鼻薬を効かせるのが。

中国漫遊2日目。
今日は女性節で変則休日。
工場では工員達だけ午後休となっている。

終日開発案件に取り組む。
振り返れば中洲の「開発」なんてそれ程大仰なもんではない。
今までのスペックを逆にするとか
少し鼻薬を効かせただけで売り上げを伸ばしたのが多い。

「大閃光」の大ヒットが好例。
これは中洲がしつこく追求していた
長時間発光をギラギラ超短時間発光に切り替えた
「裏切り者」の仕業だった。
ホンダの大ヒット小型ジェット機も
エンジンが常識を破って主翼の上に収まっているらしい。
化学発光でも主剤と副主剤を入れ替えるのを中洲が発案して
「リバース」と名付けたら
それが世界の業界の共有語となっている。

バンバンライトの仕様にも難儀している。
タカデ仕様では操作が面倒だが軽いという利点が捨てがたい。
明日2種仕様併用を検討しよう。

イスラエル人のユバルが考案した
破割性アルミパックを「ユバルアンプル」と命名する。
このユバルアンプルをガラスアンプルに置き換える事で
化学発光体に面白い世界が広がりそう。
今日は2個のユバルアンプルを挿入した
スパウトパックの口に針を取り付けた。
これを外から揉むと
中からニュルニュルと発光ゲルが出てくる。
「ニュルホタル」と命名。
沢山用途がありそうだ。

就業時間だけは厳守の中国で午後4時半。
仲間8名で旅順の火鍋屋に繰り出す。
冷蔵庫の小皿に盛られた食材を選んで
先に勘定済ませて一人鍋で調理する。
「なるほど」何処も創意工夫しなきゃ生き残れない現代の中国か。

中洲も火鍋をつつきながら
ずっと例の光るボールを手にして感触を確かめた。
諸君、硬式テニスボールと同じ反発力に仕上げて
錦織選手が使ったら凄いでしょうね。