アイパオの話(その16)

第3戦はいわき市です。仮設住宅入居者サポート広場に3棟建てました。あの楽しかった作業がまざまざと瞼に浮かんで参ります。隣接する障害者施設の皆さんも一緒になっての家づくりでした。障害のある子供達がそりゃもう「きゃあきゃあ」言って人の為に精を出しています。

ここの館長さんは本当に本当の人格者でした。心の有りようが言葉と態度に滲んでいました。

障害者達の兄貴分と一緒に。

後にこの広場はパオ広場と命名されて大事にされているとの便りがありました。

思えばあの東北救援活動は失敗じゃなかったのかもしれません。

石巻の海底30mで

ここに覗き穴が付いた箱メガネがあります。中洲士郎が「BI見逃サーズ」用の8インチモニターを戸外で使用するためにこさえました。両サイドに扉があって両人指し指で操作できます。

「中っさん。これってティッシュ箱じゃないですか」それが若い連中のコメント。ヒメノさんは年の功、やはり配慮が違います。実際に戸外で箱を手にして戻ると「これって便利ですよ。イケますね」そうこなくっちゃね。今日は結局この盟友と小1時間「BI見逃サーズ30M」の模型を仕上げました。気が合った2人だとスピードが違います。

解り辛いけど首掛けに可動式覗きメガネがセット。その下に回転ドラムが付いて30mLEDケーブルとその先端に防水カメラと強力LEDライトが組まれます。

暗い倉庫の隅の旋盤でヒラタ船長が何やら加工しています。PUボールにゲル発光液を注入する装置でしょう。6月22日大連での新商品発表会でデビューします。その演劇「老人と娘」の脚本と演出はこの次明かしましょう。

このヒラタ船長を呼んで7月21日から宮城県石巻市に出向くことを告げました。現在仕上がり中の「BI見逃サーズ30」を使って海底遺品捜索活動をやるのです。震災で失った娘を今も探し続ける父親がおられると聞いたからです。この海の男ヒラタと盟友ヒメノは石巻行快諾です。東京支店の頑張り娘、元全日本女子水上スキーチャンピオンのマオ君も連れて行くことに。捜索活動の合間に仙台湾水上スキーも楽しむ魂胆です。

三陸の海底で

Bi水族館もはや時間切れ寸前。

NHKおはようズームアップで
東日本大震災後未だ上がらぬ2500人もの遺体。
そして潜水夫の資格を取って
娘を探して冬の海に潜る父親の姿があった。
水深30m僅か5分しか潜れんそうだ。

Bi水族館が要る。
早く完成して石巻市に出かけて協力したいものだ。
必ず何体かの遺体が見つかる筈。
その中にその父親の娘があるかも知れない。

だが未だ水族館が完成しておらんのだ。
12/18宇和島のマグロ養殖場でテストして
1月の横浜フィッシングショーでお披露目と映像流さにゃいかん。
今日、身の回りのガラクタで組み上げたのが以下の写真。

諸君。上手く行かんこと承知の上で
中洲と一緒に珍奇な妄想してみないかい。

先ずオモリは海底に引っかからないように
平たい1kgの砂入りダンベルにした。
(折角通販で買ったのに細腕鍛えることなく・・)
上のフックは水中ライト大閃光6インチ3本。
この上の籠は集魚用のオキアミや鯖の切り身入れ。
上のカメラは予備撮影用GOPROで
ワイヤレスラインで海上のスマホと接続。
このアンカー躯体は30mの細いロープで海上のBi6G4500へ。
途中でUSBケーブルに繋がれた防水VR360カメラが
ロープに結束されている。
モニターはHUAWEIの7インチTAB。
こいつがBiケースに仕組まれたH野作折りたたみ式暗室で
海中映像を鮮やかに映し出す筈だ。

こうやって想像をたくましくして着想を構想にする。
その試作品が上手く動いたらもう堪らん。

究極のビジネスモデル

イスラエルのガザ地区からイスラエルへ三発のロケットが打ち込まれ
イスラエルが強硬に反撃した。

この前ガザ地区を目の前にしたばかりだ。
イスラエルがどれだけパレスチナに
経済援助、難民保護をやってもお手上げだとYUVALが嘆いていた。
要するに政治と宗教が悪いから人民が生きていけないのだと。

それでYUVALに「RENT A DOLLAR PROJECT」の話をした。
これはアイパオ事業で中洲が艱難辛苦の果てに編み出した
究極のビジネスモデルなのだ。
YUVALに2年後から一緒に始めようと誓う。

もしもあのスティーブ・ジョブスが生きていてこの話を聞いたら
ポンと100億円差し出すことだろう。
スティーブなら必ずシリアの難民救済に乗り出すね。

当初中洲は
アイパオを多目的簡易テントハウスとして売り出すつもりで、
幕張の農業展にも出展した。

その失敗から学んだのは

★売価がどんなに安くとも見本は仕上げに金をかけて
顧客を惹き付けんといかん。

★買いたいとの数件のオーダー有ったが対応する術がない。
「確かに良い製品と優れたコンセプトだが商売にならない」
「首都圏大震災起これば緊急の住まいが絶対不可欠だが
行政は目を向けようとはしない」

そこで編み出したのがニュービジネスだ。

何事も寄付じゃいかん、人から憐れみを受けるのは良くない。
それで文無しに1日1ドルで家を貸して
3年経ったらテナントに1ドルで売却するのだ。
賃料の30%はルミカの利益になるという究極のビジネスだ。

テナントはロフトに家族5人で住んで
一階でラーメン屋でもBARでも、野菜作っても魚干しても
1日最低1ドル稼ぐビジネスを始めなきゃいかん。
要は家と仕事を提供するのだ。

東日本大震災でも避難場所で本当に困った。
どうせ行政は責任回避で何事にもケチを付けるだけが仕事。

彼らに聞いてやるといい。
「家の定義は何か」と。

「モンゴルでは数百年も風速60mでパオは耐えているよ」とね。