそうやって道具を手にして人生が始まり短い一生を終えるのでしょうか。

アメリカ自然史博物館、ここをウロつくと人間と道具の関わりが沢山の仕掛けに物語られています。中洲士郎ニューヨークに行くと大抵一日ここで遊びます。連れの女性が博物館散策が好きだったらその人はきっといい女です。

      色んな道具の中で釣り道具は特に面白い。同じ空気中の生き物じゃなく別世界の水中の獲物の姿を想像して捕獲するのですから刺激的だし知恵がいるのです。誰よりも優れた道具が欲しくなります。だから釣り道具にはその時代の最先端技術が詰め込まれているのです。

少々値が張っても、見合う獲物が取れれば道具は直ぐに売れます。面白いことに現代でもナイフで削り出した棒一本が釣りビジネスになるので起業の一大宝庫であります。青春のひと時「一旗上げたい」と思うのは人の世の常、例えその一歩が踏み出せずともです。

中洲士郎もその一人でした。ローレライの妖精の囁き「起業しなきゃアンタ後悔するよ」に乗せられ小舟を手のひらで漕ぎ出してしまったのです。一家の命の支えである毎月の銀行振込がピタリと閉じられる恐怖の世界です。

とにかく漕ぎ出しました。

破滅の予感です!実は自分には人も金も技術もない紛れもない素寒貧でどうしようもないトンマだという認識があったのです。

神戸の港からフェリーで故郷の博多に戻る前のいい加減な独立プランの一つが釣具それも夜釣りの光の開発でした。大それた実現出来る筈のない企画、今思っても背筋が寒くなる舟出だったのです。

生まれ変わっても絶対こんな真似はしません。ああ幸いに人は生まれ変わることがないから安心です。

   そしてその恐ろしい起業の話をする機会を伺って「ケミホタルの里」という疑似餌を仕掛けていたのです。

酔客の一人が目に止めて朦朧とする脳裏に「ケミホタル」と手書きして「ケミホタルだと?」と呟きながら店に入って来る筈でした。

 だが実際に入って来たのは酔っ払いでなく40歳位の女性一人男性3人の真面目な連中でした。皆無類の釣り愛好家だったのです。そして会話が始まりました。

「ケミホタル」の話です。(続く)

ケミホタルの話をしましょう

ずっと出張が続いておりました。昨日大連から成田に着いてビッグサイトでのスポルテックショーに大連でこさえたバンバンライトを展示しました。今日はもうくたびれ果てて着陸した福岡空港からヒメノさんの運転でお互いの棲家二日市に向かっております。

「何とかBi見逃サーズをヒットさせたいなあ。この前の18日からのメンテナス展どうやった?」「こいつは凄い。あんたんとこの会社の株買っとくべきやった。安いなあ。どうしてこんな値段で出せるの?味噌樽の中覗くの大変でね。脚立は危ないし。これなら楽だ。すぐに買いたいな。そんなこんなの凄い評判でしたよ」運転中のヒメノさんの話に疲れが吹っ飛びます。

そう言えば宿題を忘れていたのを思い出しました。ブースに日立のエンジニアがやって来て「こんなモノ出されたらもう参ったな」「すみませんねえ。ウチは釣り道具屋だから竿は得意なんですよ」「会社は初めケミホタルってもの出しましてね」「えっ!ケミホタルだって?僕はその大ファンよ」彼暫くして県庁の釣り仲間とやらを連れてきて「記念写真撮らせてよ。ケミホタルの発明者と一緒のところを会社のブログで紹介するんだ」だって。

そうか中洲士郎はあのケミホタルの発明者なんだ。これってこの前の勲章よりも凄い誉れです。そしてお二人にケミホタルのカタログ送るって約束していたのを思い出したのです。

ついでに明日はそのケミホタルの話の一つを皆さまに紹介させて頂きましょう。

首から吊るしたタブレットには天井裏に隠れたあらいぐまが写ってます。

売れない新製品

義理の甥っ子に会社に来てもらった。大手警備保障会社に20年勤めていたので大閃光ペイントの評価をして貰う。

「警備保障と言うのは如何に財産を守るかが仕事で犯人を捕まえるのが仕事じゃない。発光スプレーを不審者に吹き付ける場面は殆どないだろう」

ポリカーボネートシールド(防護盾)だ。こいつに発光スプレーをセットしよう。サバイバルゲームで使わせるのだ。そしたらそれを見て機動隊が採用する。

いや。ヤッパリアミューズメントだ。ナガトシの光る文字シートだろう。明日倅の会社から研究者が2名来るので商品化頼もう。だけどうちの連中皆んな呑気だな。中洲以外に焦る気配が全くない。これじゃ脱サラ独立はできないよ。

新製品はとにかく難しい。世に無かった代物は使い方も発見発明しないといかん。それにしても「ケミホタル」は奇跡的な穴場商品だった。中洲の独立新製品がケミホタルじゃなかったと思うとソッとする。皆さん独立して最初に手掛ける製品は手離れが良いことが必須ですよ。ああ怖。


のどかな由布農園の花。鯛釣り草と翁草の群生。4/22撮影。

漫画ケミホタル

1/9(火)さあ今年の開幕だ。
野球なら新人王で華々しくデビュー。
その後鳴かず飛ばずでいつしか忘れられた選手がいる。
そいつが突然再びフィールドに登場。
狂ったように打ち始める。
ファンが熱狂する。そしてリーグ優勝。初夢か?

東京支店のミチワキさんが漫画描いてくれた。凄いなあ。
主人公の名前は中洲士郎にして欲しい。

浮き沈みが世の常

残り僅かで新年に突入する。
そして何年も暖めた新商品をお披露目する。
発想着想まではいい。
だが構想企画を経て製品の仕様を固める段階で
産みの苦しみを味わうことになる。

化学発光が発明されて最初の実用的化学発光体が
サイリューム6インチだった。
元役員のキンブレに対抗して6インチを表面積5倍にするのが最初の発想。
それから5年、遂に改革が成功して大閃光エイトの誕生。
これはヤマテさんの手で仕様が固まりリリースを待つばかりだ。

革命と言えばTAI社との共同開発大閃光ペイントだ。
化学発光の最大永遠の欠点は光のON/OFFが出来ないこと。
これを発光スプレーで解決した。
アリちゃん、イトーくんがリリースで頑張っている。
盟友ドガワ氏もニタリと笑って
安〜い原液充填装置を組んでルミカの40年前を再現している。
変人イノウエの超人的活躍もあってペイントの仕様が固まり
明日遠賀工場で試験操業開始だ。

革新的な新製品はケミホタルがそうであったように
必ず数々の付帯的な新製品を生み出す。これが又忙しい。

さて第3の新製品がBiKIT製品群。
空中、瓦礫の中、
そして水中まで撮影調査探索できるBiカメラキットの上市だ。
今日はそのカタログ校正に取り組む。
明けて1月19日に始まる横浜でのフィッシングショーが皮切りだ。
思えば40年前有明にあった国際展示場で
フーテンの寅さんの口上でケミホタルを発表して
釣り業界を沸かせたなあ。

夕方TAI社から関係者5名が到着。
明日の試運転の成功を期して中洲の「一期一会」に繰り出す。
この店はその昔、腕利きの板前後藤さんが苦労して創業。中洲若子も応援して 安くて美味いフグセットで一世風靡、連日押すな押すなの賑わいだったが。

その後藤さん今年何処へか姿を消している。
店の看板は同じでも中身はすっかり代わってしまった。
飲食業の世界は厳しいものだ。