アイパオの話(その22)

異形PVCのサンプルが大連金州で仕上がって約50日。1月29日大阪に向かうトラック積み込みまで5日を残して「革新アイパオ」3棟が姿を現わしたのです。

盟友オーノ、ヒメノ、イワモトは正月返上、遠賀工場の若手数名も土日を割いて応援。中洲は他の全ての開発案件を投げうって朝から晩までアイパオ漬けの毎日でした。この間、資材調達と加工に4回大連に飛び遅れの出た船便を飛行機便に変えて今日水槽と屋根のPC(ポリカーボ)板が到着。遂に3棟のアイパオが形を見せました。

フィッシングショー大阪2019の出展責任者で東京支店のアキコ(安藤サクラそっくりさん)に電話。「間に合ったよ」に電話の向こうで歓声が上がります。

由布院で調達した「魚植共生」の野菜と花

サクラマス稚魚2000匹の回遊水槽。果たして水は漏らないか。

11件の新製品新事業展示の開発館

アイパオラーメン館。イケアに買い出しに行ったが按配良くありません。

中洲の夜毎のいい加減な着想に翌朝耳を傾け一心に着想(妄想)を形に変えてくれる奴。それがオーノでした。(思えばヒメノ氏もドガワ氏もヒラタもイノウエも仲間たち皆んなそうでした)

この20年間遠賀工場の生産現場から週末になるといつも会社不良資産の由布院塚原の荒地に引っ張り出しての開拓作業。どんな馬鹿げた着想にも絶対に異をとなえずに作業に従事。日毎の罵倒に耐えきれず姿をくらませて6年。舞い戻ってからも罵倒の日々。満身創痍で医者通いの定年過ぎて再雇用の嘱託老兵。ニッサンの超馬力の車で野山を疾駆させてラリーで名を馳せた男も金と体力それにカミさんにも見放されうらびれて。それでも時折軽四輪でレースに出て夢を追う典型的な末路人生。そして中洲親分の無茶に正気失せた顔で一応従うしか術がない男。その男オーノに。

「オーノお前しかいない。中洲最後の頼みを聞いてくれ」そしてオーノの分身の奇怪な男イワモトと3人で過ごし通したこの50日間でした。ごめんなさい皆様。時間に追われ必死の手作業の2人の動きを追っては資材の調達に走り回ったので長らくブログをサボっておりました。

驚きは2人の日増しに軽やかになる動きと血色を取り戻した顔。問題が解けた時の笑顔。濡れ落ち葉同然だったオーノが青春を取り戻しております。そのオーノ、若い頃から一番好きな仕事は人が喜ぶ住まい造りと名人芸のユンボ作業。彼を観ていると人間ってのは好きな仕事を死ぬまで続けたい生き物のようだ。そして一升飯飯喰らいの超老イワモト。アルバイトながら今にも潰れそうなオーノを律儀に支える男。生き返ったオーノと一刻者(イッコモン)イワモト有っての「革新アイパオ」誕生でした。

この間中洲は2人に吠え続けました。

「世の不正と堕落を正すべく立ち上がらねばならない」「親分。例えば何に対して立ち上がるのよ?」「例えばトランプだ。食と職を求める難民に手を差し出すのが金持ちの義務なのに。それも貧しいメキシコの負担で国境に壁を築かせるなんぞとんでもない罰当たり野郎だ。鉄槌を食らわせにゃ」「核のボタンを握った男にどうやって?」「メキシコに地上の楽園を作るのよ。そしたらトランプの壁をよじ登るのは米国人となり選挙民に見放されるワケだ」「どうやって極貧の民に楽園が訪れるのだ。オヤジみたいな素寒貧が巨億の寄付でもするのか?」「ホームレスに家と仕事をリースするのよ。それがアイパオだ。その崇高なアイパオをお前たちが世に出すのだ」「ヤレヤレ」少しばかり気印気味の親方に正直ゲンナリ顔の2人でした。それが自分たちの手で日毎にアイパオの清楚な姿が浮かび上がって来ると2人の顔つきまで威に満ち色気まで湛え出したのです。いやあ本当にホント。それは楽しい50日間でして中洲シミジミと幸せを噛み締めております。

