由布農園での新入社員研修

今年の新入社員の由布農園研修です。
農園の桜が満開のこの時期に毎年行なっています。朝早めに入園して皆んなの来園を待つことにしました。

先ずダッチオーブンに着火して焼き芋開始、米2升のとぎ置き。SOHO小屋の薪ストーブに火を入れてコーヒーケトルをかける。福よかな陽光の中、由布岳の西面を望むと年々増えている山桜が白い霞のようにたなびいています。アスキーが約束の卵30個を携えて小屋に入ってきました。静かな小屋にクヌギの薪が炎を上げ鶴首ケトルに湯気が立ち準備完了です。

農園でのアクションプランは50羽の鶏との交歓、アイパオ鶏舎見学、モグニケルでモグラ処置、椎茸と島らっきょう収穫、園内見学をして卵かけご飯の昼食会。この後カミウラ牛舎の見学が組まれています。


恥も外聞もなく娘たちの眼前で早速この始末。

午前11時4台の車が次々に到着。中洲の手下の鶏たちの歓迎を受けた娘たちの嬌声を皮切りに、無事に予定を消化して第2部の由布院倶楽部での開発マインド強化合宿に移りました。


カミウラ牛舎で。生まれた時から殆ど盲目のジャージー牛。とても人懐っこい。


モグラに荒らされた牧草地。モグニゲルを1本セット。暫くしたらこの土山が全て無くなります。


開発マインド強化合宿で。新製品誕生の由来を辿って次の展開を討議です。


ナガトシが大閃光プレートを完成、入社5年、油が乗ってきました。

早とちり

例によって日曜日は本社に出てユックリ机上の整理です。

それから明日明後日と由布農園で新人研修会がありますのでそのプランを練ります。農園の食材を使って研修生各々得意料理を先輩に振る舞うという企画はどうでしょう。例えば卵焼きでも得意な料理を持っとくのは先々役に立つと思うんだが。

昼食はカットしてジムに行って汗を流し「花花」で散髪して貰って家でタリスカーを飲む予定を立てたらメールが入った。中洲お気に入りの女子社員、日曜日なのに会社にやって来ると。ソワソワウキウキ待つことに数時間。予定が全て狂って妄想が悪い予感に変質してきて「もう帰る」と返信したらやってきた。それもイカす彼氏を連れてね。がっかりしたが仕方ない。それで一緒に箱崎宮の「天井桟敷」で夕食。若いモンは屈託なくていいなあ。本当に羨ましい。