売れない新製品

義理の甥っ子に会社に来てもらった。大手警備保障会社に20年勤めていたので大閃光ペイントの評価をして貰う。

「警備保障と言うのは如何に財産を守るかが仕事で犯人を捕まえるのが仕事じゃない。発光スプレーを不審者に吹き付ける場面は殆どないだろう」

ポリカーボネートシールド(防護盾)だ。こいつに発光スプレーをセットしよう。サバイバルゲームで使わせるのだ。そしたらそれを見て機動隊が採用する。

いや。ヤッパリアミューズメントだ。ナガトシの光る文字シートだろう。明日倅の会社から研究者が2名来るので商品化頼もう。だけどうちの連中皆んな呑気だな。中洲以外に焦る気配が全くない。これじゃ脱サラ独立はできないよ。

新製品はとにかく難しい。世に無かった代物は使い方も発見発明しないといかん。それにしても「ケミホタル」は奇跡的な穴場商品だった。中洲の独立新製品がケミホタルじゃなかったと思うとソッとする。皆さん独立して最初に手掛ける製品は手離れが良いことが必須ですよ。ああ怖。


のどかな由布農園の花。鯛釣り草と翁草の群生。4/22撮影。

モンスターエッグ

昨日は大連の休日を独り楽しんで
今日は深圳へ向かう中国漫遊5日目です。

深圳空港でハシモト君が迎えに来てくれた。
彼は正に段取り名人。
バックパックひとつで世界中何処へでも即座に行動できる。
勿論タクシー手配は最新のDiDi(ティティ)。
これはウーバーと違って会社運営だから
さらに安全で予約配車もできる。

その車中でのハシモト談に
「例のシリコンバレーの著者藤岡さんが仰るに
ここ数年で深圳は嘗て無い劇的な変化を遂げるらしい」と。
この数年よりも更に大きく変化するとはねえ。
皆さん深圳にご注目ですよ。

深圳で定宿の漢永でCP+で初めて手に入れた
バックパック(アウトレット品)を整理していたら
土曜日大連で買い物したオモチャがポロリと出て来た。
モンスターエッグ(3元)。
何しろバックパックってのはポケットが多いから
年寄りには覚えるのが大変だ。
写真を載せよう。

このモンスターエッグって本物のタマゴみたいで
振ると中の少量の液体が動く。
それで中洲の変な妄想は
タマゴの中に発光ゲルとカレットを仕込んでおく。
これを振って投げつけるか
ペッパーガンなんかで発射すると
被射体でバッと光る。
サバイバルゲームなんかで面白いな。
カワジリ君に営業して貰おう。