アイパオの話(その9)

4月4日の記録です。東北震災救援で小生意気なミキに遅れをとって気が焦っておりました。アイパオが形にならず未だ救援トラックは出発できません。ここ福岡のホームセンターでさえ復興資材機具の類いが姿を消してアイパオのセッティングに難儀しているのです。

そんなモヤモヤの中、このところの花冷えが凍えた今冬を思い出させます。桜は五分咲き。そして直に爛漫の春がやって来るのです。

そんな時節にあの男北川安洋が逝ってしまいました。4月2日に亡くなり4日はお通夜です。79歳でした。春の宵のこぶしの花の手招きに誘われて旅立ってしまったのです。この世からまた一人いい男がいなくなりました。

一代で世界的な疑似餌(ルアー)メーカー・ヨーヅリを立ち上げた北川安洋には老弱男女を問わず彼を知る人は皆ファンになります。会社が不振で解雇になった連中さえも彼を慕いました。特に女性、中でも水商売の人なら一目で惚れ込んでしまいます。風貌は<7人の侍>の志村喬を彷彿とさせ若い時、空手や陸上競技で鍛えた逞しい身体に大きな口と人懐っこいギョロ目、魚ならアラの大物です。

「男がいい男を論ずるのはお止め。それは女の仕事よ、そして私のね」とは向田邦子の言葉でした。だが中洲もいい男を論じたいです。無骨で笑いが爽やかで口数少なく日本酒をいっ時も手放せない男です。

それでいて突然「士郎さんよ、わしは最近好きなおなごとでも続けて2度はやれなくなった。衰えたもんだ」と呟いたりするのです。一瞬周りに身内が居ないかと心配しました。まるで小学生が小便を遠く飛ばせるのを自慢するような調子でした。あっけらかんとした色恋なんでしょうね。多分彼を惚れた沢山の女性達は「焼きもち」とか「恨み節」など抱かないのでしょう。ほんのひと時でも一緒に居てくれさすればいいと。

あの開高健にして西に男あり北川安洋と言わしめました。かの越国の美女西施のひそみに倣い彼の飲み方を真似するも中洲では到底様になりません。それでもあんな雰囲気の男になりたいものです。

亡くなって2年が過ぎて生きておられれば80歳の誕生日の2013年暮に登美子夫人から冊子が送られてきました。題は「洋々と行く」。安洋の半生が綴られております。彼を愛して止まなかった人たちが思い出を書き残しました。中洲のようにブログを書かなかった北川安洋の茫洋たる人生を語り継いで貰いたいもの。そんな冊子があること知っておいて下さい。そのうち機会があって登美子夫人の許しが出たらこのブログに冊子のPDFを貼り付けますね。

不思議ですねえ。色んな人物と母親の中洲若子とに接点が生じます。

「佐賀の武雄にいいお客様がいてそれはいい男。奥様も小粋な綺麗な人でねえ」中洲若子の夢を壊しちゃいかんので「その人はワシの友達だ」とは言わずにいますと「あ~あ。ひと時でいいからあんな男の妻として世話焼きたかったなあ」己の不憫をいたわるような口調でした。

然し商品開発だけは簡単には彼に勝ちを譲れません。彼は物作りにこだわりました。そしてモノとは矢張り実際に存在するものから派生しております。中洲士郎はこれからずっと皆さんと蛍の夢に誘われて珍奇な発見と妄想に溺れて参ります。但しそれは未だ誰も見たことがない代物なのです。既にあるものはいくら手を加えても商売になりません。それが中洲の持論です。商品開発も北川安洋と違うやり方をしましょう。女性にモテるのは諦めて。